<   2014年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

第1回福岡城下のびのびウォーク

 昨年まで秋に行われた「シティウォークin福岡」は第16回で幕を閉じ、代わりに始まった「健康づくりフェスタふくおか」の「第1回福岡城下のびのびウォーク」7kmコースに、5月25日仲間と参加した。
b0008825_9194482.jpg

 コースは、大濠公園を一周半した後舞鶴公園の福岡城跡を廻る7km。
 参加人員は、老若男女合わせて定員1500名。
b0008825_9541954.jpg
出発点では官兵衛や長政がお見送り


 梅雨明け時の天候を思わせる好天で気温29度と真夏並みの暑さだったが、湿度が低かったせいか、木陰に入ると心地よい涼しさを感じる、まずまずのウォーキング日和であった。

 大濠公園の水辺空間を楽しんだあと、緑に囲まれた福岡城跡の石垣を眺めながら福岡藩当時を思い浮かべながらのんびり歩くコースであったが、大濠公園内の人の多さに比べ、舞鶴公園は一般の観光客が少ないのに改めて驚く。 
 それでも緑に覆われた城跡は、静かな散策路としては素晴らしく、森林浴を楽しみながら気持ち良く歩くことができた。
 
b0008825_935766.jpg
福岡城跡、天主台から福岡ドームや福岡タワー方面の眺めが素晴らしい

b0008825_18165775.jpg
天主台跡付近を歩く参加者

 舞鶴公園はスポーツ施設が多く一般の観光客には馴染みがないうえ、福岡城跡に対する関心度合いが低いのだろうが、隣接した二つの公園でこれほどまでに人気に差があるのは、福岡市の観光資源の活用の面から考えると勿体ないことで、福岡市の観光行政のあり方に問題を提起していると思う。

 今回のコース設定は、大濠公園と福岡城跡を一体化した、福岡市のシンボル的な一大公園の実現を先取りしたようなもので、この二つの公園がもっと市民に親しまれるように衣替えしてほしいものだ。

 歩き終わった後、公園内の緑滴る木陰に寝そべって、汗ばんだ体をしばらく休める。
 大濠公園の水面を渡ってくる涼しい風を心地よく感じながら木の枝葉を通して見える青空を眺めていると、童心に還ったようで心身ともに安らぎを感じる。
 まさに癒しの空間そのもので、それまでの疲れが吹き飛んでしまった。


[PR]
by matutaka31 | 2014-05-28 09:52 | Trackback | Comments(6)

そら豆の収穫

 昨年11月中旬に移植して以来半年間、手塩にかけて育てたそら豆。
 そのそら豆の収穫時期は、2~3週間であっと言う間に過ぎてしまう。
 だから旬の味は一入・・・と言うことになるのだろう。

 
b0008825_723779.jpg


b0008825_710456.jpg
 
 
 
 出来栄えはまずまず。莢の長さは13~15cm、
幅は3~3.5cm
一莢にそら豆2~3個と逞しく育った。
 味も上々!
 1~2日おきに収穫。



 

 晩酌のつまみに良し、おやつに良し、おかずに良し、我家の食卓を飾る初夏の風物詩。
 存分に旬の味を楽しませてくれたそら豆、でも今年はそろそろお別れ!

 我家の家庭菜園、いよいよ夏野菜のシーズンとなる。
 夫々の旬の味が、満を持して出番を待っている。
 トップバッターはズッキーニかな?
 いやいや紛れもなく、それは「インカの目覚め」







 
[PR]
by matutaka31 | 2014-05-26 07:17 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)

もってな~い!

 b0008825_15254372.jpg
 

 今朝NHKテレビ番組のレポータが、85%の確率で観ることができるとの触れ込みで高知県黒潮町のホエールウォッチングに出かけたが観れたのはイルカだけで、残念ながらクジラは見ることが出来なかったと、さかんに
「もってない~」を連発していた。
 


 聞き慣れない私は、それを言うなら「ついてな~い!」 だろう・・・と、最近の若者のはやり言葉だろうと違和感を覚え、そばにいた娘に、最近はやりの若者言葉なのか?」と尋ねたら、“そうじゃなくて普段みんな良く使っているよ”・・・とさりげない返事。
 そして、むしろ「もっている」がよく使われ、その反対に「もってない」が使われていると、教えてくれた。

 またしても時代遅れと言われるのか?と自問自答しながら、早速ネットで情報を検索してみた。
すると「もってる」若者言葉辞典~あなたはわかりますか?~」というのがあった。
その解説を拝借すると・・・
 「もってるとは、上手くいかないと予想されていたが、それに反して成功したときに使う言葉。
"have"とは別の意味で使われる。2010年新語流行語特別賞を受賞した。」 
とあった。
b0008825_1172529.jpg
 


 斎藤佑樹投手が2010年六大学野球の優勝祝賀会でのスピーチ「自分は何かもっていると言われますが、それが何か確信できました。それは仲間です。」が、その使い方の有名な事例だとか。
 そういえば、そのハンカチ王子のことは思い出す。






 つまりこの場合の「もってる」と言うことは、「物体を持つ」意味ではなく、目に見えない何か(力のようなもの)をもっていることであり、そのこと自体違和感はない。
 ところが「もってない~」は、上手くいくと思ったのに、意に反して失敗したときに使う言葉ということになるらしいが、すんなり納得!とはいかないのは時代感覚のズレだろうか。

 ともあれ日本語も時代と共にどんどん進化している。
アンテナを高くして、洪水のごとく入ってくる情報を取捨選択する柔かい脳みそをもち続けないと、「もってな~い!を連発する羽目になるかも・・・。(^。^)

 
[PR]
by matutaka31 | 2014-05-22 11:00 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)

博多千年門(博多千年の門)

 九州市民大学特別講座「博多部の学び舎をめぐる~博多小学校と承天寺 博多千年門」に、先日仲間と参加した。その中で承天寺を分断する形で通されている市道に2014年3月完成した、博多千年門を話題としてみる。
 博多駅から目と鼻の先に広がる「御供所町」にできた「博多千年門」は、日本最初の禅寺、うどん・そば・饅頭・博多織発祥の寺、弘法大師が日本で最初に開いた寺等々、名刹・古刹ひしめく寺町の魅力を一層際立たせる存在となるに違いない。
b0008825_11293511.jpg
 「博多千年の門」 と読むのが正しい呼び方、
太宰府方面から博多の商人のまちへの入り口に当たる

 博多千年門は、高さ、幅、奥行きともに約8メートルのヒノキを使った木造瓦ぶきの四脚門で、かって「商人のまち・博多」から大宰府政庁へ通じる幹線道路の出入り口にあったとされる「辻堂口(つじのどうぐち)門」をモデルにしている。
 そのため歴史的には「辻堂口門」という名前も持っているが、千年の歴史を持つ博多の今後千年にわたる繁栄を願って「博多千年門」と命名されたという。
b0008825_11303758.jpg
この扁額に使われた材木は、大宰府天満宮から贈られた千年楠が使われている


 博多千年門にはもう一つの扁額掲げられている。
 それは「萬年正續(まんねんしょうぞく)」と書かれている。承天寺を開山した弁円(後の聖一国師)が修行した中国の禅寺「萬壽(まんじゅ)寺」の戒興(かいこう)住職が書いたもので、「千年も万年も長きにわたり栄えるように」という意味があるという。
b0008825_1132025.jpg
商人のまちから太宰府方面への出口に当たる場所に掲げられている


 承天寺に敷地は元々一つであったが、1963年博多駅の移転に伴う区画整理で真ん中に市道(今の承天寺通り)通したため、二つの敷地に分断されてしまった。
 門が立つ市道「承天寺通り」は、道路をゆったりと流れる川と、その両端にモミジや松などの植栽や自然石を配置するなど自然をイメージして整備され、市道で分断された承天寺の境内が一つにつながれたような印象を与えるように工夫されていている。
b0008825_6454953.jpg
この承天寺通りを挟んで、両側に承天寺境内がある


b0008825_17335319.jpg
承天寺境内の石庭

[PR]
by matutaka31 | 2014-05-18 11:16 | Trackback | Comments(6)

思いを込めて野菜作り

 菜園でスコップを使っているとき、「ぎっくり腰」を患ってしまった。
 それでも家庭菜園の段取りを大きく変える事は、ポットで育てている苗も大きくなるし、今作付けしておかねば適期を失してしまうので、夏野菜の収穫をみすみす逃してしまうので出来ない。
 治療の甲斐あってだいぶ痛みが和らいできたので、無理しない作業スタイルで、昨日定植時期が来ているスイートコーン、ゴーヤ、キュウリの苗を植えつけた。
 今日これからカボチャを植えると、予定した夏野菜全ての植え付けをひとまず完了!
 今後は収穫時期を長くするため、2回目3回目とそれぞれの苗をずらして植える予定。

 スイートコーン
 時期が来ればスーパーで、安いのがいくらでも買える・・・、でも私にはこだわりがある。
 大学生の頃夏休みを利用して北海道をに旅行したとき、「とうもろこしは釜のお湯が煮立ってから収穫するもの」と、採りたての美味しさを教わった。
 その美味しさを求めて、強風で倒れようが、カラスに食べられようが、アライグマに先を越されようが、毎年作り続ける。馬鹿の一つ覚えと笑われそう(^。^)
b0008825_10324378.jpg
受粉効果をあげるには二列に植えた方が良いが、
今年は都合があって20本を一列に・・・

 ゴーヤ
 私にとってゴーヤは、夏を乗り切るパートナーで、ゴーヤジュースやなんらかなの料理で1日1回は口にする欠かせない夏野菜。
 ゴーヤにりんごかバナナ、それに蜂蜜を加えたゴーヤジュースは、まさに真夏の清涼剤で私の元気の素。
 
b0008825_10453839.jpg
4月に植えた3本に今回植えた5本、計8本が私のスタミナの供給源

キュウリ
 形が曲がっていても味に変わりがないのがキュウリ。曲がったきゅうりは売り物にならない日本の食文化はどうかしている。
 採りたてのきゅうりは、手に触ると一目両全!それなのに形の揃ったキュウリを優先して、本当のキュウリの味を知らない人がかわいそう!
 素手で触ると痛いほどのトゲトゲ・・・形はどうでも、これが新鮮キュウリの姿なのに。
b0008825_1058782.jpg
4月に植えた5本に今回6本合わせて11本。6月にさらに5・6本植える予定


黒枝豆

 丹波の黒豆つくりには毎年、夏の水不足で失敗続き。 昨年も少し枝豆で食べた後、今年は収穫間違い無しと一安心した途端、日照りに悩まされ水分不足で失敗。
 水不足が致命的となるこの豆作り、それなら水が嫌と言うほど多い梅雨時に作ってみようじゃないか!
 と言うわけで、この時期に播ける黒豆の枝豆を作ることにした。
一度思い込んだら、そう簡単に引き下がらない、何処までも追い求める性格のせいかな?
b0008825_1413124.jpg
すくすく育ち始めた20本の黒枝豆

 
[PR]
by matutaka31 | 2014-05-15 11:01 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)

第8回ひょうたん池まつり

 5月10日心地よい五月晴れの好天に恵まれ、町内でボランティア活動をする「ひょうたん池花クラブ」とエコ推進クラブ「ベスタ」共催による、手作りの第8回「ひょうたん池まつり」を無事終えることができた。
b0008825_22484576.jpg

 日頃地域の憩いの場として静かな雰囲気のひょうたん池は、およそ500名以上の老若男女で賑わい、笑顔また笑顔、そして子供たちの楽しそうな声が響きわたり、楽しい触れ合いの輪に包まれた。

 昨年9月から月1回の打合せを行いながら練り上げた今回のまつりであっただけに、関係者全員の協力により滞りなく終り、実行責任者として今、ホッとする反面来場者の笑顔を思うと爽やかな満足感に浸っている。
 地域の皆さんに楽しんでもらうのが最大の目的だったので、私だけでなく実行に携わった人達全員が同じ思いに違いない。

 今回特に良かったと思うのは、予め分担した夫々の内容について事前準備から当日の実行に至るまで、関係者全員がこれまでの経験を活かしながら創意工夫を重ね、段取りよく進めていただいたお陰でトラブルも一切無く、今まで以上に楽しい雰囲気で終えることが出来たことである。 
 今回も成功裏に終えることができたのは、目的をしっかり共有した関係者一人ひとりの協力の結果に加え、支援していただいた町内会はじめ住民の皆さん、西部3Rステーション、西区サイトピア、元岡公民館等々関係の皆さんの温かいご支援・ご協力の賜物で、 「当事者全員の協力に感謝!」、「そして協力いただいた皆様に感謝!」の気持ちで一杯

 そして早くも来年のひょうたん池まつりは、更に工夫を加え、より多くの人たちに、より楽しんでもらえるまつりにしようと密かに思いをめぐらせている。

b0008825_11295612.jpg
好評だった花・野菜等の苗販売コーナー

b0008825_11333716.jpg
毎回人気の的、バザーコーナー

b0008825_11353476.jpg
飲食コーナー、綿菓子が人気で待つ人の列が絶えない


b0008825_95330.jpg
多肉植物の寄せ植えコーナー、100個用意したが早々になくなってしまった

b0008825_1137458.jpg
ジャブジャブ池で水に親しむ子供たち

b0008825_11373743.jpg
子供を対象にしたパックキューブやブローチを作って楽しむ


b0008825_135536.jpgb0008825_13554735.jpg
     
花当てクイズに挑戦する子供たちの真剣な表情


b0008825_1138157.jpgb0008825_11383937.jpg
可愛いキッズフラダンス 今年初登場!


 
b0008825_11392945.jpgb0008825_1140340.jpg
        
お馴染みの手話ダンス               コーラスグループに合わせてみんなで歌う


b0008825_1357875.jpg
サイトピアのインストラクターの指導による、みんなで健康体操


手作り品として出品した「布草履」の売れ行きは?売れたのか、それとも・・・。
苦心して作った甲斐あって、売れましたよヽ(^。^)ノ
大・中・小3タイプの草履は、売り手と買い手のあ・うんの呼吸で、800円~500円で売れたとのこと。
買ってくれた人の目は高い??・?・・・(^。^) “ホッ”




       
[PR]
by matutaka31 | 2014-05-11 11:44 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)

草履(ぞうり)を作った

 最近の建物にフローリングが増えたためか、主婦の間にぞうり愛好家が増えているという。
 ぞうりと云えば、我々が思い出すのは藁ぞうり。でも今は布ぞうり。
 ぞうりを作ったのは、自分で履くためではなく、家内へのサービスではない。我が家はみんなスリッパ派だから。

 まずはその作品をご覧いただこう!(^。^)
b0008825_1031334.jpg
大人用から子供用まで5足 手元にある端切れ利用だから、デザインはそっちのけ!と言うより元々センスがないのでこれ以上は無理。 果たして幾らで売れるかな?

 子供の頃、藁ぞうりを作った記憶があるが、その作り方も記憶が定かではなく、布ぞうりは始めての経験。
 仲間に教えてもらいながら作ってみたが、意外と難しい。自分で履くのだったら“履ければ良い”と気楽に作れるが、人様に買ってもらうとなるとそうはいかない。

 作った目的は、今週末行う地元町内の「ひょうたん池まつり」のバザー出品のため。
 今年8回目を迎えるこの「ひょうたん池まつり」は、我々「ひょうたん池花クラブ」とエコサークル「ベスタ」の町内ボランティアグループが主催する「手作りのお祭り」で、バザーや花・野菜苗の販売、ダンスやコーラス、子供たちのお遊びコーナー、飲食コーナー等々盛りだくさん。
 
 手作りのまつりだから、業者に依存せず、町内の方々や関係団体の協力をいただきながら、我々が主体的に地域の皆さんとのふれあいの場を作ることにしている。
 そのためグループ会員は、自分の得意?とする作品を作って提供したり、いろんな場面で運営に協力して、まつりを盛上げる。

 私は、このぞうりの他、グリーンカーテン普及のためのゴーヤとひょうたんの苗、それに家庭菜園用のレタス苗を作って提供する。家内も毛糸で編んだたわしを作ってくれた。

 果たしてこの布ぞうり、幾らで売れるかな?
 一足500円とアイディアを出したら、家族からそれは無理!と笑われてしまった。
 その収益金は我々のボランティア活動資金の足しになるんだから、1円でも高く買ってもらえればありがたいが、200円でも300円でも、買って使ってくれる人がいれば良し、としよう。

  
 そのまつりは3日後、果たして気になる天気はどうだろうか。今朝の予報では曇り時々雨。気象庁の予報がずれることを期待している。
[PR]
by matutaka31 | 2014-05-07 10:42 | 思いのまま | Trackback | Comments(16)

博多どんたく

 昨日5月3日、忙中閑といえば少々大袈裟だが、午前中菜園の作業を終えた後、仲間と「博多どんたく」を見物した。
 福岡市で毎年5月3・4日繰り広げられる「博多どんたく」は、各地からおよそ200万人の観光客が訪れ、中心街はまつり一色に包まれる。
 このどんたくまつりの始まりは、800年以上も昔「松囃子」と云われる伝統的なまつり。そこで気になる「どんたく」の語源はと云えば、「オランダ語の「日曜」、「休日」を意味する「zondag」ゾンダッグに由来し、それがなまって「ドンタク」になったといわれている。
 地下鉄天神駅に降り立つとホーム一杯に人があふれ、地上天神界隈は、人・人の波。 
b0008825_15302610.jpg


 どんたくまつりの圧巻は、やはりパレード。呉服町から天神まで、何十組ものパレードが続く。
b0008825_1504683.jpg

b0008825_1515744.jpg

 今年は数々のユルキャラが、沿道を埋め尽くした観客に愛嬌を振り回し、やんやの喝采を浴びながらパレードを盛上げていた。
 沿道を埋め尽くした観光客の反応を見ていると、ユルキャラや独特のパフォーマンスを演じるグループに拍手が多く、反面、淡々と繰り返す踊りやしゃもじを叩いて行進するとりわけ特徴のないグループは、あまり人気がなかったようだ。

b0008825_1512554.jpg

 
b0008825_1523690.jpg

b0008825_2257519.jpg
日向ひょっとこ踊り

 どんたくまつりを盛り上げているのは、パレードだけではなく、街角に設けられ演舞台での催しが大きな役割を演じていることを一緒に行った仲間に教えられ、その面白さを始めて味わった。
 小さい演舞台は客席が近く、出演者の表情が身近に見え、小気味よいテンポでく進む演舞は観客を飽きさせない。
 どんたくまつりを楽しむには、パレードの合間に、演舞台のプログラムを見ながら好みの舞台を観て廻るのが一番だと思う。
 来年からパレードはほどほどにして、演舞台での演芸を楽しむことにしよう。

b0008825_1532655.jpg
子供が演じる「はかたニワカ」 博多弁を知らないと、さっぱり意味がわからない

b0008825_1534424.jpg

 まつりの間、6台の花バスが市内を運行される。夜間、通りの向こう側を走る電飾バスに運よく出会った。 
b0008825_1542047.jpg

[PR]
by matutaka31 | 2014-05-04 10:28 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)

目標を下回った4月ウォーキング

 あっと言う間に4月が終り、早くも5月に入ってしまった。
 5月と云えば、「新緑」、「風薫る」、「若葉」、「立夏」、「端午」、「鯉のぼり」、「新茶」、「八十八夜」等々、この時期を表す言葉が思い出される。

 さてインターネットバーチャル日本一周、4月歩いた距離は、一日平均5kmの目標を下回り、4,83kmに終ってしまった。
 目標を下回った分を5月に頑張って取り戻し、年間目標達成に励むことにしよう。
b0008825_12452853.jpg


 4月末現在の位置は、津から伊勢へ向う途中である。
伊勢から先は、私にとって未知の世界。
b0008825_130482.jpg

 今まさに風薫る5月、現実ならば伊勢神宮参拝の後、熊野古道を歩いてみたいところだが、なにせバーチャルの世界、せめて地図上で各地の名所旧跡を訪ねながら、春の南紀を歩くことにしよう。
[PR]
by matutaka31 | 2014-05-02 11:59 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)