<   2014年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

被爆稲栽培の取材を受けて

 長崎で被爆した稲の69世代目になる稲を作り続けて、今年で9年目になる。
 
b0008825_21312794.jpg
69年目の被爆稲、2鉢合わせて8株(7月30日の様子)

今日(30日)、糸島市の「糸島新聞」から、被爆稲の栽培について取材を受けた。
 取材内容は、被爆稲を管理している様子を写真に撮った後、栽培を始めた経緯、今どのような気持ちで栽培を続けているか、そしてこれからも続けるか等々の聞き取りの他、被爆体験の語り部としての考えなどについて、いろんな角度から取材を受けた。
 雑談を含め、凡そ1時間。
 被爆稲栽培について取材を受けたのは、一昨年の長崎テレビに次いで、今回で2度目。

 新聞・テレビの取材でいつも思うことは、当然のことながら事実関係を必ず確認されるので、報道関係者の取材には気を遣う。

 被爆稲に実が入らない空籾が多いことは、遺伝子の損傷と言うよリ、「放射能によって新たな品種に変化してしまった」と言ったほうが当を得ているのかもしれない、と私は考えるようになった。
 そう考えると、放射能が人体に及ぼす影響はよく言われる健康被害の域を超え 、品種改良を目的とした遺伝子組み換えと異なり、計り知れない恐ろしさが潜んでいるように思えてならない。

 私はこの被爆稲を、「もの言わぬ原爆被害の生き証人」として、これからも気力・体力が続く限り作り続けるつもりでいる。 核兵器の恐ろしさを知るうえで、少しでも役立つことを願って・・・。


[PR]
by matutaka31 | 2014-07-30 21:34 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)

原寸大段ボール製蒸気機関車D51

 世の中にはアッと驚く非凡な人がいるものだと、今更ながら、つくづく感心させられる。

 先日、「福岡城とは何か」と題する、福岡市史講演会に仲間と参加した。
b0008825_13561741.jpg
講演会の模様

 日本の近代史における城の役割と特徴を見ながら、福岡城の存在を考えるのがテーマだったが、日本の城に関し造詣の深い3人の講師の話は、今までにない観点で福岡城について考察したのもで、大変興味深いものだった。

 講演会が終って、童心に返ってみたかったと言ったほうが当たっていると思うが、テレビニュースで見た「原寸大段ボール製蒸気機関車D51」が展示されているイムズに足を延ばした。
b0008825_14104762.jpg
重量感を感じさせる段ボールSL

b0008825_22563480.jpg
近づくと段ボール素材が良く見える

見た途端、ウームとうなりたくなるような、精巧な出来に驚いた。
黒色に塗っていれば、本物ではないかと錯覚しそうな出来栄えである。
一切着色していないので、段ボールそのもので出来ていることが良く分かる。

 誰が、どんな目的で、こんなものを作ったのか気になる。
 現場にいた職員に尋ね、また現場の掲示板を読んで、その作者の思いに敬服させられてしまった。
 非凡な人とは、まさにこんな人のことを言うのかもしれない。
b0008825_14111843.jpg
島 英雄のプロフィール

 作者「島 英雄」氏は、幼少時代からの「原寸マニア」。機関車のあらゆる部位の寸法を測っては原寸妄想を膨らましていた。
 東京で建築家をしていたころ病になり、絶望から救ってくれた食事療法のため、長崎県南島原に移住。そこで出会ったのが大量の有機野菜用の段ボール箱。 これだ!と思い、公園のD51の実測を重ね、実測部位1,000ヶ所、スケッチ300点、設計図・工作図500枚によって、1,700個のパーツを完成させたと言う。
 今年4月7日南島原市を出発し、各地で展示しながら現在福岡市で展示中。各地で展示しながら来年27年8月、東京の展示場に到着予定だという。
プロフィールに書いてある、「夢中でやるから、面白い。」は、私にも共感できる生き様だ。
[PR]
by matutaka31 | 2014-07-28 13:57 | Trackback | Comments(10)

菊池神社にまつわる史実 

 福岡市城南区の「菊池神社」を、先日仲間と訪ねた。
 あれこれ野暮用が多く歴史探訪が途切れがちになっているが、先日城南区は土地勘もないので、区役所を訪れ、区内の史跡を教えてもらった。
 区役所では、詳しい資料を見せてもらう等、親切に対応していただいた。

 いろいろ紹介していただいた中から、とりあえず「菊池神社」を訪ねた。
 調べているうち、菊池一族と博多とは時の政争を廻って関わりが深いことに気がつき、歴史的に大変興味深い史実があることを知った。
b0008825_14313668.jpg

b0008825_14331499.jpg

説明版には、「1831年、菊池氏の子孫で福岡藩士城武貞が墓碑を建立、1869年最後の福岡藩主黒田長智が、その忠勤をたたえ、この地に社殿を建立した」とある。

 鎌倉時代末期の武将菊池 武時(きくち たけとき)は、後醍醐天皇の密命を受けて、鎌倉幕府を倒すことを計画していたという。 後醍醐天皇は、鎌倉幕府を倒し、天皇が政治を行う体制に戻そうとしていたのである。
 菊池武時は、元寇の役で大きな功績を残したが満足な恩賞をもらえなかった不満もあり、倒幕を決意し、鎮西探題の北条英時を討とうと、筑後の少弐貞経(しょうににさだつね)や豊後の大友貞宗(おおともさだむね)としめしあわせるのであるが、土壇場で少弐貞経や大友貞宗の寝返りに遭い、目的を果たさず討ち死にしてしまう。武時の首はさらし首にされ、胴体を葬った胴塚の場所に菊池神社がある。
 
 菊池武時は討ち死にするとき、長男武重にあとのことを託し、国許へ返す。その後太宰府・博多は、菊池・少弐・大友、そして幕府探題を中心に他の武将も加わり、激戦の地となるのである。
[PR]
by matutaka31 | 2014-07-25 11:15 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)

摩耗

 家庭菜園を始めて、もう14年になる。
 その間、私の右腕として、一緒に耕し続けてくれた三又鍬。
b0008825_9354360.jpg
左:14年間使って凡そ10cm摩耗、右:買ったばかりの三又鍬


    磨り減ってしまって、可愛そうな姿に!
    力を振り絞って打ち込んでも、身の丈しか耕せない。
    もうこれ以上働かせるのは酷!

    新旧交代の時が来た。
    引退してもらうことにして、交代要員と仲良く写真撮影。
    お疲れ様!
    私の右腕として長い間働いてくれて、有難う!

      人間も、年とともに磨り減って、衰えていく。
      でも、金属と違って、人間には維持・再生能力がある。
      使うほどに、再生し、そして長持ちする。
     楽しみだ!
  





 
 
[PR]
by matutaka31 | 2014-07-23 09:49 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)

永井 隆 「いとし子よ」の一節

 間もなく69回目の、8月6日広島・9日長崎の原爆忌、そして8月15日がやってくる。
 先日、早乙女勝元氏の講演「戦争も原発も二度とくり返すまじ」の締めくくりに、永井 隆著「いとし子よ」 の一節が紹介された。

 
 私は今、戦争・原爆の悲惨さを語り継ぎ平和の尊さを学ぶ語り部として、小学校で戦争・被爆体験を話しているが、 語り終えた後、果たして自分の悲惨な体験談が、生徒の心に響いただろうか・・・と、いつも反省している。
そうした中、 永井 隆の「いとし子よ」(昭和23年10月発行)の一節をあらためて読んだ。
そして考えた。 「自分はこれほどの覚悟が出来ていただろうか、これほど自信をもって生徒に『戦争を繰り返してはいけない』と訴えているだろうか」と。

b0008825_2019599.jpg

 永井隆は、病床にありながら(昭和26年、43才没)、今の日本を見通していたのかもしれない。
 私はその一節を、自分自身への教訓として心に止めておきたいと思い、敢えてここに書き写しておくことにする。



b0008825_20224082.jpg

左の写真は、永井隆がこの世を去るまでの3年間を過ごした「如己堂」

この如己堂で書いた「いとし子よ」の「鳩と狼」の一節に、憲法9条に触れ、次のように書いている。

 『私達日本国民は、憲法において戦争をしないことに決めた。憲法の第九条は、「日本国民は、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」と決めている。どんなことがあっても戦争をしないというのである。(中略)

・・・これは善い憲法だから、実行せねばならぬ。
自分が実行するだけでなく、これを破ろうとする力を防がねばならぬ。
これこそ、戦争の惨禍に目覚めたほんとうの日本人の声なのだよ。
しかし理屈は何とでもつき、世論はどちらへでもなびくものだよ。
日本をめぐる国際情勢次第では、日本人の中から、憲法を改めて戦争放棄の条項を削れ、と叫ぶ声がでないともかぎらない。そしてその叫びが、いかにももっともらしい理屈をつけて、世論を日本再武装に引きつけるかもしれない。
そのときこそ、・・・誠一よ、カヤノよ、たとい最後の二人となっても、どんなののしりや暴力を受けても、きっぱり「戦争絶対反対」を叫び続け、叫び通しておくれ!
たとい卑怯者とさげすまれ、裏切り者とたたかれても、「戦争絶対反対」の叫びを守っておくれ!』 
と。

 まさに今の日本の姿を、66年前に見通していたことになる。
 折りしも日本の政権は、「集団的自衛権行使」を憲法9条の解釈変更で強行し、日本の進む方向を大きく変えようとしている。
 これを容認することは、近い将来、国益を守るという大義の下、「自衛隊隊員ひいては自分の身の回りの者が、戦争に巻き込まれて、血を流すことがありうることを覚悟したこと」だと私は理解している。

 戦争・原爆の悲惨さを経験したことがない世代が大勢を占める日本、日本がアメリカによって原爆の被害に遭ったことすら知らない、いや信じようとしない人が増えている今の日本。
 日本は今、後戻り出来ない誤った方向へ進みかけていることに、大きな不安を隠せない。
[PR]
by matutaka31 | 2014-07-18 13:59 | Trackback | Comments(10)

動物愛護とは

 日頃、野良猫の糞害に憤慨している者の一人である。
 綺麗に整地した場所を選んで糞をするし、座り心地の良さそうな布みたいなものに臭いおしっこをする。野良猫ばかりではない。明らかに飼い猫と思われる首輪をつけた猫もいる。
 追っ払うと、物陰に隠れたり、ひょいと垣根に上ったり、4~5m先の安全な所までちょろちょろ逃げた後、人を嘲笑うように見返している。
 まさに猫糞尿公害だ。

 ところが最近、この猫公害を上回る、人に損害を与える野生動物の被害が目に余るようになった。
 わが菜園での、最近の出来事。
b0008825_23301251.jpg
収穫間近のスイートコーン
どうやら犯人はカラスかあ~

b0008825_23325160.jpg
そろそろ収穫しようと思っていた矢先!犯人はハクビシンか


 近くに山があるとは云え、百万都市福岡の市街地での出来事。
 ハクビシンやあらいぐま、それに狸まで加わって、白昼堂々、野生動物が我が物顔で闊歩しているのが多くの住民に目撃されている。 どうやら野生動物にとって、住心地の良い場所らしい。

 市当局に対策を要請すると、「罠で捕獲してください。そして、殺さないで山に放してやってくださいと」と言うらしい。  これでは山に近い住民とりわけ農家にとっては、迷惑極まりない措置である。
 
  動物愛護法の目的には、「動物の愛護と動物の適切な管理(危害や迷惑の防止等)に大別でき、対象動物は、家庭動物、展示動物、産業動物(畜産動物)、実験動物等の人の飼養に係る動物」とある。
 
 まさか、この人間に危害(迷惑)を加える危険性のある、野生動物と共生を目指せとは言わないだろう。むしろ、積極的に駆除できるような知恵を授けて欲しいものだ。

[PR]
by matutaka31 | 2014-07-14 23:46 | Trackback | Comments(8)

似て非なるもの

b0008825_138165.jpg 

仲間との会話
「ズッキーニとキュウリは、似ているけど同じ仲間?」
「全然別のものだよ」
「だってどちらも、ウリ科でしょう?
「そのとおり・・・だけど・・・
ズッキーニはカボチャ属、キュウリはキュウリ属で、違うんだよ」
「なんだか難しいね・・・、属って何?」

                                
 太い方がズッキーニ、細い方がキュウリ


「高校の生物で教わった生物の分類、界・門・綱・目・科・属・種・・を思い出してよ。」
「もう忘れた・・・」(笑い)

種は世界中で同じものは一つもない、その品種固有の名前。
「科」が同じで次の「属」が同じであれば、同じ仲間。逆に「科」が同じでも「属」が違えば別の種類になる。

 「品種の特性は、夫々学名で表されるでしょう。その学名は属・種の二名で表される仕組みになっているんだよね」

「植物の場合もこの分類法で仕分けされるので夫々の違いは、この学名の最初に書かれている「属」を見ればわかるよ。」

学名
キュウリ(Cucumis sativus L.):ウリ科・キュウリ属のキュウリ
ズッキーニ(Cucurbita pepo):ウリ科・カボチャ属のぺポカボチャ

つまりズッキーニとキュウリは、同じウリ科であってもカボチャ属とキュウリ属に分かれるように、形は似ているけれど別物である。

「これ以上聞かないで・・・、ぼろが出るから・・・」


話は代わり、我家の庭に「ハマボウ」が咲いた。 
b0008825_13211847.jpg
雨に濡れて力強く咲くハマボウ


b0008825_1322565.jpg
花は「オクラ」とそっくり!
この違いはどうだろう。              
オクラの花→




では学名を見てみよう ハマボウは「あおい科」で、学名はHibiscus hamabo、つまり フヨウ(ハイビスカス)属の ハマボウ
一方オクラは葵「あおい科」で、学名はAbelmoschus esculentus、つまりトロロアオイ属のオクラ
科は同じでも、ハイビスカス属とトロロアオイ属の違いであって、いわゆる別ものである。

 私たちが日頃目にする植物には、花やその果実に大変よく似ているものがあるが、果たして同じ仲間なのか別物なのか・・・いろいろ思いをめぐらすのも、楽しみ方の一つであろう。


   
[PR]
by matutaka31 | 2014-07-11 11:57 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)

早乙女勝元氏の講演の後、博多山笠を見物

 7月5日(土曜日)、作家で東京大空襲の語り部でもある早乙女勝元氏の講演「戦争も原発も二度とくり返すまじ」を聴いた。
 今週から小学校での平和学習に参加するため、「被爆体験を語る」語り部としての心がけを学んでおきたかったから。

 氏の話は、戦争の悲惨さを語りながら、その悲惨な状況が再現しそうな今の日本の動きを強調しながら平和の尊さを考えさせる語り口で、大変分かりやすい内容であった。
 この講演で得たことは今後、私が被爆体験を語る上で大変参考になったので、これからの平和学習に活かしていきたい。

 講演を聴き終って仲間と、7月1日~15日まで繰広げられている博多祇園山笠を見物した。
 博多祇園山笠は、今年3月にユネスコ(世界無形文化遺産)に届出を出している、773年の歴史を刻む伝統のまつり。

 祇園山笠の見所は、18箇所の飾り山笠と、10日「流舁き」から始まる7つの舁き山笠である。
b0008825_18173067.jpg
川端中央街(表)智略軍師官兵衛

b0008825_18174657.jpg
川端中央街(見送り)ドラえもん

 飾り山笠は、17箇所と番外(櫛田神社)あわせて18箇所にあり観光客の目を楽しませている。
 勇壮な動の舁き山笠に対し、飾り山笠は静で優雅そのものである。

 土曜日とあって、川端商店街では博多小学校児童による舁き山笠が、オイッサ!オイッサ!の掛け声とともに勢い水を浴びながら商店街を駆け巡っていた。
b0008825_1824256.jpg
博多小学校の児童による舁き山

 小さな子供達が粋な締め込みをして真剣な眼差しで山を担ぐ姿は、数年後の大人の舁き手を思わせるに十分で、それを見守りながら指導する大人たちとの息もぴったり。
 博多山笠の伝統をつないでいく微笑ましい温かい雰囲気が漲り、見る人に感動を与えていた。

 博多の街は、15日午前4時59分の一番山笠「櫛田入り」に向って盛り上がっていく。


[PR]
by matutaka31 | 2014-07-06 18:18 | 思いのまま | Trackback | Comments(14)

大腿骨骨折による寝たっきり

 b0008825_14142440.jpg



昨日、大腿骨骨折で入院中の姉を見舞ってきた。
 姉はあまり足が丈夫でなかったので、日頃歩くのには人一倍気を配っていたが、それでも思いがけず転倒してしまったと言う。


 


一番心配したのは、転倒→大腿骨骨折→寝たっきり・・・こういうパターンだった。
 寝たっきり状態の「要介護」対象になっている人の中には、転倒・骨折が原因である人が意外と多いと聞くからである。
 でも病院の適切な処置のお陰で、手術後の経過も良く、現在歩行のためのリハビリ中。不幸中の幸いと思わなくっちゃ!
 ともあれ寝たっきりの事態は回避されそうで安心している。

 高齢の我々にとって心していなければならないのは、
 転んで骨折して「病気でもないのに寝たっきりになる」 ことである。
 このようになってしまうと、 本人もさることながら周りの人にとっても、悔やんでも悔やみきれない人生の結末になってしまうから。

 転倒して骨折さえしなかったら・・・そう悔やんでも遅いからその前に、何故転ぶのか転倒の原因を良く知っておくことが必要だと思う
 特に年を重ねるに従って転倒・大腿骨骨折の危険が増えるのだから、高齢者(特に女性)にとって転倒予防策が如何に大切なことであるかを常に考えていなければならない。

 転倒・骨折の主な原因は、多い順に「つまずいた」 「滑った」 「足がもつれた」「ぶっつかった」 「自転車で」 「段差の踏みはずし」の順になっているという。

 そのため私は、 転倒しないような体力を維持すること、特に「筋力アップ」 「バランス感覚の向上」 「骨粗鬆症の予防」 「柔軟性の向上」等に心がけている。

 具体的に何をしているかと云えば
    大極拳を続ける
    1日平均5km歩く
    エスカレータに乗らなくて階段を
    家庭菜園で体を動かす
    そして何事にも好奇心を失わず!、やりたいことをやる!

果たしてその効果は?  自分自身が主治医だから・・・。


 
[PR]
by matutaka31 | 2014-07-04 14:13 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)

日本一周歩く

 インターネットバーチャル「日本一周歩こうかい」に登録して、日本一周に挑戦中。
 6月末現在歩いた距離は、6,517km、日本一周8,955kmの72.8%になった。
b0008825_10433449.jpg

 6月に歩いた距離は153kmで、一日平均5.1kmとかろうじて目標の5.0kmをクリアーできて、内心ホッとしている。

 6月は野暮用が多く、3ヶ月連続の目標未達成になるのではないかと気になっていたが、何とかぎりぎりでクリアーできた。
 支えたのはやはり、「目標を達成しよう」の気持ちを持ち続けたことだろう。
「今日は歩いていないな~}と気づいたときは、わずかでも歩き続けるよう心がけたのが良かったのだろう。

 地図のうえで今、和歌山県みなべ町から御坊市に向っている。
b0008825_10311818.jpg

 この辺は私にとって、全く未知の世界。もうしばらく知らない町の一人歩きが続く。
 せめて各地のホームページを見ながら、その地域の観光を楽しむことにしよう。
[PR]
by matutaka31 | 2014-07-02 10:36 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)