<   2014年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

うどん・そば、饅頭は博多(福岡市)で生まれた

 うどん(饂飩)・そば(蕎麦)、饅頭と言えば今や、多くの日本人に親しまれていて食べるとなんとなくホッとする、なくてはならない食べ物の一つである。
 そのうどん・そば、饅頭の発祥地が、博多(福岡市)だということを、福岡市の人でさえも知らない人が多いかもしれない。そう言う私も、正直、最近まで知らなかった。

 先日、「東光院」を訪ねた時の帰り道、博多山笠発祥の地とされる「承天寺(じょうてんじ)」(福岡市博多区博多駅前1丁目)に立ち寄った。
 その境内に、うどん・そば、饅頭の発祥の地であることを著す碑がある。
 
 
b0008825_15384332.jpg
仁治2年(1241年)に、仏教修行の為渡っていた中国の宗から帰国した「聖一国師(しょういちこくし)」は、この地に「承天寺」を開山。
b0008825_14491738.jpg
    左:饂飩 蕎麦発祥の地         右:御饅頭所


b0008825_21321270.jpg

説明書には、こう書かれている。
b0008825_1682559.jpg
仁治2年(1241年)に、宗から帰国した「聖一国師(しょういちこくし)」は、同時に、羹、饅、麺の製法とともに製粉技術も持ち帰りました。
羹は羊羹、饅は饅頭、麺は饂飩・蕎麦等を指しますが、聖一国師により伝えられた製法・製粉技術のお陰で、日本の粉食文化が大きく発展したことは言うまでもありません。
 この碑は、博多の地における聖一国師の偉業を後世へと伝えるものです。


 その横に饅頭についても、こう書かれている。
 
聖一国師が、ある日、禅の布教に出向いた先で、とある茶店に立ち寄ったところ、茶店の主人に心づくしの歓待を受けました。
 それを喜んだ聖一国師は、南宋から持ち帰った饅頭の製法も教え、「御饅頭所」の看板まで書き与えました。
 これにより、博多の地が饅頭発祥の地とされています。
 

 現職の頃、全国を歩き回り、夫々の地域でいわゆる「ご当地料理」を味わう機会に恵まれたが、やはり博多の料理の美味しさに軍配を挙げたい。
 玄界灘で獲れた魚、近隣の農場から出荷される朝採り野菜、豊富な果物等々、海の幸・山の幸を活かした料理は、他の都市では味わえないおいしさがある。

 このような食文化の中で育てられた博多のうどんが、私は大好きである。
 とりわけ、丸天、ゴボウ、野菜かき揚げを入れたうどんが大好き!そして運動した後には、焼いた餅を入れた「力うどん」を好んで食べる。





 
[PR]
by matutaka31 | 2014-01-28 15:25 | 思いのまま | Trackback | Comments(12)

古刹の今

  珍しいほど快晴になった日の午後、所属団体のホームページ更新作業(ボランティア)の後仲間を誘って、気になっていた古刹「東光院」(福岡市博多区吉塚3丁目)を訪ねた。
 以前福岡市美術館で、東光院から寄贈された薬師如来立像のほか仏像25体を見た時、市に寄贈するのはどうゆう事情だったのだろうかと気になるお寺であったから。

 「東光院」は、国道3号から東の方に向って10分ほど歩いた、古い住宅街のやっと車の離合ができるほど細い道の奥まった場所にあった。

b0008825_11341322.jpg
山門前に立てられた説明板には、
 「寺伝によれば、大同元年(806年)に、最澄さいちょう(伝教大師)の開山。 正保4年(1647年)福岡藩二代藩主黒田忠之(くろだただゆき)により密寺東光院と合併され、真言宗薬王密寺東光院(やくおうみつじとうこういん)となったとあります。
  本尊薬師如来立像のほか、重要文化財として指定された仏像25体と、県指定文化財の絵画12点と境内地が福岡市に寄贈され、これらの保存、活用を図るため境内地を市史跡に指定。
 仏像や絵画は、福岡市美術館 に収蔵・展示されています。」
と書かれていた。

 東光院は二代藩主黒田忠之の庇護を受けて、真言宗寺院として活況を呈したといわれるが、明治維新の神仏分離策で、藩の経済的支援がなくなると、急速に運営が難しくなったという。

  
b0008825_13333812.jpgb0008825_13335240.jpg
b0008825_13345221.jpg

 かって藩主の祈願寺であったため、東光町と言う地名も残り、庶民からの信仰も熱かった古刹も、史跡と化した今、お寺の歴史に関心がある人以外訪れる人もないのだろうか、境内は静まり返っている。
 
 栄枯盛衰は世の習い と言うものの、時代の変化とともに変わり果てた姿は一抹の寂しさが漂う。

 例えは異なるが、核家族化が進み、先祖に対する信仰心も大きく変りつつある現在、多くのお寺が抱えている維持・管理問題の行く末を思わせるような気がする一方、歴史的建造物や日本古来の伝統・風習を大切に守りたいものだとの思いが募ることしきり。 

 誰が管理しているのか、軒下に並べられた鉢植えの「金のなる木」には一杯蕾がついていた。
 そして桜の枝には、もう膨らみかけた蕾が、人知れず我が世の春を待ちわびているようだった。
b0008825_1335975.jpg

 
[PR]
by matutaka31 | 2014-01-25 11:57 | 思いのまま | Trackback | Comments(11)

「老人」とは

 先週「九州市民大学」1月講演に参加した。
 講演は、「合唱王国・福岡の現在(いま)」と題して、男声合唱団 西南シャントゥール with NHK福岡児童合唱団MIRAI による合唱、それに夫々の合唱団の生い立ちと活動状況のトークであった。
b0008825_11301942.jpg
3枚の画像は、当日配布されたパンフレットより


 講演を終わって、音楽オンチを自認している私は合唱の評価は差し控えるとして、別の視点で、講演の感想を書きたくなった。

 終わった後一緒に行った仲間と共感できたことは、目標に向って頑張っている人たちだからみんな若い!ああいう生き方はいいな~、元気をもらった!・・・であり、同じ目的に向って志を一つにしている人たちは、これほどまでに若々しく元気な印象を与えるものか・・・であった。

 西南シャントゥールのメンバーは、平均年齢70才、最高齢84才、決して若くない合唱団。
 しかしながら、入場する姿は全員胸を張り、前を向いて堂々と歩く、背筋がピント伸び、うつむき加減な人は一人もいない。
 揃いの制服をきているせか、20歳の年齢幅を感じさせずみんな一様に若々しく見える。
 譜面を見ながらも胸を張り、大きく口を開け朗々と歌う姿は青年合唱団の風格さえ感じさせ、合唱は、広いシンフォニーホールに心地よく響き渡る。

b0008825_1131742.jpg


 NHK福岡児童合唱団MIRAIの元気あふれる合唱は、初々しさと果てしなき未来をイメージさせる素晴らしい合唱で、心を打たれた。
b0008825_11324786.jpg

 西南シャントゥールとNHK福岡児童合唱団MIRAIとの混声合唱のときも、おじいさまと孫程の年齢差がありながら、その年齢差を超えて、聴衆に“元気の塊”のような印象で迫ってくるようだった。

 サムエル・ウルマンが「青春」という詩の中で詩っている、
 「青春とは心の持ちようだ。
 情熱を失ったとき、年齢に関係なく、人は老いる。
 年を重ねただけでは人は老いない。
 理想を失うときにはじめて老いがくる。
 歳月は皮膚のしわを増すが、情熱を失う時に精神はしぼむ」
、を思いだす。

 60才後半~80才代が、人生で最も幸福感を味わえる時代である・・・、「老人」だなんてマイナス思考は本当に老いてしまう・・・、私は常にそう思っている。

 元気であれば、自分の志に合ったボランティアにも参加でき、好きな趣味に現を抜かすことが出来る等々、若い頃になかった充足感を感じることができるから。
[PR]
by matutaka31 | 2014-01-22 11:42 | 思いのまま | Trackback | Comments(14)

宮崎安貞書斎を訪ねる

 今日は久しぶりに晴れ上がり、PM2,5の飛来も少ないようで、周りの雷山山系の稜線がはっきり見える。
 快適なウォーキングが楽しめそうだったので、何時ものルートを変え、山手の農家が多い方へ足を延ばし、機会があれば行ってみたいと思っていた県指定史跡「宮崎安貞書斎」を訪ねた。

 この地に住み着いて十数年になるが、いつか行って見ようと思いながらも、つい・・今になってしまって、のんびりした話である。
b0008825_17444456.jpg
県指定史跡「宮崎安貞書斎」

 宮崎安貞と云えば、知る人ぞ知る、我が国最初の農書として名高い「農業全書」を著わした農学者である。

 そう言う私も、「宮崎安貞と農業全書」くらいの知識しかなく、農業全書にどんなことが書かれているのか、その内容が当時の日本の農業にどのように貢献したのか等々、恥ずかしいけど分っていない。

 しかしながら水戸の徳川光圀は「これ人の世に一日もこれ無かるべからざるの書なり」と絶賛し、八代将軍徳川吉宗も座右の書に加えたほどであったと評されているところみると、日本の農業の発展に寄与した功績の大きさは想像に余りある。 

 「25歳で福岡藩二代藩主黒田忠之に仕へるが、まもなく辞して隠居し、」とあるが、今様に言えば30歳前後に“脱サラ”し、自分の思う道を生き貫いたことになる。 
 
 「宮崎安貞書斎」の南方約300mの所に、安貞の墓もある。
b0008825_1758844.jpg
安貞の墓「眞如院休閑道居士」と刻んである


 今日は、好天に誘われ何時もより長い2時間近いウォーキングのお陰で、地元の偉人の足跡を知る、ご褒美を頂く一日になった。

宮崎安貞とは 

現地説明板に書かれた内容を要約
[PR]
by matutaka31 | 2014-01-19 17:47 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)

ほうれん草の移植

  昨年11月16日に播種したほうれん草が、順調に発芽し生育している。
いつも発芽率がよくないのでやや多めに種を播いたのだが、思いのほか発芽率がよく、密植になってしまった。

b0008825_1785928.jpg

 順次間引きしながら収穫しようかと思ったが、菜園仲間から“間引きしたほうれん草の移植”が出来ると聞いていたのを思い出し、駄目でもともとと思い、今までに経験したことのない移植を試してみることにした。
 
 それにしても、最も寒い時期に移植して、果たして根付くだろうかと不安が残る。駄目でもともとと思っても、やるからには成功させたいので、根をなるべく傷めないように移植しようと考えた。

その手順は、あらまし次のとおり。 
①移植前にまず散水し、根から土が離れにくくしてやる。
②移植する場所に、予め溝を掘り、移植苗をそっと埋め込める状態にしておく。
③移植する苗は、密植している2~4本を一まとめに、移植コテでやや深めに掘り起こす。
④そのまま移植コテに乗せ、移植先にそっと置き、廻りに土を寄せる。
⑤移植が終った後、水をかけ根の周りに、土をなじませる。

b0008825_16375587.jpg
右上の方に見えるのが密植に成っている部分、手前が移植した部分


 果たして上手く根付いてくれるか・・・、多少生育が遅れるのは当たり前だから、上手く根付いてくれれば、移植しないほうれん草を収穫し終えた頃に、旬のほうれん草が収穫できるのではないかと期待している。
 結果は、10日~2週間くらい後に見えてくると思う。



  
[PR]
by matutaka31 | 2014-01-17 16:51 | 思いのまま | Trackback | Comments(12)

ちぐはぐ

 身の回りには、よく見るとちぐはぐなことが多い。また自分の行動にもちぐはぐなことが多いことに気がつく。

●先日、福岡城にタイムスリップ「バーチャル時空散歩」ガイドツアーに申し込んだが、定員オーバーで参加できず、予定を変更して「福岡市美術館」へ黒田官兵衛ゆかりの展示物見物に行った。
 ところがそこには、「北条家から贈られた法螺貝」、「長政秘蔵の火縄銃」、「采配」の3点だけ。

● 福岡市で最も人気の高い「大濠公園」を通りぬける、ひと際目立つ場所に、南北両面に表示する「アナログ時計」塔がある。

b0008825_21213874.jpgb0008825_21215645.jpg
               左側:北向き、狂っている        右側:南向き、正確に時を刻んでいる

  見た瞬間、「??」壊れているな、と口走った。2時半過ぎなのに7時16分を指しているから。
  一緒にいた仲間が「動いている!」と。 注意して見ると確かに時を刻んでいる。
  対の時計だから、反対側はどうだろうと見ると「2時45分」を指している。こちらは正確。

 背中合わせの時計が、別々の時を刻む・・・
 どうやら背中合わせの温もりはないらしい・・・、ふと「同床異夢」を思い出させる、ちぐはぐな空間!


● 仲間が誕生祝をしてくれると言うので、天神某ホテルのレストランで洋食を食べたときのこと。
 出された一品の食材の中に、薄切りのさつま芋があったので、ウエイトレスさんに、
 「この美味しいさつま芋の品種は何ですか。名前を知りたいので教えてくれませんか。この美味しさは、 “安納芋” か “紅はるか”ではないかと思うんだけど・・・」
 ウエイトレスさん「私は分りませんので、聞いてまいります」
 しばらくして、先ほどのご質問ですが・・・と前置きして、
 「さつま芋は“かんしょ”と言うそうです。」

 私は返す言葉もなく、むむ・・・、絶句! 
b0008825_1447549.jpg


ちなみにちぐはぐとは、
「それぞれ対応すべきものが、くいちがって揃わない様。物事がくいちがい、調和がとれていないこと」


 
[PR]
by matutaka31 | 2014-01-13 18:06 | 思いのまま | Trackback | Comments(12)

蝋梅が咲いた   

 今年一番の寒波が押し寄せて寒い日が続いているというのに、自然は紛うことなく季節の移ろいを見せてくれる。
 毎年この頃甘い芳香を辺りに漂わせる、庭の2本の「蝋梅」が、今年も早くも咲き始めた。
 去年はヒヨドリにつつかれ見る影もなくなったが、今年はヒヨドリの飛来も少なく、芳香を漂わせる早春の花を楽しめそうだ。
b0008825_11262828.jpg


b0008825_11281338.jpg

 蝋梅は、梅の文字があるので梅と混同されがちであるが、ろうばい科の落葉広葉低木である。 原産地は中国で、蝋細工のような梅に似た花から蝋梅と呼ばれるようになったという。
 日本ではウメ・スイセン等と同様縁起のよい花木として親しまれている。




 鉢植えのクリスマスローズも咲きはじめた。
b0008825_11335082.jpg


 枝垂れ梅の蕾はまだ硬いが、日に日に膨らんでいくだろう。
 一年で最も寒いこの時期、でも春の足音が聞こえ始めた。
 春は近い!寒さに負けず元気を出そう!
[PR]
by matutaka31 | 2014-01-11 11:37 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)

今年の年賀状

 出す時と受け取る時で、こうも変るものかと我が心の変化にあきれている。時節柄、年賀状のこと。
 年賀状をもらった時、来年は何時もと違ったものを作ろう!と密かに思うのだが、時が経つと綺麗さっぱり忘れてしまって、あっと言う間に12月になる。
 何時ものことながら、12月になって慌てて作るので、めったに会う機会が無くなった人への近況報告型の変り映えしない年賀状になってしまう。挙句の果てには、年賀状なんて無くなれば良いのに!と思うことも。

b0008825_10142930.jpg

 年が明けて元日、やはり年賀状が気になる。
 全国各地から頂いた賀状、時間をかけて隅から隅まで読み通す。
 久しぶりに目にする懐かしい人からの便り、思わずニヤリとする凝った内容、思いがけない人からのお便り等々。
 近況や心のこもった一言等々、読むうちに差出人の心遣いが伝わってくる。日頃のご無沙汰を詫び、お互い元気なことを確認し合う。これが年賀状の良さでありありがたさであろう。

 今年もらった賀状の中に、日頃の思いをさりげなく綴った、ユニークなものが何枚かあった。ほんの一部だけご紹介しよう。

 「年毎に少なうなりゆくもの。エンピツ・日本語・米食・闇。身だしなみ・慎ましさ・公徳心・預金残高・髪の毛・思い出す人・余命・・・・いと侘びし。」、 「幸せは、喧嘩できる、妻がいる」、 「永年の酒の故か、まだらボケが真正認知症へと進行し・・・」と、ユーモラスなものから寄る年波を気にしながらも元気振りを控えめに書いたものまで。
 
 また、「日本一周ウォーキング、今、3週目に挑戦中で、南北ベトナム縦断やニュージーランド旅行を楽しんだ。」と、シニアとは思えない活動派から、「マチュピチュで外人と一緒に写った写真を14人全員親戚です。」と、世界を股にかける国際派まで。

 更に、「夢か現か・・・英霊よ70年の長きにわたり、一人の後続も届けず寂しかったでしょう。寂しがることなかれ、今に多量の仲間を送り込むと総理大臣は神前で誓った。そのことを暴露したら、特定秘密保護法で10年の懲役刑に科せられ・・・目が覚めた。」、「暗い戦前」に逆戻りしそうな政情、今年も平和の火を消さぬよう努めたく・・・。」と今の政情を憂えるものまで。

 賀状をくれた人の多くは、現役引退後元気で思い思いに活躍している「生涯現役」組。この人たちに今年も幸多かれと祈る。
 さて来年の年賀状に、私は何を書くのかな~。
 

 
[PR]
by matutaka31 | 2014-01-08 16:35 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)

ブログを印刷して保存

 以前から考えていたことだが、「ブログに投稿したものを紙に印刷して保存」を、今年から始めることにした。

 私のブログは、「身近な出来事や気がついた事柄を気ままに綴る」で、特別のテーマをイメージしたものではなく、その中身も取るに足りないものばかりだが、70歳を過ぎた自分の生き様の一部分を記したものであり、私にとっては大切な宝物。

b0008825_1525029.jpg
市販のクリアファイルを使って保存

 紙に印刷して保存しようと決めたのは、いろいろ思うことがあってのことだが、ブログを今利用しているブログサービス会社が何時までも安泰という保証はない。
 まさかと思うが、この激動の業界のこと、何時何が起きるか分からない。
 会社の倒産はブログの消滅につながりかねない。そのときに、予め備えておきたいのが、主な理由。

 紙に印刷しなくても保存方法は、パソコン、CD、USBメモリー等々あると考えたが、後々どの方法が自分にとって利用しやすい方法かを、いろいろ考えた。

 年を重ねて何時の日か、自分の生き様を記したブログを見たいと思ったとき、 「紙に印刷・保存」以外は、パソコンか他の機器を操作しなければ見ることができない。
 そのような機器を、自分で操作できなくなるときが来るかも知れない。 
 何時でも、何処でも、好きな姿勢でのんびり見つめることが出来る方法となると、やはり手にとって見るのが一番楽な方法だろう・・・。と思ったから。

 私がブログを始めたのは、2005年2月。
 それから2年半の間は、月1~2回の投稿と、いわばどんなスタイルにするか暗中模索の期間だった。
 コンスタントに投稿するようになったのは、2007年9月からであるが、通算約800回の投稿になり、我ながら良く書いたものだと思う。

 いざ印刷を始めると、その方法にいろんな課題があることに気付いた。
 コマーシャルはじめ不要な部分を除いて印刷しなければ、膨大なボリュームになるし、インクの量も馬鹿にならない。
 必要な部分だけワードに貼り付けて印刷することも考えたが、作業量が膨らむので、ブログを直接印刷する方法にこだわった。

 困ったときの神様ならぬ仲間とスカイプでいろいろ相談した結果お陰様で、プリンターの最新機能をフルに活用すれば、残したい部分をしかも読みやすい記録として、ブログを直接印刷できることがわかり助かった。

 これが私の、今年新たに取り組む課題!1年間でどれだけのものが印刷→ファイリングできるだろうか。
[PR]
by matutaka31 | 2014-01-06 15:27 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)

正月三が日

私の正月三が日、あっと言う間に過ぎた。

b0008825_10442876.jpg

元日、曇りの天気予報だったので初日の出を見に行くのは諦め、久しぶりに揃った孫達を含め、家内の手作りお節で、今年も元気で過ごせるようにと乾杯!
お昼近くまでお神酒を頂く。大晦日に続いて家中賑やか。



 孫達が大宰府の天満宮へ初詣に出かけた後、私は、酔い醒ましにウォーキング初め。穏やかに晴れた人通りの少ない道を、のんびり約5000歩。
夜は、婿殿とまた一杯!
大晦日から連続のお酒漬け!飲めることは良いことだ。


b0008825_10452358.jpg 2日、孫達が早々に東京へ帰っていった。
もう少しゆっくりすれば良いのに・・・と思うが、受検を控えた孫の塾通いに合わせての行動だから仕方ない。

空港まで見送りに行く。
空港は、正月2日というのに、親子連れの客でごった返していた。

皆夫々の思いを残して、あわただしく帰っているな~、と実感。

家族みんなから、私の翌3日の誕生祝いを、1日繰り上げてプレゼントされる。
黒色のセーターだ。「ジジによく似合うと思うよ」などなど、気持ちを込めた嬉しいコメントがついて・・・。
孫たちが帰った後は、何時ものとおり静かな我家に。 家の中が広くなった感じがする。

3日、家族3人で近くの神社に初詣。車で一気に駆け巡り。

b0008825_1046233.jpg


まず町内の氏神様「五道神社」へ
町内の人は元日にお参りを済ましているのだろう、人影が無い。
こんなに遅く来るとは・・・と、神様に叱られそう。





b0008825_10464645.jpg



次いで「桜井神社」、福岡城2代藩主黒田忠之によって造営された筑前の守護神で、地元では信仰の厚い神社。






b0008825_10472115.jpg

「志登神社」、糸島地方唯一の延喜式内社。 延喜式に記されている3132座の1座で、由緒ある神社。

ちなみに現在、全国の神社数は79,335社。





志登神社の境内で、驚くべき自然現象を目の当たりにした。
風でなぎ倒され根がむき出しになっているが、残った根で倒木が生き還り、枝が真直ぐ伸びている逞しい姿。

b0008825_10504824.jpg
[PR]
by matutaka31 | 2014-01-04 10:15 | 思いのまま | Trackback | Comments(14)