<   2013年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

大腸ポリープ手術

 3年前の大腸の内視鏡検査で1個のポリープが見つかっていた。
 昨年末の検査で新たに1個見つかり、急ぐことはないがなるべく早めに切除したほうがいいとの意見があったので、紹介してくれたかかりつけの内科医と相談のうえ、今回手術を申し出て摘出手術を受けることになった。

 極簡単なポリープ摘出は、外来検査で手術を済ませるほど技術は進歩しているが、ポリープの種類や形状によって手術方法が異なるので、術後の安全のためにも一般的には入院治療になるようだ。

 私は、入院経験と言えば高校時代盲腸で入院しただけで、もう60年もの間入院したことがないので、入院初体験と同じようなものである。

 入院期間は手術の経過次第だが、“場合によっては3~4日は必要になると思います”とのことで、今まで経験したことのない入院準備をして、入院前夜は予め渡された下剤を飲み、当日に備えた。

 入院当日10時過ぎから2リットルの腸内洗浄水を2時間かけて飲み、腸内の便を残らず排出する。
 その後も便の状況を15分毎に確認しながら、完全に水溶性になったのを看護師が確認した後、15時過ぎに手術が始まった。

 軽い麻酔注射のあと、内視鏡の挿入が始まり、内視鏡が大腸の奥の方へどんどん挿入されて行く様子がモニターに映し出される。
 もう何度も見る自分の腸内であるが、今回はポリープの摘出がどんな風に為されるのか興味が募る。

 内視鏡が腸の一番奥まで到達すると、“これから手術にうつります”と先生の声。
 1番目のポリープは、なかなか発見し辛い場所だったようで、昨年の検査結果をパソコンで確認しながら、入念に探し当てるている様子が伺える。
 そして画面に1個のポリープが浮かび上がる。

 先生は、画面を喰いいるように見つめ内視鏡を操り、内視鏡の管を通して器具を入れ替え取替えしながらてきぱきと操作を進める。
 ポリープは平坦な形のため、液を注入して膨らませて切除する作業がよく見える。
 先生と看護師の呼吸の合った操作は、患者である私の気持ちを和らげてくれる。
 傷口を2本のクリップで止血して、無事切除完了!
 見ている私も、緊張がほぐれる瞬間だ。

 大腸粘膜には神経がないので、痛みは全く感じない!

 次に、S状結腸にあるポリープの切除の様子がモニターに映し出される。
 終了後先生に写真を頂いたので、その写真を基に切除の様子を説明しよう。

b0008825_16595478.jpg

 

S状結腸にある突出したポリープ
 大きさ12mm




b0008825_1713149.jpg



切除の瞬間




b0008825_1714471.jpg



切除の跡




b0008825_1735196.jpg


傷口がやや大きいので、4本のクリップで止血して完了。




 以上は、終始自分の目で手術の状況を観察した記録であるが、医師と看護師の動きも一部始終よく分る上病状と手術内容が手にとるように見えるので、自分の体内ではないような錯覚を覚える。

 術後の感想は、腸の内容が自分の目で確認できるうえ、手術の一部始終が全て明らかになるので、これからの大腸の状態を考えるうえで大変参考になった。
 
 大腸内の粘膜は複雑に波打っているため、大腸の検査にはどうしても死角ができると言われる意味がよくわかるし、そのうえ大腸粘膜には神経がないので痛みを感じないことを考えると、自覚症状はなくても定期的な検査が必要になることも合わせて認識させられた。

 
 その後の経過観察で出血もなく、特に異状がなかったので、2日間の入院で退院することができ、これまでなんとなく心の隅で重石になっていたものが取り除かれたようで、生検結果が残されているがひとまず安心。
[PR]
by matutaka31 | 2013-11-29 16:02 | 思いのまま | Trackback | Comments(14)

ひょうたん池も冬モード

 私が住む町内にある、ひょうたん池花壇の花の植え替え作業が一段落した。
 四季折々の花で地元の方々の目を楽しませながら、町内の憩いの場として親しまれているひょうたん池花壇の植え替えを、私も関わっているボランティアグループの共同作業で、先週から2回に分けて終えた。
 冬から来春にかけ咲き続け、きっと地元の皆さんに喜んでもらえると思っている。
b0008825_20483722.jpg
b0008825_20485919.jpg

 ひょうたん池の花壇は大小合わせて5箇所あるが、今回て全て植え替えを終え、今年の大きな仕事に区切りをつけることができ、ホッとしている。


 私達ボランティアグループが取り組んでいる「ひょうたん池せんだんふれあい会」も、この11月で今年の行事を終った。
b0008825_23415796.jpg
青空の下、太極拳先生の指導で、座ったままで出来る体操を楽しむ


 このふれあい会は、前にも一度紹介したが、町内に住む独居高齢者の方々をひょうたん池にお誘いし、「ひょうたん池」周りの花壇等管理を行う私達ボランティア組織「通称 ひょうたん池花クラブ」メンバーに民生委員の方も加わり、楽しい一時を過ごしていただく集いである。

野外での集いのため、これから寒くなる来年2月までひとまずお休みにして、来年3月から再開することにした。

今日(27日)から所要で3~4日、ブログをお休みします。
[PR]
by matutaka31 | 2013-11-26 20:20 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)

大興善寺の紅葉

 昨日、佐賀県基山町「大興善寺」に、紅葉狩りに行ってきた。
 「大興善寺」は、春はツツジ寺で有名であるが、紅葉の名所でもある。2年前訪れたことがあるが、その美しさに魅せられて二度目になる。
出かける前の仲間との計画では、行きはJR基山駅より徒歩、帰りは足の調子が悪ければバス利用。

 JR基山駅に降り立つと、その日は「駅長おすすめのJR九州ウォーキング」、「おもてなしの町「基山」紅葉の大興善寺を訪ねて」が開催されていた。 幸いとばかり、計画を変更してそのウォーキングコースを歩くことにした。 
 コースは、往復11,5km。
 このウォーキングは、予め決められた自然豊なコースの要所要所に案内人を配置し、地理に不案内な参加者でも安心して、各自思い思いに楽しむことが出来るので、気軽に参加できる良さがある。

b0008825_17324025.jpg
 町の家並みをしばらく歩くと、もうすぐそこには長閑な自然が広がる。
 戸建ての家には、工夫を凝らした庭が設えてあり、そこにも紅葉が見え隠れする。
 畑では、大型機械による大豆の収穫作業が行われていた。
 大豆の国内自給率はわずかに7%、もっと自給率を上げられないものかと、思いがけない話も飛び出す。


 農道沿いには、川岸をコンクリートで固めた都会の川と違い、澄み切った水が流れる自然の小川にはホタルの生息地もあり、おじいちゃんとお孫さんと思われる釣り人の姿が目に焼きつく。
 自然の豊かさを感じさせる一こま。

b0008825_17333597.jpg
 

 道沿いの畑には柿がたわわに実り、、中には収穫が終った大きな柿の木に、思いやりの柿がポツリと残され、そこに住む人たちの自然への思いやりが感じられる。






 目的の大興善寺の紅葉は、丁度見頃で、大勢の見物客で混雑していた。
b0008825_17385817.jpg
 晴れ上がった青空の下、これ以上ない程の紅葉を楽しむことが出来た。
 言葉で言い表わすことは無粋と思い、写真をアルバムにした。
 拙いアルバムですが、覗いていただければ幸いです。

      大興善寺の紅葉アルバム

 
 好天に恵まれた紅葉見物は、絶好のタイミングで見頃を迎えた紅葉に、思いのほか長くかかってしまったので、帰りはJR指定のコースを外れ、近道を選んで基点の基山駅まで、のんびり自然を楽しみながら歩いて帰った。

 約10kmのウォーキング、見事な紅葉、自然との親しみ等々幾つもの条件に恵まれたおかげで、心地よい疲れも手伝い、博多に帰ってからの仲間とのビールと「もつ鍋」の味もまた最高だった。


 
[PR]
by matutaka31 | 2013-11-24 17:27 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)

桜切らぬ馬鹿

 いきなりちょっと不穏当な表題になってしまったけれど、よく言われる園芸の常識を覆す表現である。
 園芸通の間でよく言われることに「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」ということがある。
 前者は、「桜の枝を切るとそれがもとで木が腐ってしまうので、切ってはいけない」という戒めであり、後者は、「梅の枝は切らないと、花が少なく実も取れない」と言う戒めである。
 桜の花が咲く頃、一枝折りたい気持ちになると、私はこの言葉を思い出す。

 ところがこの常識が災いしてか、桜を植えたのはいいが、その後適切な管理をしないまま年々木は大きくなってしまい、強風で枝が折れたり、止む無く太い枝を切らなければならない羽目になったり、挙句の果てに枯死寸前という惨めな姿になってしまう・・・というケースをよく見かける。

 昨日、福岡市森とみどりの協会主催の「緑のコーディネーター研修会」で桜の育て方を教わった。講師は福岡県の樹木医の先生で、桜の木も適切な剪定が欠かせないこと、即ち「桜切らぬ馬鹿」を教わった。
b0008825_1150635.jpg
老木を再生させている桜の木の前で説明を受ける

 
 私が桜の育て方を勉強したくなったのは、庭に桜を植えているわけではなく、またこれからどこかに桜並木を作ろうという計画があるわけではない。
 私がボランティアで管理のお手伝いをしている「ひょうたん池」周りに3本の桜の若木があるので、その桜を公園に相応しい形・大きさに剪定し、毎年綺麗な花を一杯咲かせたいと思ったからで、「桜切る馬鹿」の裏の意味を知りたかったからである。

 今日の講習で確認できたことは、
 ① 桜といえど他の木同様、適切な剪定が必要であること。
 ② 剪定にあたっては、桜の特性を知った上で、樹形をどのように整えるかをしっかり定め、不要な枝を切り落とすこと。
 ③ 太い枝を切ると腐りやすいうえに新しい枝が出にくいので、枝が細いうちに不要な枝を切り取ること。
 ④ そして剪定の時期は、落葉後。
b0008825_11531551.jpg
若返りが進んでいる桜の老木 太い枝を切った跡が見える


 では何故、冒頭のような常識がまかりと通ったのだろうか。
 桜の特性や剪定の基本を知らないまま、邪魔になった太い枝を不用意に切ってしまい、それがもとで桜の木そのものが枯れてしまうことの繰り返しが生んだ言葉ではなかろうか。

 時には常識の裏を読むことも必要である。
 今まさに桜の紅葉そして落葉、間もなく剪定の適期が近づく。

[PR]
by matutaka31 | 2013-11-19 23:24 | Trackback | Comments(8)

秋を彩る

 最近春と秋が短くなっているように感じる。
 何時までも暑いと思っているうちに秋が来て、やれやれと思ってたら、はやくも冬が近づいてきた。

 あれこれやりたいことができると楽しみにしていた秋なのに、12月の行事予定が刻まれていくと、なんとなく気ぜわしくなってしまう。
 周りを見やれば、足早に過ぎ行く秋を惜しむかのように、花木が彩を深めていく。
 そんな秋の気配を、我が家の回りで取りとめもなく写して見た。

b0008825_17202147.jpg
ツワブキの花、仲間と訪れた妙行寺境内に群生していた

 ツワブキ(石蕗) 名前は、葉は蕗(ふき)に似た ”つや”のある葉から ”つやぶき”が変化して 「つわぶき」に。

b0008825_1722943.jpg
我家のクロガネモチの実、間もなくヒヨドリに食べつくされるだろう

クロガネモチ(黒鉄黐) 名前は、葉柄と若枝が黒紫色(クロガネ色)をしており、モチノキ科であることから。
 ちなみに福岡市 町の木はクロガネモチ

b0008825_17233520.jpg
ピラカンサスの実、近所の庭でひと際目立つっている

ピラカンサス(Pyracantha)、 ギリシャ語の 「pyro(炎) + acantha(刺)」が語源で、火のような真っ赤な実をつけ、枝にはいっぱい刺が あるところから。

b0008825_17242322.jpg
小菊の花、ひょうたん池そばのお庭で見かけた


b0008825_1725077.jpg
枯れ葦、ひょうたん池のほとり


b0008825_1727038.jpg
皇帝ダリア、ひょうたん池花壇で池を見下ろすように咲いている

皇帝ダリア(木立ダリア) 名前は、皇帝のように威厳のあるダリア  ダリアはスウェーデンの植物学者 「Dahl ダールさん」の名前にちなむ。

b0008825_17273934.jpg
ご近所の庭で見かけた柿、何故食べないのだろうかと、他人事ながら気になる


b0008825_17471546.jpg
我家の八朔、日に日に色付いていく 今年の味はどうだろうか

[PR]
by matutaka31 | 2013-11-16 17:25 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)

今年の芋は小ぶり

 今朝窓際のカーテンを開けると、窓ガラスが薄っすら曇っていた。
 放射冷却・・・もうそんな時期かと、季節の移ろいを実感させられる。

 さて気になる今年の芋類の出来栄えは?
 食べる分だけ少しづつ堀上げているが、さつま芋も里芋も、例年になく小ぶりである。

 夏の日照り続きで、他の野菜は水遣りなしでは枯れてしまうほどで、乾燥に強いさつま芋でさえも蔓が枯れてしまうのではないかと心配したくらいだから、芋の太り具合は悪いだろうな~と思っていたが、やはりその思いが的中してしまった。

 さつま芋は例年だと今頃、知人や親戚の者を誘っての芋掘り会で「ワー大きい!」と言うような嬌声聞きながら楽しい思いをするものだが、試し掘りしたところ芋が思ったより小さかったので、声を掛けるのを躊躇っている。
b0008825_2322512.jpg
細長いのが「紅東」、やや丸い太目のものは「鳴門金時」

 10月以降雨が順調に降っているので、もう少し大きくなるのを待ってからにしようと思っていたが残念ながら気温が一気に下がってしまったので、これ以上大きくなるのは無理なようだ。

 小ぶりなのは、作る立場の小生にはやや不満だけれど、焼き芋等食べる側にとっては好まれるようだから、ま~美味しく食べてもらえば本望だし、それで良しとしよう。

 里芋もやはり同じ条件だったので、親芋はしっかり太っているのに、小芋はやや小ぶりである。
b0008825_23232010.jpg
左後方が親芋、中間のものが小芋、更に小さいものが孫芋

 ジャガイモはご覧のように、まだ葉が青々しているので12月までこのままにしておこう。
 秋のジャガイモはいくら雨が降っても腐ることがないので、食べる分だけ掘り出して、あとは畑の中でそのまま保存することにする。
b0008825_2323433.jpg
まだこんなに青々しているので、じゃが芋は多分小玉だろう

[PR]
by matutaka31 | 2013-11-13 23:24 | 思いのまま | Trackback | Comments(4)

シティーウォークinふくおか

 11月10(日)行われた第16回「シティーウォークinふくおか」に、パソコンクラブの仲間と参加した。
b0008825_2043145.jpg

 今年は、福岡市の人口が150万人を突破したことを記念して、募集人員4000名を定員に参加料が無料の大会になった。(昨年まで参加料1000円/人)
 そのせいか参加申込者が、10月25日の締切日を待たず、定員の4000名を超えてしまったと言う人気ぶり。 参加者はまさに老若男女、その中でも親子連れや同年代の仲間と思われる人達の元気溌剌とした歩き振りが目立った。
 コースは5km、10km、15kmの3コースに分かれ、どのコースを選ぶかは個人の判断。

 私は仲間と共に10kmコースを選び、楽しく歩くことにして2時間+-10分を目標にスタートした。
 福岡市ヤフオクドームを出発し、博多湾岸シーサイドももち海浜公園を海岸沿いに西に向かい、室見川を渡りマリナタウン海浜公園を更に西に向かい、能古島渡船場横を折り返し、愛宕神社下を東に向かい出発地ヤフオクドームに帰ってくる10kmのコース。
b0008825_20102977.jpg
シーサイドももち海浜公園を西に向かって歩く

b0008825_20271448.jpg
福岡タワーが遠ざかる

 天気予報では午前中雨のち晴れ。スタート時はどんより曇っていたが大雨になる心配はなさそう。
 日差しがないだけ涼しく感じられ、まずまずのコンディションだ。
b0008825_2291564.jpg
室見川を渡りマリナタウン海浜公園から、歩いてきた福岡タワー・ヤフオクドームを望む


 スタート後しばらくの間は道路一杯に広がって歩くので、自分のペースで歩けない。でも1km位過ぎると次第に人混みもばらけて自分のペースで歩けるようになる。 
 海岸の景色を楽しみながら、仲間との取りとめのない会話を楽しみ自分たちのペースで歩くことが出来た。
 途中軽い雨に出会い、一時雨具を着用するときもあったが、まずまずのウォーキング日和で何よりだった。

 10kmの所要時間は、2時間5分。
 折り返し場所でのチェックが混雑して少々時間をロスしたので、そのことを考えると、概ね目標どおり完歩できたと満足している。 
 私は今回で6回目の参加になる。いずれも10kmコースであるが、ほとんど2時間前後で完歩してきたので、歩くことに関しては自分の体力をまずまず維持できていると思っている。

 歩き終わった後、参加した仲間と落ち合い、ビールで乾杯、楽しい会話で時の経つのを忘れてしまった。
 今ある健康に感謝!そして仲間に感謝!
[PR]
by matutaka31 | 2013-11-11 18:03 | 思いのまま | Trackback | Comments(12)

早生玉ねぎを植えた

 あれよあれよと言う間に、玉ねぎを植える時期が来た。
 とりあえず極早生種100本、早生種200本、合わせて300本を植えた。
  
b0008825_13224334.jpg
右側の畝は極早生種、左側の畝が早生種
 

 今年収穫した玉ねぎは保存中に腐ってしまうのがあったので、今年は腐らない玉ねぎ作りをめざすことにした。
 硬く締まった玉ねぎが腐りにくいので、そのような玉ねぎを作ることに心がけて、土壌酸度の矯正と元肥を工夫した。

 そのポイントは、酸性を嫌う玉ねぎを意識して消石灰を多めに施し、元肥は牛糞堆肥と玉ねぎ専用の有機質肥料を十分施し、そのうえ早生を意識して化成肥料少量加えた。 この極早生・早生種は、主に来年春から夏にかけ食べるので、それ程保存を意識しなくて良いが、夏以降長く保存する玉ねぎは、保存用に適した晩生種を植えることにしている。

 中旬にはこの晩生種を300本ほど植える予定だが、その畝には玉ねぎ専用の有機質肥料と醗酵乾燥元肥をしっかり施し、化成肥料など追肥をなるべく控えることにした。
 この晩生種の苗は、種を播いて自分で育てているが、どうも生育があまり良くないので、あと一週間くらい様子を見て、場合によっては苗を購入せざるを得ないかもしれない。
 苗作り半作と云う諺もあるので



 
[PR]
by matutaka31 | 2013-11-08 14:03 | 思いのまま | Trackback | Comments(12)

文化の日にちなんで

 b0008825_2155350.gif
 
 

 今年も早11月、部屋のカレンダーも後1枚になってしまった。
 そして早くも、喪中につき年賀欠礼の挨拶ハガキが1枚届いた。
 当たり前の時の移ろいだが、カレンダーを見ていると一抹の寂しさを感じる。
 でもそんな感傷に浸るのも束の間、月初めから忙しい日が続く。



3日:午前、家庭菜園。午後、九州市民大学
4日:午前、町内の文化祭。午後、福岡マンドリンオーケストラ演奏会
5日:午前、太極拳。午後、被爆者の会幹事会、引き続き福岡県文化賞贈呈式・記念イベント

 日常していることや出来事は別として、3日連続で文化に関わる行事に参加できたのは私にとって初めてのことで、思いがけなくいろんな文化に触れることができた。
 そのうえ夫々の行事終了後、同行の仲間と会食しながら参加した行事について語り合う等、楽しい一時を過ごすことができたのも想い出に残る日々であった。

 11月は3日の文化の日にちなんで各地で文化祭や記念行事が行われているが、余程アンテナを高くしていないと、参加する機会を失ってしまう。
 今年は幸い、史跡めぐり等いろんな行事に参加していたこともあり、市政だより等に掲載されている行事案内等を注意深く見ていたので、このような機会が得られたのはラッキーだった。
b0008825_1862793.jpg

 とりわけ「福岡県文化賞」受賞者の記念講演や演奏は素晴らしい内容で、夫々の内容をここで書き留めることは長くなるので止めることにするが、いずれも心に残る内容で、精華女子高等学校吹奏楽部の演奏ではその雰囲気に圧倒され、少々オーバーな表現になってしまうが自分の年齢を忘れてしまう程のカルチャーショックを受けてしまった。

 この3日間のイベント参加を通じて感じたことは、いろんな人が、いろんな分野で、持てる才能を存分に発揮して活躍されている姿に感動させられ、自分と同じような年代の方の活躍を見ると、これからも元気で頑張らなくっちゃと、勇気付けられる。 
 この3日間に限らずいろんな行事に参加できる、今の境遇と健康に感謝!
[PR]
by matutaka31 | 2013-11-06 09:57 | Trackback | Comments(0)

10月、歩いた距離は172km

 10月に入ると暑さも和らいだので夏の間落ち込みを挽回しようと思っていたが、ボランティア活動はじめいろんな行事が重なり、思ったほど距離は伸びなかった。
 それでも、仲間との史跡めぐり等歴史探訪が多かったこともあり、172km(1日平均5,5km)歩くことができたのは、まずまずだと思っている。

 インターネットバーチャル日本一周歩こう会の記録では、ただ今さいたま市から県境を超え千葉県市川市に向かっている。
b0008825_9365520.jpg


 埼玉から千葉にかけては、現職の頃、もっぱらゴルフ場をかけめぐった地である。河川敷ゴルフ場から有名ゴルフ場まで、プレーしたゴルフ場の数はもう記憶にない。
 中野区に住んでいた私は、特に千葉方面に行くときは首都圏の渋滞を避けるため、早朝6時前に出かけ、7時前に首都高速を抜けるようにするのが習慣になっていた。
 それでも帰りは、渋滞に巻き込まれるのは避けようがなく、自宅に帰り着くのは何時も20時前後になったことを思い出す。
 プライベートあり、お付き合いあり・・・それでもよくもま~やったもんだと、わがことながら感心する。
 それほど熱中したゴルフも、今では太極拳に代わってしまって、ゴルフクラブが錆ついいる有様。

 千葉県市川市と言えば、学生の頃、レースが行われる度にアルバイトで通った「中山競馬場」を思い出す。
b0008825_14125097.jpg

 仕事は厩舎の監視員。出走前の馬を厩舎の前で見張り、厩舎を出て競馬場内に入るまで監視する仕事だった。
 日給は昭和33~34年の頃で240円と安かったけど、不正が行われないかを見張るだけの仕事で、比較的良い条件だったので卒業間際まで続けた。(^。^)

 そんなアルバイトをしたので、さぞかし馬を見る目が肥えているのでは?と思われがちだけど、馬券を買うといつも負けてばかり・・・。
 福岡に住みついてから、競馬は縁がなくなってしまい、代わりに買う宝くじも空クジばかり・・・。
 夢を買うのは易けれど、現実は厳しい~~(-_-;)


 
[PR]
by matutaka31 | 2013-11-02 09:37 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)