<   2012年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

私の2012年

 日本列島の2012年は激動の年でしたが、私自身はお陰様で「充実」の一言に尽きる一年の幕を閉じようとしています。
 感謝の気持ちを込めて、私のこの一年を振り返ってみることにします。


 生活の柱ともいうべきボランティア活動では、「福岡市原爆被害者の会」と「ひょうたん池花クラブ」に多くの時間を割くことになったが、この二つの活動は、私に社会福祉の大切さと遣り甲斐を改めて教えてくれたと思っている。
 ひょうたん池花クラブ活動の一環として取り組んで2年目になる、独居老人を対象とした「せんだんふれあい会」は、試行錯誤を重ねながら継続してきたが、参加者からも喜ばれ、定着の方向を見出すことが出来たように思っている。
 
 仲間との「歴史探訪」と「九州市民大学等催事参加」は、これまでの山登りやゴルフ等のアウトドアーの活動からシフトすることになったが、今まで知らなかった福岡の史跡および歴史上の人物像に出合えたこと、更に市民大学や各種講演会における各界の著名人の講和等々、未知の世界への興味を限りなく深めてくれただけでなく、これまでと違う人生の豊かさを実感することとなった。

 健康管理の面では、二つの太極拳教室へ毎週ほとんど休みなく通い続け、5月には「指導員」の資格も取得でき、太極拳の効果を自分なりに体感出来るようになった。これからは、自らの健康管理に役立てると共に、同好の仲間に少しでもアドバイスできるような技量を身につけようと思っている。
 また、ウォーキングを日課とし、地元の「歩こう会」仲間と月例会を重ね、1年間で歩いた距離は約1,778km、1日平均4,9kmに達した。

 200坪足らずの家庭菜園は、運動と栄養補給の両面から私の健康を支えてくれる、無くてはならない存在である。思いつくままいろんな品種を片っ端から植える無手勝流の菜園は、年中雑草との闘いと水遣りに追われ、農薬をほとんど使わないので何時も虫に先を越される栽培で、見た目は良くないが安心・新鮮野菜提供の役割を果たしていると自負している。

 思いがけない出来事にも遭遇した。
 4月に妻が思いもしなかった病気に罹り、10時間にも及ぶ内臓摘出の大手術を受けることに。手術は成功し、幸いにして通常の生活に戻ることが出来たものの、健康の大切さをめて思い知らされた。

 8月には、長崎放送の「被爆稲を作り続ける」取材を受け、8月9日の「被爆67周年長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典」のテレビ特別番組に登場する機会を得たことは、今後の非核運動に大きな力と勇気を、そして被爆体験を風化させない活動にもっと力を入れなければならないとの決意を新たにした。

 私にとって、これまでになく健康のありがたさを実感させられた一年で、「健康こそ何ものにも代え難い幸せ」とつくづく考えさせられた一年でありました。
 また、思いを同じくする仲間は、日々の生活を豊にしてくれる掛け替えのない存在で、これからも大切にしなければならないと心に決めています。
 健康で生き甲斐と充実の日々を送れたことは、家族の支えとお付き合いいただいた方々のお陰と、感謝の気持ちで一杯です。
 この一年、私の拙いブログにお付き合いいただいた皆様、有難うございました。
 良いお年をお迎えください。

[PR]
by matutaka31 | 2012-12-30 15:12 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)

秋じゃが芋の収穫と保存

 昨日、天気が良かったのでじゃが芋を4株掘り起こした。品種は男爵メークイン。9月始めに種芋を植えた秋ジャガである。

[PR]
by matutaka31 | 2012-12-27 22:36 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)

日本人の「愛」の反対語は「無関心」

 ある展示会場で、大きな掛け軸にかかれた書の中に「愛」の文字を見つけた私は、ふとある偉人の言葉を思い出し、側にいた人に「愛の反対語はなんでしょう?」と問いかけた。
 その人は少しの間考えた後「無関心」と答えた。 それを聞いた私は、流石・・・と思った。 国語の常識では、愛の反対語と言えば、「憎」、「嫌」が口をついて出てくる筈なのに「無関心」が飛びだしたから。
 私自身、以前この言葉を聞いたとき、言いようもないショックを受けていたので、どうして・・・?と聞きなおすと、「どこかで聞いたことがある。有名な人の言葉だったと思うが、妙に心を打たれたので・・・」と。
 
 その偉人の言葉とは、「マザーテレサ」が日本に来たとき口にした言葉である。日本人なら誰でも「愛」の反対語は?」と聞かれれば、「憎」と答えるのに、今では「無関心」と言う言葉が国語の常識を飛び越え、心ある日本人の心を強く打ったに違いない。日本人は、もっともっとこの言葉の意味を噛みしめるべきである、・・・そう思いながら、マザーテレサの言葉をもっと詳しく知りたくて調べてみた。

 初めて日本を訪れた時、マザーテレサが語ったといわれる言葉を引用しよう。
日本に来てその繁栄ぶりに驚きました。日本人は物質的に本当に豊かな国です。
しかし、町を歩いて気がついたのは、日本の多くの人は弱い人、貧しい人に 無関心です。
物質的に貧しい人は他の貧しい人を助けます。
精神的には大変豊か な人たちです。物質的に豊かな多くの人は他人に無関心です。精神的に貧しい人たちです。
愛の反対は憎しみとおもうかもしれませんが、実は無関心なのです。
憎む対象にすらならない無関心なのです。

 これほどまでに、今の日本人の心の貧しさ指摘された言葉はないのではなかろうか。戦後、誤った民主主義の思想のもとに育った日本人は、いつの間にか自分本位になり、自分さえ良ければ・・・自分達さえ良ければ・・・と思うのが当たり前になってしまっている。
 困った人を見ても、正面か見つめようとしない社会になってしまっていることすら気付いていないのかもしれない。
マザーテレサの 「憎む対象にすらならない無関心」 、これほど痛烈に日本人の心の貧しさを指摘した言葉を、私は他に知らない。
[PR]
by matutaka31 | 2012-12-25 16:58 | 思いのまま | Trackback | Comments(4)

つくね芋を収穫

 3年前一度作って上手くできなかった「ツクネ芋」を、近くの家庭菜園をしている人に種芋を分けて貰って、10株ほど植えてみた。
 3年前上手くできなかったのは、肥料不足と畝幅が狭かったためと思い、今年は畝幅を70cmほどに広め堆肥と醗酵鶏糞を入れてみた。
 生育は上々に見えたが、種芋を分けてくれた人に見てもらったところ、蔓の成育がイマイチ小さいとのことだった。
b0008825_1673061.jpg

 肥料不足か夏の土壌水分不足が原因らしい。
 12月になって芋を掘り出してみた。
b0008825_169857.jpg
10株のうち5株分を収穫

 3年前よりやや大型の芋が出来ていたが、大きさが揃っていないので収穫量が少なく、やや不満が残った。それでも、すりおろしてみると特有の強い粘りがあり、味は上々だったので大満足。
 来年は、今年の反省を踏まえ、油粕類の有機肥料を増やし、土壌乾燥を防ぐため干草などを敷き詰めてみようと思っている。
 作るのに手間のかからない「ツクネ芋」、来年の豊作を夢見ながら、春先の作付け時期を待つことにしよう。
[PR]
by matutaka31 | 2012-12-22 16:12 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)

認知機能検査が義務つけられた75歳以上の免許更新

 b0008825_20111655.jpg
 県公安委員会より「更新期間満了日における年齢が75歳以上の方は、道路交通法により更新手続きの前に、講習予備検査と高齢者講習を受ける必要があり、これを受けなければ免許証を更新することが出来ない」旨の通知が届いた。
 運転免許を返上する気はないので、先日最寄の自動車学校へ行き、講習予備検査と高齢者講習を受けてきた。       講習を受けた自動車学校練習コース
 
 道路交通法108条-2-1-12によれば、70歳以上の高齢運転者に義務付けられた高齢者講習の前に、75歳以上の者は別に運転能力が適正か否かの講習予備検査をけなければならないことになっている。講習予備検査と書いてあるが内容は、いわゆる記憶力、判断力などの認知機能検査である。
どんな検査をするかと言うと、当日受けた検査内容の概略は次のとおりであった。
1、今年はは何年? 今日は何月・何日? 今日は何曜日?そして今は何時・何分?・・・の質問に答える。 
2、パネルに果物や動物、家具、乗り物などのイラストを4種類書いたイラスト4枚=計16種類を見せ、記憶させた後記憶をそらすため簡単なテストを行い、その後に16種類を書かせる。
その後また簡単なテストを行い、今度はヒントを与えその横に16種類を思い出して書かせる。
3、白紙に円形の時計を描かせ、指定された時間を長針、短針でを書き表す。

 以上の認知症検査が終わると、いよいよ高齢者講習の始まりである。
 まず事故の様子と原因を解説したビデオを見せた後、渡された資料の大切なところを項目で紹介し、高齢者にありがちな転の要点を簡単に説明する。
 その後、運転適性検査と視野検査〔特に動体視力、夜間視力)があり、最後に運転行動診断(運転コースを実際に運転)が行われる。

 検査の結果、私は眼鏡を外して受検したので予測はしていたが、視力の低下とりわけ動体視力と夜間視力の低下を指摘され、夜間やトンネル内での運転に注意するよう指導を受けた。
 また運転診断では、カーブ走行中の減速が足りないと注意された。実際道路上での運転は、前後の車の流れに合わせなければ渋滞を引き起こすことにもなりかねないので時と場合で使い分けなければならないが、なるべくスピードを出さないで安全運転をしなさいという指導と受け止めた。

 講習の所要時間は3時間、この3時間の検査と講習え徴収された手数料は6,000円(検査手数料650円、講習手数料5,350円)。自分の運転適性を知る為の費用だと思えば高いと言えないかも知れないが、わずか3時間の講習料にしては高すぎるという印象は否めない。

 終了後、免許更新時に提出する「高齢者講習終了証明書」を手渡されたが、「道路交通法第108条の2第1項第12号に掲げる講習(認知機能検査の結果に基づいて行う講習)を終了した者・・・」とあった。この検査を受けなければ高齢者講習を受けられない仕組みになっているのに、何故敢えてカッコ書が必要なのか?
[PR]
by matutaka31 | 2012-12-17 18:02 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)

赤穂四十七義士祭

 昨日、12月14日、赤穂四十七義士祭に行った。と言っても、東京高輪の泉岳寺に行ったわけではなく、福岡市南区「興宗寺」境内で行われた義士祭である。 この興宗寺境内には、昭和10年、地元の篤志家が私財を投じ、赤穂四十七義士の墓と同形式の墓を建立したのだが、それを機に福岡義士会が結成され、毎年12月14日に義士祭を行っているという。
 この興宗寺に 赤穂四十七義士の墓があることを知ったことは、先に興宗寺、四十七義士の墓と穴観音のタイトルで投稿したが、その義士祭の模様を見ておきたいと思い、先に一緒に訪ねた仲間と出かけた。

 祭りが始まる11時過ぎには着けるようバスに乗ったのはいいが、複雑なバス路線を乗り違えてしまい、途中で乗り換えたのがまた違った路線で、結局降りたバス停から数分歩く始末で、到着した時には四十七士の墓前で行われる献茶、法要、筑前琵琶の演奏は既に終わって、見どころの武技「陽流抱え大筒」の披露直前であった。

b0008825_18162880.jpgb0008825_2032953.jpg









 境内は、大筒の実演を見ようと詰め掛けた大勢の人で埋め尽くされていた。待つことしばし、「陽流抱え大筒」が始まった
b0008825_18171369.jpg
b0008825_18173692.jpg

 「陽流抱え大筒」は鉢巻、刺子(さしこ)の胴着、袴に胸革を身に付けた打ち手が、サラシで左手を砲に結びつけて火縄銃を放つもので、県の無形文化財に指定されている。
 ド~ンと轟音とともに白煙が飛び出す。その瞬間をカメラに収めようと構えたが、轟音にカメラを構えたた手がぶれてしまって失敗!次を狙ったがなかなか上手く撮れない。やはり三脚が必要だと思った。


  
デジカメで撮った動画をyoutubeにアップしてみた。静止画像より迫力がある。


 四十七士の墓前には、線香を上げながら義士を偲ぶ人がひっきりなしに訪れ、いつまでも込み合っていた。
 墓の一つに、ただ一つ、戒名の形が異なるのを仲間が気付いた。その場では分からなかったが、渡された資料にによると、討ち入りの後大石の命を受け瑶泉院及び一党の遺族等に復讐の顛末を報告して廻り、83歳でこの世を去った寺坂吉右衛門の墓と分かった。
 また一つ、年末恒例の忠臣蔵が楽しみになってきた。
b0008825_1821968.jpg

 討ち入りの舞台となった旧吉良邸が墨田区内に建てられていた縁もあり、同区では現在も赤穂浪士の誉れを称える義士祭と吉良家家臣の冥福を祈る吉良祭とが開催され、対立から交流への橋渡しが続けられているという。
[PR]
by matutaka31 | 2012-12-15 14:42 | 思いのまま | Trackback | Comments(4)

転倒・転落事故死の増加

  最近、転倒・転落事故死者数は年間7000人以上になり、2009年を境にして交通事故死者数を上回っていると言う。しかもその数は年々増加傾向にあり、高齢化社会の大きな社会問題になっている。
 先日、NHKの「ためして合点」で、人は何故転ぶか、その原因を掘り下げていたが、なかなか興味ある内容であった。
b0008825_8553363.jpg
 家庭内での転倒死亡事故現場のランキング)(東京消防庁調べ)で圧倒的に多いのがなんと居室(63.8%)、次いで階段(8.6%)、3位が廊下&玄関(7.2%)以下庭、トイレ&風呂と続くらしい。
 転ぶ原因は、そこにつまずく段差や物があるからで、このこと自体は高齢者だからと言うより、年齢に関係ない問題だと解説していた。

 勿論高齢者はバランス感覚がなくなり、立て直す脚力も劣ってくるので、転びやすいことには違いないがそれだけでなく、年齢に関係なく「ちょっとした段差につまずく」「何もない平らな場所で転びかける」ことが、転倒死に大きく関係していることが判明したと解説していた。
 それは、「ながら状態…」にあるらしい。
人が歩くと言うことは、足を「上げる」、「前に出す」という2つの動きを同時に行うが、例えばテレビを見ながら・・・、あるいは何かを考えながら・・・この動作を行うと、足の高さにバラツキが生じて、なんでもない障害物に足をとられてしまうのだという。


 私は、外に出た時特に注意するのは階段を下りるときであり、山歩きする時は下りる時で、登るときの数倍も足元に注意力を集中させるようにしているが、これからはこの「・・・ながら歩き」をしないよう心がけるなくては・・・。
 太極拳を始めてかれこれ8年になるが、あ~これが太極拳の効果だな~と実感することが幾つかある。 例えば何かに躓いて転びそうになることがあるが、そこでもんどりをうって転んでしまう場合と、咄嗟に体を立て直すことができる場合がある。その差は脚力とバランス感覚が備わっているかどうかによるところが大きいと思う。
 でも家の中では、このことは通用しそうにない。狭い居間には家具その他が一杯!転びそうな体を立て直す間もなく家具に頭をぶっつけてしまうかもしれないから・・・。
[PR]
by matutaka31 | 2012-12-12 23:25 | 思いのまま | Trackback | Comments(4)

博多の街を彩るイルミネーション

 太極拳教室、パソコン教室、ボランティア活動等々で、平均週2~3回天神界隈に出かけるが、夕方にかけての要件が多いこともあり、12月に入ると街を彩るイルミネーションを見る機会が多くなった。
 節電、節電と言いながらも、綺麗に飾られたイルミネーションを観ると、街全体に活気が漲っているようで、なんとなく私の心を楽しくしてくれる。
b0008825_15391967.jpg

b0008825_15401478.jpg

 楽しいお酒の勢いも手伝って、時には仲間と一緒に、寒さを忘れて足を運んでしまう。
 商業地は、やはりこうでなくっちゃ・・・、デジカメで撮った天神・警固公園とエルガーラ、博多駅のイルミネーションをアルバムにした。

        博多の街を彩るイルミネーション(アルバム)
[PR]
by matutaka31 | 2012-12-08 15:29 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)

福岡市 西公園の現状を憂う

 先月、「福岡市西公園銅像・石碑管理の不思議」というタイトルで、加藤司書公の銅像のことを中心に若干景観問題に触れた内容を投稿したが、それだけでなく西公園全体の現状についていろんな疑問があったので、その疑問を質すと同時に当局の管理の考え方を聞きたいと思い、同じ思いの仲間と一緒に福岡県庁の公園管理責任部署を訪ねた。

 一市民が単独で訴えても、まともに聞いてもらえないだろうし、直ぐに改善してくれるとは思えないけど、あまりにもずさんな管理を見て見ぬ振りはできなかったので、あえて一市民の声として聞いてほしいと訴えた。

 福岡市の西公園といえば、多くの人は「桜の名所」と答えるくらい、花見時は賑わう公園だった。しかし今の西公園は、桜の木も老木となり、鬱蒼と茂った木々で見通しのきかない暗いイメージの公園となり、地元の人も「昼間でも怖くて一人歩き出来ない」と言うほどで、国道を挟んで南側にある、終日大勢の人出で賑わう「大濠公園」とあまりにも対象的である。

私達が疑問に思った具体的なことは、・・・
①公園の頂上付近にある「加藤司書公歌碑」とその歌碑を示す「石柱」の周りが、日頃手を加えているとは思えない状態になっていること、更にその側にある石碑がなんであるかも分からない状態に放置されている。
 同じ時代の勤皇の志士「平野次郎國臣」の銅像の行き届いた管理が為されているのに、この違いは市民の目には異様に写ってしまう。

②頂上付近の展望台は、一箇所を除き立木に遮られて眺望がきかない等、西公園の良さが失われたままで、本来あるべき景観が損なわれているばかりか、開店休業みたいな店もあり活気が感じられない。
b0008825_10381514.jpg

③遊歩道は、一人で散策できるような雰囲気はなく、人影がほとんど見られない。一方車道は整備されているので車はひっきりなしに通過する。でも道路脇に駐車している車の中に見かけるのは休憩中の運転手ばかりで、正にドライバーの憩いの場と化している。

④福岡市内に在る5つの県立公園の中でも、この西公園は「東公園」、「大濠公園」と並ぶ市民にとっては存在価値の大きい公園である。それなのに、公園と国道を挟んだ反対側の「大濠公園」は綺麗に整備され大勢の市民で賑わっているのに、この公園は、市民に見放された格好にになってしまっている。
 
b0008825_10415624.jpg
境内には人影も鳩の姿も見えない寂しさが・・・


b0008825_1047120.jpg



 (公園入り口正面を登りつめたところに、黒田如水と長政を祀る光雲(てるも)神社がある。昭和20年6月の福岡大空襲で消失したが、昭和41年に立派に再建された。その境内には黒田節でお馴染みの母里太兵衛の銅像があるが、私達が2度訪ねた時、一人の参詣者も見かけなかった。)






 概略以上のことを伝えたのに対し、西公園は風致地区に指定されていて難しい問題がある中で、整備は入り口方面から順次進めている。しかしながら頂上の方まで行き届いていないのが現状である。周辺住民からもいろんな要望をいただいているし、問題点も承知している等々、懇切な説明を受けた。約1時間、有意義な情報交換が出来たのは良かったが、私どもが聞きたかったこと、即ち、直ぐにでも出来る筈の石碑等の修復の考え、更には西公園の整備の将来像というか整備のコンセプトについては、予測したとおりとはいえ、残念ながら聞くことは出来なかった。 

 県が積極的に市民の声を反映した計画を進めることになれば、市民の協力も得られるだろうし、大濠公園・福岡城址舞鶴公園と共に市民が誇れる一大公園地帯が出来上がると思うので、今後の県の動向を見守ることにしよう。
 私達が投じた小さな一石の波紋が、次第に大きなうねりになってくれればと期待しつつ・・・。
[PR]
by matutaka31 | 2012-12-05 18:29 | Trackback | Comments(2)

日本一周の旅

 インターネットバーチャル日本一周の旅に出かけたのが、2年前の2010年11月26日。それから丸2年経過した今、北海道豊頃から襟裳岬を目指して歩いている。
b0008825_9533265.jpg

 先月1ヶ月間に歩いた距離は、180km、一日平均6kmとそれまでに比べると好調な足取り。シティーウオークや紅葉見物で遠出したことも好記録の要因だろう。
b0008825_9583037.jpg

 日本一周まで残り約5,300km、一日平均5kmのペースで歩き通しても凡そ3年かかってしまう。ジェット機だと3時間あまりで行ってしまう距離なのに、気が遠くなるような距離に感じてしまう。

 これから寒い季節になり身も心も縮こもってしまいそうだが、風の子というわけにはいかないが元気を出して、一日平均5kmは歩くよう心がけよう。


 さて、襟裳岬の想い出といえば、札幌勤務の頃2度魚釣りに行ったことだろう。
b0008825_10385123.jpg
襟裳岬

 何しろ釣り人があまり入らないところだから、ビール瓶みたいなアブラコ(アイナメ)が面白いほどつれ、「トランクの重荷で車のスプリングが折れるのではないか」と冗談を飛ばしたことを思い出す。

 当時は、歌謡曲「襟裳岬」に歌われたように、本当に何も無い街の印象しか残っていないが、今はどうなっているのだろうか・・・


 もう一度魚釣りを兼ねて観光旅行をしたい気もするが、叶わぬ夢になりそう。
[PR]
by matutaka31 | 2012-12-02 10:17 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)