<   2014年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

三日月山から立花山へ

 久しぶりに山登りを楽しんだ。
 “もう山登りは止めてしまったのか”とよく仲間に聞かれれるほど山に行く機会が少なくなってしまったが、実は野暮用にかまけているうちに仲間に見放されてしまったこともあるが、だからと言って一人で山登りするほどの山好きではなくなっていることもある。
  

 先日、20年近く山に登ったことはないが誕生日の記念に登ってみたいという仲間と、福岡市の東部に位置する三日月山(272m)と立花山(367m)へ登った。
 福岡市の中心部からバス・電車で30分ほどの場所に登山口があり、誰もがハイキング気分で手軽に楽しめる山があるのも福岡市の魅力の一つ。

 快晴無風という絶好の山登りには最高の条件に恵まれ、折りしも休日と重なり、家族連れや若者のグループが多かったが、中には単独で黙々と体を鍛えるためだと思われるような人たちが、思い思いに山歩きを楽しんでいた。

 私達は、西鉄バス「下原」停留所で下車、まず三日月山に登り、次いで立花山へ登るコースを選んだ。
 周りの草木や自然の情景を楽しみながら、お互いの体調に合わせてマイペースで、一歩一歩大地を踏みしめながらゆっくり登る。
 低山といえど、汗をかくので時々休んで水分を補給する。そのお茶の美味しいことこの上ない。まさに甘露!
 木に覆われた細い急な坂を登りきると広場が・・・、そこは頂上。
b0008825_20202056.jpg
福岡市市街地と博多湾を望む

 ホッとする気持ちと同時に、パッと360度の眺望が目に飛び込む瞬間の感動は高い山へ登ったときとさほど変らない。
 やっぱり山は良いな~と思う瞬間だ。
 眼下に広がる市街地や遠く若杉山や宝満山を望みながら昼食、その美味しかったこと!

b0008825_2005434.jpg


 
 
このポーズ、ちょっとお疲れ?
 いやいや美味しい弁当のお陰で、満腹・満足のポーズですよ!






 
これから尾根を少し下って立花山(367m)へ。

b0008825_20295065.jpg




立花山は楠木自然林の北限地。
 道端に大きな楠木が方々に見られる。 









立花山頂上からの眺望は,福岡市街地と博多湾を一望できる絶景!
b0008825_20314011.jpg
博多湾、人工島方面を望む その向こうには志賀島、玄界島、能古島が見える





 
[PR]
by matutaka31 | 2014-10-30 10:19 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)

旧交を温める

 地元の人たち、ボランティア団体の人たち、太極拳愛好家の人たち、パソコンや家庭菜園等趣味の人たち等々いろんな人との交わりが、私の定年後の人生を楽しいものとしてくれていることに感謝している。
 
 最近私が楽しいと思うことは、〇〇学校や職場の同窓会ではなく、 異業種を生きてきた人であっても定年後の過ごし方に共通の考えを持っている人との交流や、現職時代同じ釜の飯を食った人たちとの旧交である。

 中でも同じ釜の飯を食った人達との出会いは、10年・20年経ってもつい最近の出来事のように、苦楽を共にした思い出話が次から次へと止まることを知らない。
 私が現職時代に過ごした職場の先輩・後輩、知人・友人との交流は、多くが転勤族だったため北海道から沖縄まで全国に散らばっていて、最近では出会う機会も少なくなり旧交を温め合う機会も少なくなってしまった。

 先日、かって福岡で勤務していたとある時代、同じ職場で同じ仕事で苦楽を共にした、いわゆる同じ釜の飯を食った仲間のうち、現在福岡市とその周辺に住む仲間7名が集まって、久しぶりに旧交を温める機会に恵まれた。
b0008825_1584118.jpg

 元々8名集まる予定だったが、寄り合いの直前、この集まりを楽しみにしていた仲間の一人が、前日まで元気だったのに翌朝突然安らかに黄泉の世界に旅立ってしまったため、残念ながら7名の集まりになってしまった。
 (もっと大きな写真を出したかったが、最近とみに悪用される個人情報を考え、この程度の小さな写真になってしまった)

 集まりは、92歳で今なお元気な大先輩を囲み年齢差20歳の面々であったが、美味しい酒を酌み代わし、玄界灘の活きの良い魚料理に舌鼓をうち、時間が経つのを忘れてしまうほど大いに盛り上がった。
 

 話題はもっぱら、当時苦しかったこと、面白かったこと、楽しかったこと、目標を達成していわゆる達成感を味わったこと等々、当時の思い出話に花が咲き、当時の上司や後輩の関係はなく、お互いに先輩後輩として尊敬しあう間柄を保ちながら今を生き抜く一個人として尊敬しあう雰囲気に包まれ、あっと言う間に3時間近く過ぎ去ってしまった。

 同じ思いを共有しかつ同じ目的をめざす仲間、住む世界は別であっても、年齢が異なっていても、これが私の人生を豊かにしてくれる最も大切な仲間である。


 
[PR]
by matutaka31 | 2014-10-27 09:19 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)

夜のウォーキング

 余程のことがない限り毎日、何がしかの距離を歩くことにしている。
 そうしないと気が付かないうちに、ずり足になってしまうから。そして目標の一日5km達成のためにも。
 
 先日、最近ウォーキングに熱を上げている仲間を誘って、ナイトウォークを体験した。
 ナイトウォークと言えばカッコいいが、実を言うと博多の街でくりひろげられた「灯明まつり」を見て廻る、灯明ウォッチングのハシゴをしただけのこと。(^。^) 
 「灯明まつり」にはこれまで何度か出かけているが、今年はこれまで観たことのない博多ベイサイドから大浜、御供所町までのコースを選んだ。

 まずは博多湾の一角「ベイサイドプレス」で腹ごしらえをした後、志賀島、玄界島、遠くは壱岐、対馬方面へ旅立つ客船の停泊地を廻って、暮れなずむ博多湾を眺めながら海岸線を歩く。
b0008825_2022450.jpg
博多湾の一角にそびえる「博多タワー」、赤い照明がシンボル

b0008825_20243229.jpgb0008825_20251230.jpg
至る所に灯明が思い思いに置かれ、中にはそのデザインがはっきり見えるものと、何をイメージしているのか分らないものまで様々。
b0008825_20312021.jpg
博多小学校校庭に繰り広げられた博多にわか

b0008825_20314648.jpg
聖福寺境内、聞いたけどよく分らなかった


 灯明のない所は急ぎ足、そして灯明見物、そしてまた急ぎ足の繰り返し、涼しい気候で気分も快適。
 この日歩いた距離は、凡そ8km。、何時もの距離と比較できないが、よく歩いたものだと満足。
 これも一人だと、途中でいやになってしまうだろうが、仲間とお喋りしながら歩くので、いつの間にか8km歩いてしまった。
 たまには、こんなウォーキングもいいものだ!
[PR]
by matutaka31 | 2014-10-22 10:45 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)

故宮展

 b0008825_18163098.jpg
 


 先週、太宰府の九州国立博物館で開催中の「台北国立故宮博物院」特別展を、仲間と見に行った。
 中国の歴代に亘る優れた文物を収蔵した台北国立博物院の所蔵品の中から、厳選された110件を公開する文字通り特別展そのものである。 


 もう20年くらい前、北京の故宮を訪ねたことがあるが、そのスケールの大きさと展示物の多さに圧倒された記憶が甦るが、これから先、、国内で観ることはまずないだろうと思うと、この機会を逃したくなかった。
 混雑は予め予想していたが、ウイークディーだからさほどでもないだろうと思っていたのが間違いで、80分待ちの看板があり、長蛇の列が待っていた。

 やっとの思いで中に一歩踏み入れると、もう黒山の人だかりで、先になかなか進めない混雑ぶりに圧倒されてしまった。

b0008825_17203955.jpg 私達のお目当ては、なかでも門外不出の「神品」と言われる「肉形石(にくがたいし)」。 
 「じつは石!最高にリアルなご馳走」とパンフレットには書いてあった。
 よく観ると、皮の部分の色といい毛穴といい、実に豚肉の角煮を連想させる見事な彫刻である。

 
 「あまり見つめると、石が小さくなってしまいます!順に先にお進みください」と係りに催促され、押し流されながら見るだけで、じっくり観賞するような雰囲気ではなかったのが残念。

 でも、門外不出といわれる「肉形石」を、この目で観ることができただけでも幸せである。

 会場内は押すな押すなの大混雑、一つ一つをゆっくり観賞することは出来ず、ところてんみたいに押し流されるうちに、気がつけば出口にきていた。
 元々芸術品の価値を評価する能力はないのだが、展示されていた中国の歴代皇帝たちが選び抜いた、文明を象徴する美術品を観終わったときの感想は、「凄い」の一言。
 できることなら、もっとゆっくり観たかった。!
b0008825_1882940.jpg
九州国立博物館北側、 この静かな佇まいからは大混雑は想像できない


  
[PR]
by matutaka31 | 2014-10-20 17:45 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)

 台風19号が吹き荒れたあと、一気に秋の気配が強まった。
 辺りにはコスモスの花が咲き乱れ、町外れの道端にはススキの穂がそよ風になびいている。
 ウォーキングの途中それとなく目に入る一戸建ての庭には、柿やみかん等が色ずき、足早に近づいた秋を感じさせる。

 我家の庭にも秋の気配が・・・
 
b0008825_928598.jpg
早生温州みかん  居間からの眺め

 今年は、異状なほどたくさん実が着いたので、夏の間に摘果した。
 ところが 実が大きくなるにつれみかんがくっつきあい、大きくなりきれない。
 摘果が足りないと気が付いたが、日に日に大きくなるみかんを見ると、勿体ない気がして更なる摘果をする気になれなかた。
 このままだと小粒のみかんになってしまうだけでなく木自体が弱ってしまうことはわかりきっていても、少しでも数多く収穫したい気持ちが先にたってしまう。
 そこが素人とプロの分かれ目!

 
 結果はご覧のとおり、たわわに実ったみかんだが小粒のみかんばかり。 
 趣味でやっていることだからこれで良いのだと自分に言い聞かせながらも、小ぶりのみかんを見ると、もう少し大きい立派なみかんが採りたかったな~と、今になって中途半端な摘果に終ってしまったことを 反省しきり。
 多分、来年なるミカンは、極端に少なくなるだろう
 まさに自業自得!

みかんのそばには、秋明菊の純白の花が・・・。
b0008825_9551548.jpg

[PR]
by matutaka31 | 2014-10-16 09:45 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)

露地栽培の野菜は美味しい

 我家の家庭菜園では今、秋野菜の旬を迎えている。
 天候任せの自然栽培の野菜は、太陽を一杯浴び、時には強風にさらされながらも自然の風に煽られるまま、病気にも罹らず逞しく育っている。
 兎に角、グリーンが鮮やかで、見た目にも食欲をそそる。素人の家庭菜園にしてはまずまずの出来栄えであろう。

 とは言え順風満帆とは言えず、天敵の害虫には勝てない弱さがある。 生で食べる野菜が多いのでなるべく農薬は使いたくないが、自分より先に虫たちに食べられてしまっては情けないので、特に虫が多い場合に限り、幼苗の頃殺虫剤を使うこともある。
 それでも使ったの農薬や使用回数など素性がはっきりしているから、安心・安全で美味しい野菜と自信をもって、知人やご近所さんにお裾分けしている。

 台風19号が九州に接近して、明日直撃を受けるかも知れない。
 風に弱い菜っ葉野菜の被害が心配だ。
 今日、支柱をしたり、根元に土を寄せたり、強風対策を一通り済ませたが何処まで絶えられるか気がかり。
南の海上にそれることを祈ろう。

 
b0008825_1043798.jpg
癖がなく柔らかいサラダ菜

b0008825_1051262.jpg
これ以上伸びると茎が硬くなる・・・ミズ菜

b0008825_1054488.jpg
ピリッとワサビの味がする・・・ワサビ菜

b0008825_1062491.jpg
刻みネギにも使えるし、酢味噌で食べても美味しいワケギ


秋から冬にかけて旬を迎える
b0008825_108312.jpg
秋から冬に旬を迎える大根  間引きが遅れている

b0008825_1083234.jpg
これから結球する白菜

b0008825_109563.jpg
鍋物でも美味しいターサイ

b0008825_10152257.jpg
ホーレン草






 
[PR]
by matutaka31 | 2014-10-12 10:15 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)

80 20運動の目標達成か

 b0008825_14193397.jpg



 先日、凡そ3年ぶりに歯医者に行った。
 特別痛みがあったわけではないが、最近ツマヨウジを使うことが多くなったので、歯の定期健診のつもりで。



 
 歯石をとってもらい、クリーニングをしてもらった後、先生に聞いた。
 「今、何本残っていますか」
 「1本欠けているので、残り27本です」
 「今の状態があと何年くらい持ちそうですか」、と少し図々しいことを、良い答を期待して聞いてみた。

 すると流石に医者!・・・何年生きるか分らない人に、まともには答えない。
 でも、 (死ぬまでに)「総入れ歯になることはないですね」、とさりげなく、ありがたいご宣託。
 更に付け加えて、
 「このまま定期的に点検して管理していけば、綺麗な歯だから、まだ大丈夫ですよ。」と、
 定期的に検診に来なさいよ・・・と抜かりない。

 間もなく80才の大台に乗る私。 どうやら20本以上残ることは当確のようだ。

 
 「80 20(ハチマル ニマル)運動」と言えば、高齢者の方は既にご存知の、「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動。
 20本以上自分の歯があれば、食生活にほぼ満足することができると言われて、「生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」との願いを込めて、1989年(平成元年)より厚生省(当時)と日本歯科医師会が推進している運動である。

 私は、特別な管理をしているわけではないが、朝晩、食事の後に歯磨きをすること、外出時の食事の後は洗面所で、水を口に含んで「クチュ クチュ」と歯のクリーニングを行うようにしているだけ。
 そして内面的には、できるだけ野菜を食べるようにしている。
b0008825_13523018.jpg
このチューブは私専用。今年1月から使っていて、年内は持ちそう・・・

医者の勧めで、歯磨きには研磨剤が入っているので、1年間に使う歯磨きはチューブ1本くらいと極少量にしている。

 お陰様で、自分の歯で、少々硬いものでも思いっきり噛みながら、美味しく食べることが出来る。
 これも長い人生にとって、大きな喜びであり、これからの健康の源でもあると思う。
[PR]
by matutaka31 | 2014-10-09 14:09 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)

孫は優しい

 あるとき仲間から、突然の質問。
 『孫は優しい』とは、どうゆう意味か分りますか?と。
 「孫は可愛い」、とは言うけど、・・・あまり聞かないね。

 つまりこう言うこと・・・。
 語呂合わせ!もうお分かりでしょう。 健康に欠かせない食材の一覧!

   (豆)=豆類(大豆・インゲン・アズキ・ラッカセイ等)
   (ゴマ)=種実類(ゴマ・ギンナン・クリ・アーモンド等)
   (わかめ)=海藻類(ワカメ・コンブ・ヒジキ・モズク等)
   (野菜)=野菜類(ダイコン・ニンジン・ハクサイ・キャベツ等)
   (魚)=魚介類(アジ・サバ・サンマ等)
   (椎茸)=きのこ類(シイタケ・エノキダケ・シメジ等)
   (芋)=芋類(サツマイモ・ジャガイモ・ヤマイモ等)

 b0008825_23314757.jpg   
 確かに、バランスの良い食事の覚え方で、上手くできている。
 でもちょっと気になるね~・・・

 


だって、肉ともう一つ「百薬の長」がないと、片手落ちだと思わない~?(^。^)

b0008825_23341756.gifb0008825_23344115.gif


 私にはこれが加わって、健康寿命が長くなると信じているんだけど・・・。

 どれをとっても日本人にはおなじみの食材で、手に入れようと思えば何時でも手に入れることが出来る食材である。
 夫々の食材に含まれる成分の特長や効果を考え日頃の食事を心がければ、健康を維持できるに違いない。
 でも健康で長生きは、『言うは易し、行うは難し』・・・
[PR]
by matutaka31 | 2014-10-05 18:21 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)

高知県に入った

 インタ-ネットバーチャル日本一周ウォーキングの旅、いよいよ高知県に入った。
 高知県と言えば、47都道府県の内、不思議なことにこれまで一度も足を踏み入れたことのない唯一の県である。
 
b0008825_9263922.jpg


 桂浜、はりまや橋、よさこい祭り、皿鉢料理、坂本龍馬等々、観るもの、食べるもの、聞くもの全て新鮮に感じる所だから、一度はゆっくり訪ねてじっくりその味を噛みしめたいものだと思いながら、未だにその夢を果たせないでいる。
 自分の思うまま自由に動くことができるマイカーでの旅をイメージしているが、一方では自動車免許を返上しなければならない年が迫っているようでもあり、何時までも先送りと言うわけにはいかない。

 さて9月に歩いた距離は、1日平均5,17kmと、目標の5kmをやっとクリアーできた。
 目標の5kmを意識しなかったら、もしかしたら7・8月に続いて9月も達成できなかったかもしれない。やはり目標を持つことは、何事に置いても大切なことだ。
b0008825_9544558.jpg


 2,011年11月福岡を出発して3年10ヶ月で、6,987km、日本一周8,955kmの78%踏破したことになる。
 日本一周まで、あと1,968km。 1日平均5kmとして、あと394日かかってしまう。
 まだ1年以上も、1日平均5km歩き続けなければならない。まだまだ先は長い!
 来年末に日本一周完歩の祝杯をあげるため、一日一日を大切に、体を動かし続けなくっちゃ!

懐かしのメロディー
《ペギー葉山 南国土佐を後にして》

[PR]
by matutaka31 | 2014-10-02 10:01 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)