<   2012年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

福岡県瀬高町 清水寺の紅葉

 先日仲間と、福岡県みやま市瀬高町の「清水寺」の紅葉見物に行った。
 博多駅から快速列車で約1時間、アッという間に「瀬高駅」に到着。
 瀬高駅から清水寺まで約5,7km、普通に歩いておよそ1時間10分の距離。外は小春日和で、上々のウォーキング日和。
 歩くかタクシー利用か・・・、仲間の意見は“歩こう”・・・と言うわけで、道端の花、野菜畑等田園風景に目をやりながら、会話を楽しむこと約1時間、最初の見所「本坊庭園」へ到着。

 本坊庭園は、室町時代に雪舟が造ったと伝えられる、国指定の名勝である。  庭の中に降りることができないので、残念ながら心字池を真近に見ることは出来なかったが、流石に見事な庭園で、辺り一面の紅葉に包まれた光景は正に絶景である。
b0008825_10495955.jpg
本坊縁側からの景色

b0008825_10505772.jpg
前庭の銀杏の落葉

 本坊庭園を後に、鬱蒼と茂った林に囲まれた参道を森林浴を感じながら歩くと、小川にそって「五百羅漢」がある。
b0008825_1184189.jpg

 釈迦の弟子500人の「自覚」への道を志す修行僧の群像である。これらの羅漢の首が明治以降心無い者の手で全て切り落とされてしまうという、背筋が寒くなるような出来事があったという。その後、誰かの手で首を付けられたという。良く見ると全ての羅漢像の首筋に、セメントでつなぎ固めた生々しい傷跡が見える。

更に静かな小道を登り、二階建ての大きな楼門をくぐり、約300段の石段を上り詰めるると、天台宗清水寺の本堂と3重の塔にたどり着く。
b0008825_1120676.jpg

苔むした石垣と石段は、古刹の雰囲気十分で、石段にはモミジの落葉が散りばめられている。
b0008825_11203463.jpgb0008825_11204935.jpg










 本堂の坂辺りは一面紅葉に包まれ、朱色の建物と調和した見事な光景を醸し出している。
b0008825_11272373.jpg
b0008825_11274499.jpg
b0008825_11275920.jpg


 奥山深い広大な境内を、紅葉を楽しみながらのんびり散策すること4時間、ゆっくり時間は流れ、身も心も洗われるような気持ちに浸ってしまった。
 瀬高駅までの約6kmの帰り道も、大自然に元気を貰った勢いで歩くことにした。

 かくして清水寺での紅葉三昧の一日は、満ち足りた気持を胸いっぱいに抱きながら博多駅のイルミネーションに迎えられ、無事終了。
 あまりにも綺麗で楽しかった紅葉見物の一こまをアルバムにまとめることにした。

         福岡県 清水寺の紅葉アルバム
 少々長いアルバムになっていますが、お暇な折にご笑覧いただければ幸いです。
[PR]
by matutaka31 | 2012-11-29 10:42 | 思いのまま | Trackback | Comments(2)

焼酎の生姜お湯割り

 以前「焼酎の生姜お湯割り」を投稿したことがあるが、今年も,冷たい北風に促されるように「焼酎の生姜お湯割り」を始めた。
 生姜お湯割りの良いところは、体はポカポカに温まる。生姜の効用は云うまでもないので、コップ1~2杯の生姜お湯割りは、正に百薬+αの長である。

 生姜の香りが焼酎独特の香りを消してくれるので、体のために焼酎を勧められるがどうも焼酎独特の臭が嫌いだと云う人にはお勧め。
 こだわりの焼酎の味を求めている人には失礼な話だけど、焼酎に味の良し悪しは生姜の香りで消されてしまう。だから焼酎独特の香りを楽しむ人から、邪道と言われるかも知れない。

b0008825_1885831.jpg
 
作り方はいとも簡単。生姜を用意するだけ。コップに80℃位のお湯を約半分入れ(5:5割り)、すりおろした生姜を小さじ1~2杯(好みのよって加減)と焼酎を入れて攪拌、・・・これで生姜割りの出来上がり。
 生姜の繊維が気になる人は、おろした絞り汁を入れると良い。
 
 更に蜂蜜を少量入れると、一段と飲みやすくなり、焼酎とは思えないカクテルの味がする。 家庭菜園の畑仕事等で疲れたときは、疲労回復にも役立つので、時々これで疲れを癒す。(^^♪
 あの手この手で晩酌を楽しむ今日この頃・・・、健康に感謝!
[PR]
by matutaka31 | 2012-11-25 18:10 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)

玉ねぎの植え付け

 今日、玉ねぎの晩生種を200本植えた。
 糸島市にある福岡県立糸島農高が玉ねぎの苗を販売していることを聞いたので、早速晩性種を200本買ってきた。 生徒の実習用に作ったのだろう。100本400円で市販品より割安。
 
b0008825_17543653.jpg
今日植えた晩性種、右側は中性種


b0008825_18204319.jpg 今年の狙いは、とう立ちさせないこと、保存期間を長くすること・・・。そのため、品種は中・晩生種を多く植えることにし、あまり早く植え付けないこと、そして大きい苗は植えないこと、大玉に育てないこと等に注意している。
 そう言っても市販の苗は出回り時期が早く、しかも大きくなりすぎた苗が店頭に並ぶ。 あまり品選びしていると、苗を買い損ねてしまうので、仕方なく長い苗を買ったときは、先の方を切り落として植えることにしている。

 苗は出来るだけ自まかないしたいと思い、中・晩生種を何時もより時期をずらして10月上旬に種を播いたが、そのせいか苗の育ちが良くないので、今年は大部分市販の苗を買う羽目になってしまった。
 今日までに植えた玉ねぎは、早生種200本、中性種100本、そして晩性種200本、合計約500本。 育ちが遅れている自作の中・晩性の苗は、12月上旬には移植可能になると思われるので、その分を加えると、今年の玉ねぎは凡そ700本程度になりそう。

 もう一つ気をつけていることに、あまり大玉になりすぎると保存し難くなるので、中程度大きさを目指して、元肥には堆肥を多くし玉ねぎ専用の化成肥料を少量施した。これから先の追肥も、過多にならないよう、施肥量を注意しなければならない。
[PR]
by matutaka31 | 2012-11-22 18:21 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)

福岡市「西公園」銅像・石碑管理の不思議

 先日福岡市中央区にある「西公園」に行った時、どうにも理解できない幾つかの疑問を抱いたので、それを確かめたくて、続けて2度行くことになった。
 最初は、歴史探訪仲間と西公園の程近くにある鳥飼神社で幕末の勤皇の志士平野次郎國臣のことをいろいろ教えていただいたとき、その銅像が西公園にあることを聞かされたので、その銅像を見るついでに4~50年ぶりの西公園を散策してみようと思って、仲間を誘って出かけた。

b0008825_16631.jpg
 西公園の登り坂左側にある威風堂々たる平野次郎國臣銅像は訪れる人の目をひく。この銅像は大正4年に建立されたが、第2次大戦中金属供出で撤去され、昭和39年再建されたものである。
 銅像には國臣が遺した足跡が分かりやすく刻み込まれている。

 
 
 
 平野次郎國臣は、江戸幕府末期の福岡藩士で、知る人ぞ知る「幕府滅亡・国家統一」を訴え日本近代化の扉を開く、いわゆる倒幕運動に身を挺した勤皇の志士。生野の挙兵で捉えられ、京都六角牢に囚われの身となるが、「禁門の変」で京都が大火になったとき、政治犯の破獄を恐れた当局の指図で新撰組によって惨殺された。享年37歳。

 本当に久しぶりの西公園だったので、懐かしさもあり公園内を散策してみた。
 春は桜の名所(日本の桜の名所100選)として市民に親しまれている場所だから、自然豊な公園をイメージしながら、若い頃花見に行ったことを思い出しながらの散策だったが、想像以上に変っていた。
 公園内道路はよく整備され、公園にしては珍しくひっきりなしに車が往来するが不思議に人影が少ない。
 だらだら坂の桜林を通り抜けると、展望台がある。そこにも人はまばらで、国道を挟んで南側の大濠公園・舞鶴公園の賑わいに比べ、驚くほど人影が少ない。
b0008825_1637024.jpg

  展望台からは、博多湾の東側と中央区・博多区・東区方面の眺望が開ける。ところがもう一方の展望台は、一段高い場所だからもっと眺望が開けると期待したのだが、生い茂った木々に阻まれ、ほとんど眺望はきかない。当然のことながら人も寄り付かないので荒れ果てている。何のための展望台だろうか?とふと疑問が湧く。

b0008825_1636543.jpg

 踵を返し頂上方面へ足を延ばすと、頂上手前に勤皇の志士「加藤司書公」の歌碑がある。
 ここには元々、平野次郎と同じような加藤司書徳成の銅像があったが、第2次大戦戦時中金属供出で撤去されたまま、なぜか銅像は再建されず、代わりに歌碑に置き換えられている。



 歌碑には有名な今様 「皇御国の武士は いかなることをか つとむべき  ただ身に持てる 真心を 君と親とに 尽くすまで」 が刻まれている。
 ※ 皇御国の武士は(すめらみくにの もののふは)・・・

b0008825_175737100.jpg
 その歌碑の側に、「加藤司書徳成銅像」と書いた石柱があり、「銅像」部分が塗りつぶされているが、その銅像の文字ははっきり読み取ることが出来る。明らかに銅像があったことを敢えて知らせようとしている意図がうかがえる。 今後銅像を再建することが見込めないのだったら、この部分は「歌碑」と改めるのがいいのではないかと余計なことを考えてしまう。

b0008825_16395750.jpg
 しかもその石柱は、斜めに傾いたまま放置されている。なんとも理解に苦しむ光景である。

 「加藤司書徳成」は、福岡藩の家老職にありながら、平野次郎と時を同じくして幕府解体をめざしたが、福岡藩内の佐幕派による弾圧によって11代藩主黒田長溥に切腹を命ぜられ「乙丑(いっちゅう)の変」、多くの同志と共にこの世を去った勤皇の志士。享年36。

 福岡藩士で、同じ時期、勤皇の志士として幕府を解体し新しい日本をめざした二人でありながら、一方は立派に銅像が復元されているのに方や銅像の台座を残した歌碑になるのか、しかも加藤司書の歌碑の周りは手入れもされず放置されているのは何故か。その背景にはいろんな事情があるのかもしれないが、同じ公園内の碑の管理のあり方に、言いようもない違和感を感じてしまった。
b0008825_22251515.jpg


 更にもう一つ、加藤司書公の石碑のすぐ側に立派な石碑がずさんな状態で放置されている。
何の石碑かも分からない。

 

 

 私は福岡市に住み着いて15年足らずで、ただでさえ郷土史に疎いこともあって、恥ずかしながら加藤司書に関する知識は皆無に等しかったので、その後、加藤司書の菩提寺「節信院」を訪ね、今まで知らなかった多くのことを学ぶことが出来た。
[PR]
by matutaka31 | 2012-11-17 12:05 | Trackback | Comments(4)

福岡市環境行動賞を受賞

 第6回福岡市環境行動賞を、私が設立当初から関わってきたボランティア団体通称「ひょうたん池花クラブ」が団体の部で優秀賞を受賞し、先週アクロス福岡イベントホールで授賞式があった。
b0008825_21275783.jpg

 福岡市環境行動賞とは、「環境にやさしい都市の実現を目指すため、福岡市における環境の保全・想像に高い水準で貢献し、顕著な功績のあった市民や団体等を表彰する制度」。
 表彰の対象は、地球温暖化防止、ゴミ減量・リサイクル、自然保護、環境美化、環境教育・学習のいずれかの普及啓発、実践活動・学術研究などの取り組みを積極的に行い、」福岡市の環境保全及び市民意識の向上に多大な貢献を行ったと認められる個人・団体・事業者・学校、となっている。

 我が「ひょうたん池花クラブ」が受賞したのは、優秀賞受賞6団体の中の1団体である。
 ちなみに団体の部で受賞したのは、大賞(該当なし)、最優秀賞1、優秀賞6、奨励賞18、感謝状18であった。

 我々のクラブは、毎週金曜日を活動の日と定め、花壇の管理や清掃を通じ、四季折々の花が咲き乱れる環境の創造に努める他、快適な自然共生型の水辺空間を維持しながら、地域住民の憩いの場として親しまれるような活動を続ける側ら、「ひょうたん池まつり」や独居高齢者を対象とした「せんだんふれあい会」を催す等地域住民との触れ合いを行う活動も行っている。
b0008825_23281251.jpg
花壇の植え替え作業

b0008825_23272717.jpg
独居高齢者のふれあい会の一こま(全員で軽い体操)

 平成22年第21回「みどりの愛護」功労者国土交通大臣表彰の受賞に続く今回の受賞は、我々クラブ会員が活動目的を見失わずたゆまぬ努力を続けた賜物で、会員共通の喜びであり且つ誇りでもある。
 これからも更なる努力を重ね、地域の活性化に貢献できればと思っている。
 
[PR]
by matutaka31 | 2012-11-16 20:40 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)

ウォーキング大会参加

 11月11日(日)、「シティーウォークinふくおか」に、パソコンクラブの仲間7人と参加した。
 この大会は年1回、毎年この時期に開催され、今年は15回目になる。参加人員は三千人を越える人気ぶり。
 歩く距離は、5kmコース、10kmコース、15kmコースに分かれて、夫々自分の体力に見合ったコースを選べるように工夫されている。
b0008825_20154353.jpg

 我々仲間も、夫々選んだコースをマイペースで歩くことにし、終わった後みんな集まってビールで乾杯し、全員完歩を喜び合うのが慣わし。 私は今年で5回目の参加。

 単なるウォーキングであれば、何もこんな大会に参加しなくても、好きなだけ自由に歩けばいいことだが、この大会に参加するのには私なりに魅力を感じるから。それは大勢の元気な人たちと一緒に歩くことができる喜びと楽しさとでも言おうか。

 同じ世代と思われる人もいればもっと年上の人も、若い人も子供も、男も女も・・・見知らぬ人たちと同じコースを参加目的や思いは夫々別々であっても、その仲間の一員になって一緒に歩ける喜びを実感する。
 抜きつ抜かれつ・・・気のおけない仲間と取り留めのない会話を楽しみながら、終始同じペースで歩いていると歩くことの楽しみが湧いてくるし、健康であることへの感謝の気持と喜びに包まれてくる。

b0008825_2023302.jpg
海岸沿いの道に延々と続く参加者の列

 今年も10kmコースを選び、2時間10分以内で完歩を目標にした。結果は中間地点でみかんとお茶の2~3分の休憩を入れて、2時間02分、5km/1時間のペース、まずまずの結果で大満足。
 ともあれ、大勢の人に混じって仲間と共に完歩、その後の美味しいビールを味わうことが出来た楽しい一日に感謝!
[PR]
by matutaka31 | 2012-11-13 17:47 | 思いのまま | Trackback | Comments(2)

ビルの谷間の小さな秋

 11月9日、ある講座が始まる前のわずかな時間、好きな場所へ受講仲間と足を運ぶ。
 期待したとおり、そこには小さな秋が・・・。
 秋の夕日をタップリあびている、櫨(ハゼ)の紅葉がまぶしい。

 エネルギーに満ち溢れるビルの谷間に広がる、ゆとりの空間、都会の真ん中にもこんな憩いの場があるとは、気付く人もすくなかろう。
 せわしなく歩くだけでなく、時にはゆったり上を向いて歩くと、意外な発見もある。

 
b0008825_9262774.jpg
b0008825_9263652.jpg
b0008825_9265374.jpg


  気がつけば、夕日が暮れなずむビルの谷間に・・・
b0008825_9282351.jpg

ー福岡市天神・アクロス山からー

[PR]
by matutaka31 | 2012-11-11 09:29 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)

芋掘り会とヘッピリ(屁放り)虫

 先日、近くに住む甥と姪の家族を呼んで、我が菜園で今年2度目のさつま芋掘り会をした。
 普段芋掘りの機会がない親子たちにとっては、土の中からごろごろ出てくるさつま芋を見るのは、楽しくてしょうがないらしい。子供達は、大きいのや小さいのや、いろんな形の芋が掘れるので楽しそうに夢中になっている。その様子を楽しそうに見ている親。時には親子で競って掘り出している姿・・・微笑ましい一時。
b0008825_14324195.jpg

 b0008825_14313212.jpg
 
子供達が、さつま芋はそっちのけで、時の声をあげて喜んでいる。
 見ると、慌てふためく「屁放り虫」。子供達が触るとお尻から勢い良く煙のようなガスをプッと噴射して逃げていく。
 そのガスを噴射しながら逃げていく様子をみて、子供達は驚きの声をあげていた。
 私も子供の頃良く目にした、この屁放り虫の姿を思い出したが、その名前やガスの正体はすっかり忘れてしまっていた。


 調べてみると、その虫の名は、「ミイデラゴミムシ」。外敵から攻撃を受けると、過酸化水素とヒドロキノンの反応によって生成した、主として水蒸気とベンゾキノンから成る100℃以上の気体を爆発的に噴射する。発射するガスは5~6cmくらいに見えるが、発射するのはせいぜい3、4回ぐらいで、ガスがなくなると、あわてて逃げ出す。
 このように、この虫は、敵に対して悪臭のあるガスを吹きつけることと、ガスの噴出のときに鳴る「ぷっ」という音から、ヘッピリムシ(屁放り虫)と呼ばれるようになったという。

 子供の頃、このガスを見るのが面白く、この虫を見つけては背中を触ってガスを噴射させたものだが、最初は勢い良く噴射するが、2度3度と繰り返すうちにガスの量が少なくなり、ついにはガス欠状態になる。でも、その臭いを嗅いだ記憶はないし、熱かった記憶もない。

 賑やかなヘッピリ虫騒動も加わった芋掘り会も無事終了。ついでにネギ・大根・小松菜等もお土産に、喜んでくれた楽しい芋掘り会であった。
 芋掘りの後は、我家でみんな揃って久しぶりのお茶飲み会。近くに居ながら、みんな揃うのはめったにないので、いつまでも雑談に花が咲いて楽しいひと時が過ぎていった。

 ヘッピリ虫のガスの臭いを消すため、可愛いさつま芋の花を添えよう。
b0008825_14414579.jpg
めったに咲かないさつま芋の花





 
[PR]
by matutaka31 | 2012-11-09 14:07 | Trackback | Comments(8)

落語

b0008825_8535411.jpg
 福岡市で、この連休2日・3日・4日の3日間、「博多・天神落語まつり」が行われた。
 「日本最大 東西落語夢の祭典」と謳うだけあって、市内4会場で延べ31回の公演に45名の噺家が勢揃いする一大イベントである。
 落語といえばテレビで「笑点」を見るくらいで、専属劇場がない福岡ではめったに行く機会はないので、いつかチャンスがあればと思っていた私にとって、願ってもない機会に恵まれた。
“行きましょう”、と声を掛けてくれた仲間に感謝・感謝 m(__)m

 
 なかなかチケットが取れない中、幸運にもチケットが手にはいったのは、「春風亭一之輔真打昇進披露の会」会場。
b0008825_993617.jpg

 口上に続き、得意ネタを披露する出演者(演目)は、春風亭小朝(紀州)、三遊亭好楽(親子酒)、林家木久扇(明るい選挙)、春風亭一朝(尻餅)、そして真打の春風亭一之輔(百川)の6人。
 ネタも喋り方も、噺家夫々に特徴があり、思わずニヤリとするもの、ふき出してしまうもの、抱腹絶倒ものありで、真打の「百川」は涙が出るほど笑いこけてしまった。お陰で落語の面白さをたっぷり味わうことが出来た。

 2時間半の公演は、総じて云えば“面白かった”の一言に尽きるが、噺家によっては??と感じるものもある。 笑いを取るのが目的とばかり話題を猫の目のようにころころ変える、その話の一こま一こまは、思わず笑ってしまうが、野球で言えば消化試合みたいなもので、話が終わったとたん、何だったんだろうと白けてしまう。かと思うと、一つの物語を面白く話して聞かせるのもあり、聞き終わった後にほのぼのとした後味を残してくれるものもある。
 
b0008825_9195483.jpg
寄席文字を書く 橘 右橘(たちばな うきつ)

「九州寄席囃子の会」の粗忽家 直角(そこつや ちょっかく)、粗忽家 酔書(そこつや よいしょ)等の出演による寄席囃子、寄席文字書きも独特の雰囲気を盛上げてくれていた。

 何れにしても、一時とは言え、聞く人の気持ちを和らげてくれる日本古来の伝統芸術落語、視聴者は白けているのに、ゲラゲラ訳のわからない駄洒落を繰り返すテレビのお笑い番組とは比べようもない面白さがある。
 これからも大切に引き継がれて、笑いの泉として育って欲しいものである。
[PR]
by matutaka31 | 2012-11-05 09:05 | 思いのまま | Trackback | Comments(7)

日本一周ウォーキング

インターネットバーチャル日本一周の旅の途上、今、北海道厚岸から釧路市に向かっている。
b0008825_1052866.jpg

10月に歩いた距離は169km、一日平均5.5km歩いたことになる。先月より大分涼しくなったお陰で、大分距離が伸びた。
b0008825_1045041.jpg

 一昨年11月26日福岡を出発したので、後1月で丸2年になる。日本一周完歩にはあと5650km歩かねばならない。一日平均5kmのペースを維持したとしても後3年以上かかってしまう。気が遠くなるような距離! 

 多くの人たちは早朝ウオーキングを好んで楽しまれているようだけれど、早起きが苦手な私にとって朝は、朝食の支度や新聞読み等を日課としているので、歩くのは夕方に決めている。 時間は決めていない。明るいときに菜園の作業や昼間の外出から帰った後になるので、どうしても夕暮れ間近になってしまう。 夏は7時ごろ、今は5時ごろ・・・のスタートとなる次第。

 早朝ウオーキングの魅力は、新鮮な空気と夜明けの清々しさにあるらしいが、夕方の魅力は言うほどのことはない。強いて言うならば、天気のいい日には素敵な夕日や夕焼けが見られることくらいだろう。そうだもう一つある・・・汗をかき、お腹も空くので、夏はビール・冬は熱いお湯割り焼酎の晩酌がことの他美味しい(^。^)
[PR]
by matutaka31 | 2012-11-03 23:21 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)