<   2014年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

旧伊藤伝右衛門邸を訪ねる

  NHK朝ドラ「花子とアン」で話題が復活した感がある、筑豊の炭鉱王伊藤伝右衛門と華族出身の柳原燁子(白蓮)の生涯に触れてみたいと思い、同じ思いの仲間を誘って、飯塚市にある「旧伊藤伝右衛門邸」を訪ねた。
 福岡の別邸「銅(あかがね)御殿」から移築したものという長屋門には、入り口に「旧伊藤伝右衛門邸」の札がかかっていた。
 重厚な門構えに似つかわしくない軽い感じの文字に違和感が・・・。

b0008825_14225776.jpgb0008825_14315685.jpg

  説明書に「この建物は筑豊の著名な炭坑経営者であった伊藤伝右衛門の本邸として明治30年代後半に建造。大正初期、昭和初期に数度の増改築が行われました。・・・見所は和洋折衷の調和の取れた美しさ、柳原燁子(白蓮)が伝右衛門の妻として約10年間を過ごしたゆかりの地であり、伝右衛門や白蓮に思いをはせる場でもある。」とあった。

 中に入ってみると、流石に炭鉱王に相応しい邸宅と庭、敷地面積:約2200坪、建物床面積:約300坪。
b0008825_14164487.jpg
正面2階が白蓮の部屋


b0008825_14172588.jpg
白蓮の部屋から庭の眺め、白蓮は日頃何を思ってこの庭を眺めていたのだろうか・・・。


b0008825_14325228.jpg
隠元書掛け軸

掛け軸は全く読めなかった。
説明書によると、右側は、「年を祝うは、時を惜しむにしくはなし。身を愛するものは学を侮るなかれ」、左側は、「忠孝吾家の宝、歴史は吾家の田」、とあった。

 建物の中の展示物は、伝右衛門と白蓮の足跡を見るようで、それまで知らなかった夫々二人の生き様が次第に明らかになり、ドラマや本などから知りえていた知識とは別の部分が見えてくる。
 伝右衛門の生涯は、成り上がり実業家のイメージと異なり、社会活動家としての意外な面が浮き彫りになり、白蓮も三行半で世間を騒がせた我侭な女性像のイメージから、最初の不幸な結婚から別れて今度こそ本当の愛を受けたいという思いで再婚したはずだったのに、宮崎龍介への思いが募る日々が・・・。

 ついでに「嘉穂劇場」を見物して、思い出と収穫の多い歴史探訪の一日が過ぎた。
b0008825_15203654.jpg
嘉穂劇場

b0008825_23102287.jpg
劇場内部






 
[PR]
by matutaka31 | 2014-11-30 14:26 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)

ひょうたん池の秋

 住宅地のど真ん中にあるひょうたん池、元々水田地帯の農業用ため池だったのが、ここ20年あまりで一気に住宅に囲まれてしまって、今では自然共生型ため池として水田用水の役割を残したまま公園化して地域の憩いの場所になっている。
 そのひょうたん池にも秋の気配が漂い、訪れる周辺住民も居ながらにしてに秋の趣を味わっている。
b0008825_10443615.jpg
シンボルの栴檀はすっかり落葉し、栴檀の実だけが一杯!
時折ヒヨドリが来て、その実を啄ばんでいる

b0008825_11155047.jpg

 
 自然を醸し出す池周りの葦、もう枯れてしまった。
b0008825_1011897.jpg


その傍で一段高いところから池を見下ろすように咲いている皇帝ダリアは、落葉した栴檀や枯れてしまった葦の中にひと際目立つ存在感がある。
b0008825_10455176.jpg
今年は何故か、例年より花が少ない

b0008825_1014241.jpg


花壇の植え替えも終った。
パンジー、ビオラ、ストック、アリッサム、ノースポールなど。これから来春に向けてひょうたん池花壇を彩る。
b0008825_1023015.jpg


花壇の傍では、魚柳梅(ぎょりゅうばい)が満開。廻りに花が少なくなるこの時期、ひと際目立つ存在。
b0008825_1036100.jpg
オーストラリア・ニュージーランド原産、ニュージーランドの国花


もう、水仙が咲き始めた。この水仙が咲き始めると、あ~もう水仙が咲く時期か・・・と、年末を否が応でも感じてしまう。そしてもう年賀状の時期か・・・と、関係ないことまで思い出してしまう。
b0008825_1048658.jpg

b0008825_1044229.jpg


池の鯉も、動きが鈍くなった。
b0008825_10483855.jpg
今月で給餌は終り、水温む来春までおあずけ。ちょっとかわいそうだけど、・・・。


先週今年最後の、「せんだんふれあい会」を行った。
b0008825_1051169.jpg
グリーンのジャンパーはボランティアスタッフ、 座ったままできる体操を楽しんでいる

野外で、自然を味わいながら楽しい一時を過ごしていただく「ひとり暮らしの高齢者」の集まりで、我々ひょうたん池花クラブが民生委員の協力を頂いて、誰の指図も受けず自主的に行っている。
野外で行うふれあい会だから、寒くなる12月~2月はお休みにする。

それでも我々「ひょうたん池花クラブ」の週1回のボランティア活動は、年末まで休むことなく続く。
地域の皆さんに「何時行ってもきれいですね」と喜んでもらうのが、遣り甲斐!

[PR]
by matutaka31 | 2014-11-27 10:04 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)

天拝山から天拝湖へ

 天拝山から天拝湖への道、一度歩いてみたいと思っていたがその願いが叶った。
 しかも紅葉の見頃に!
 天拝山と言えば、その昔は「天判山」と呼ばれていたらしいが、菅原道真が太宰府に左遷された後、無実の罪を晴らすためにこの山頂に立ち、天を拝んだという伝説から、「天拝山」と呼ぶようになったという。

 仲間と麓の公園から登り始めたとき出会ったご婦人に、「この中の方に入ると紅葉が素晴らしいですよ」と教えていただいた。
 教えられた場所に入ると、そこは登山口の様相と全く違う、紅葉の楽園が広がっていた。
 「こんにちは!」の一言から始まった短い会話が産んだ、思いがけない素晴らしい紅葉との出会。その挨拶がなかったら、多分、見過ごしてしまったことだろう。
 運と言うかチャンスは、自らつかむもの・・・。まさにその言葉どうりの出来事!
b0008825_23365338.jpg


 その紅葉の様子をアルバムにした。
     天拝山から天拝湖へ

 天拝山頂上(258m)からの眺望も素晴らしい。
 左方面には博多の街・博多湾を望み、正面眼下に太宰府市街地を一望,その奥にそびえる宝満山(829m)

b0008825_23401852.jpg


 展望台で一休みした後、いよいよ天拝湖へ向って歩く。
 アップダウンがある稜線の山道は、それまでの散歩道を思わせるなだらかな坂とは打って変わって、変化に富んだ狭い道が続く。
 出会う人も少なく、ヒヨドリの鳴き声を聞きながら、山歩きの雰囲気を楽しむこと凡そ1時間あまりで天拝湖へたどり着く。 距離にして凡そ2,5km。もう1時を過ぎていた。
 
 天拝湖は、筑後川の水を溜める福岡市の水がめで、市民の命の泉である。
b0008825_23463590.jpg
湖畔にたどり着くと、それまでとは一転した展望が広がる


 広々した湖畔の芝生に腰を下ろし、青空の下で昼食。その弁当の美味しかったこと!舌鼓を打つとはこのことを言うのだろう。
 満ち足りた体をゴロンと横たえ、真っ青な空を見上げると、福岡空港を飛び立った飛行機が次々に姿を現し、やがて大空の彼方へ消えていく。 充実の一時である。
 太陽が西に傾きかけたので、去りがたい気持を抑えて、湖畔の道をバス停がある山口の町へ向う。
[PR]
by matutaka31 | 2014-11-23 21:33 | Trackback | Comments(8)

糸島の風物詩 牡蠣小屋

 地元の歩こう会11月の例会は、「晩秋の糸島路と牡蠣小屋を訪ねる」だった。
 晩秋から冬にかけて、玄界灘に面した糸島市のあちこちの漁港では「牡蠣小屋」のテントが並び、多くの観光客が新鮮な旬の牡蠣に舌鼓を打つのが、今や糸島の風物詩になっている。
b0008825_19212456.jpg
牡蠣小屋のある風景


 我々メンバーは、筑肥線大入駅で下車、福吉港までの約3kmを、稲刈りが済んだのどかな田んぼ道を、世間話を思い思いに語りながら牡蠣小屋を目指して、のんびりウォーキングを楽しんだ。
 福吉港には、4軒の牡蠣小屋があった。
 ここの牡蠣小屋は、「牡蠣や貝類・海老など海の産物以外は、持ち込み自由」で、我々愛飲・健啖家には嬉しい!
b0008825_19383675.jpg
牡蠣を焼く、手前はさつま芋をホイルで包んで焼く

b0008825_19254272.jpg
牡蠣は一休み、海老や持込の野菜を焼く


 我々のテーブルは、小屋が提供する牡蠣をメインにした活き海老とサザエの海の幸と、持ち込みのピーマンや玉ねぎキノコと純米酒等山の幸という、絶妙のコラボが生み出す雰囲気で一気に盛り上がる。
 昼間というのに、全員適度な日焼け?でご満悦!
 ちなみにこの日の代金と言えば、一人当たり、牡蠣600g、活き海老1尾、サザエ1個で1200円。
 これで程よい酔と満腹で大満足!
 牡蠣小屋を出て、港周辺を散策し、福吉駅まで歩いて岐路の電車に乗る。
 まさにウォーキングと言うより牡蠣三昧の一日、これも気の合った仲間なればこその楽しい一日!

 そこで牡蠣小屋で仕入れた「牡蠣焼き」のコツをご紹介しておこう。
b0008825_19235690.jpg
  どのように焼こうが勝手!と言う方もあろうかと思うが、どうせ食べるなら美味しく食べたいもの・・・。
  まずは、平たい面を下にして、2~3分焼く。 牡蠣からブズブズ水が出てきて、口が開いたらまずはOK。
 焼けても口が開かない牡蠣もあるので、 火の強さにもよるが、しばらく待っても殻が開かない場合は、手で 備え付けのナイフでこじ開ける。
  片面が開いたら、ひっくり返して、もう片方を焼く。この時汁がこぼれてしまうが、心配後無用! 残りの片面を焼いているうちに汁が出てくる。
 この片方を焼くときに、お好みの味を加えるのも牡蠣小屋ならではの楽しみ方。
 我々は持参した柚子やカボスの果汁を絞り込んで、香ばしい牡蠣の味を満喫した。



  
[PR]
by matutaka31 | 2014-11-21 18:20 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)

原爆被害体験を語り継ぐ

今年も主に小学校に於ける平和学習に参加し、原子爆弾と戦争の悲惨さを生徒に話して聞かせる「語り部」の活動をしてきたが、今年の学校での証言活動は、先週でひとまず終わった。
b0008825_1815755.jpg
小学生に被爆体験を話す


  ある学校の校長先生が「今の子供は日本がアメリカと戦争をしたことが、なかなか実感できないようです。原爆被害や戦争のことは、体験していない先生の話では生徒達もピンと来ないようで、実際体験した方の話が大切です。」と話されたことが印象に残っている。

 親も先生も、戦争を体験していない世代になってしまった現在、単なる知識や映像だけでは、被爆の悲惨さを、今の子供たちに理解させることが如何に難しいかを物語っている。

 学校での被爆証言をしながら思うことは、平和な社会が当たり前になっている今の子供達に、戦争の悲惨さや原子爆弾の桁外れの破壊力や非人道性を分かってもらう努力が如何に大切なことであるかを痛感する。そのため私は、原爆の恐ろしさをできるだけ具体的に話をすることにしているが、被爆者でなければ話すことが出来ないことを話をすると、生徒の目が輝くことを度々経験する。

 被爆体験者が高齢化し、このまま語り部が少なくなってしまうと、何れ戦争と原爆の悲惨さは風化してしまい、いつの時代か、日本がまた戦争に巻き込まれてしまう時代が来るのではないかと思うと、本当に空恐ろしくなってくる。

 私が語り部のやり甲斐を感じるのは、生徒の真剣な眼差しを感じた時と、先生から「私達も勉強になりました」と感謝されたとき、さらに生徒の真面目な感想文を読んだ時である。
b0008825_18134276.jpg
被爆者の集まりで、我々の活動状況をプロジェクターを使って説明する


 今日は、熊本県内の被爆者8人が原爆症の認定を求めた第2次熊本原爆症訴訟で、熊本地裁が、原告8人のうち5人について原爆症の認定申請を却下した国の処分を取り消し、原爆症と認めた判決に対し、被爆者・国双方から控訴された福岡高裁での第1回口頭弁論を傍聴してきた。
b0008825_18182369.jpg
福岡高裁前での集会

 国側の控訴理由を聞いていると、原爆被害の悲惨さが既に風化してしまっているかのような印象を受けてしまった。
 私の被爆体験を後世に語り継ぐ活動は、これからも命ある限り、絶えることなく続くであろう。

[PR]
by matutaka31 | 2014-11-17 18:17 | Trackback | Comments(6)

石橋美術館

 子供の頃絵を描くのが本当に下手で嫌いだったし、絵や彫刻に関しては知識も何も持ち合わせないずぶの素人の私が、今では時々、美術館や博物館に出かける。

 有名な絵画や美術を、一目見ておきたいという好奇心がそうさせているのかも知れない。
それでも観た瞬間、なんとなく良いな~と思ってしまうので、どうやら観るのは嫌いではないらしい。

 先日、久留米市にある「石橋美術館」に、仲間と出かけた。
 何故わざわざ久留米まで?
 理由は至って簡単!
 久留米市の石橋美術館を運営する石橋財団が、同美術館に収蔵している美術品約960点を2016年9月末までに東京のブリヂストン美術館に移すことが決まったと報道されたので、久留米市出身の青木 繁や坂本 繁二郎等有名な画家の作品を一度をゆっくり見ておきたかったから。
b0008825_2039163.jpg
石橋美術館

「久留米の人は、旅行者に優しい」ということを聞いたことがある。
その噂を裏付けるような人に、偶然出会った。
西鉄久留米駅構内の売店で、石橋美術館への道順を聞いたとき、店員さんが方向を指差しながら道順を教えてくれた。
有難う、とお礼を言って歩き始めたとき、一人のご婦人がスーッとそばに来て、「あれでは分らん!私についておいで」と頼みもしないのに、見通しのいいところまで道案内をしてくれた。
やはり噂どおり、久留米の人は優しかった。

 美術館の中は評判どおりで、ウイークデーだったこともあり、ゆっくり観賞できて良かった。流石に石橋財団の力を示すものだと、感心させられた。

 美術館もさることながら、自然豊な公園の素晴らしいこと、まさに久留米市が誇る公園だけに、広大な敷地は市民の憩いの場で、芝生に仰向けに寝転んでゆったりと流れる雲を眺めていると、街中の雑踏を忘れ、夢の世界へ引き込まれるような、不思議な気持に包まれていく。

ふと仲間が、流石に石橋! 石・橋、ブリヂストンとつぶやく。
何気なく聞いていた私は、ハッと我に返る。ブリヂストンと言えば、世界的に有名なタイヤの名称。

 言うまでもなくブリヂストンの由来は、郷土が生んだブリヂストン創業者の石橋正二郎にちなんだもの。
 石「ストーン」と橋「ブリッジ」を語呂が良いように「ブリヂストン」としたものである。

 話は弾み、毎月多額の小遣を息子に与えた母親(石橋正二郎の長女)や、その小遣が命取りなった息子のことなど、つい余計なことまで思い出してしまった。
[PR]
by matutaka31 | 2014-11-13 18:21 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)

福岡市民マラソン

 昨日(9日)、第1回福岡市民マラソン(福岡マラソン2014)が行われた。
 抽選で選ばれた約12,000名の参加者は、福岡市天神をスタートし、福岡都市部や風光明媚な海岸線を走りぬけ、糸島市初をゴールとするフルマラソンに挑戦した。

 国内外の有力選手が出場する福岡国際マラソンとは異なり、この市民マラソンはタイムを争うと言うより楽しみながら自分自身の記録への挑戦であるためか、自己主張をしながらマラソンを楽しんでいる様子で、沿道の観衆から暖かい応援を受けながら、元気よく走り抜け、応援する人に感動と元気を与えていた。

 私は自宅から徒歩約15分ほどの国道202号線沿いの、スタートから約15kmを過ぎた辺りで応援した。
 その場所にたどり着いたときには、既に先頭集団は駆け抜けていたが、後続のランナーが次々に目の前を走りぬけていた。
 国道と言っても2車線の道路だから、ランナーと観客の距離が短く、目の前を大勢のランナーが走りぬける様は、迫力満点で見ていても楽しい。

b0008825_2035338.jpg

 真剣な表情の人、苦しそうな人、笑顔で愛嬌を振りまく人、仮装姿で観衆を喜ばせる人,笑顔で沿道の人達とハイタッチをしながら走り抜ける人等々、実に表情豊なランナーを見ていると、なんだか自分もその一員になれるような錯覚を覚えるから不思議だ。 実際は100mも走れないのに、・・・。(^。^)

 ランナーと沿道の応援者そして陰で支えたサポーターたちが心を一つにして盛上げた、大成功の市民マラソンであった。

沿道を沸かしたパフォーマンスタップリの仮装ランナーを追っかけてみたので、その中の何枚かを紹介しよう。
b0008825_20382059.jpg

b0008825_2038488.jpg

b0008825_20391236.jpg

b0008825_20393050.jpg

b0008825_20394630.jpg

b0008825_2040143.jpg

b0008825_20402922.jpg

b0008825_20413797.jpg


 よくもま~こんな格好で走れるもんだな~と思いながら応援していると、一瞬、仮装行列を見ているような錯覚を覚える。

新聞報道から、当日のデータを取り纏めてみた。
フルマラソン参加者10,173人 うち制限時間7時間内の完走者9,898人完走者率97,3% 
        最高齢者は89歳の男性
5,2kmのファンラン参加者1,979人 (ファンランとは、fun(楽しむ)とrun(走る)を組み合わせた造語。)
5,2kmの車椅子参加者 4人
[PR]
by matutaka31 | 2014-11-10 20:43 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)

野菜作りも楽しい

 野暮用に明け暮れしているうち、投稿材料はあるのに、もう1週間もブログ更新に穴が開いてしまった。
 ボランティア団体の会議出席、太極拳教室、趣味の家庭菜園、歴史探訪など出かけることが多く、家でゆっくりすることのない1週間だった。
 でもこの忙しさが私の元気の源であり生き甲斐でもあり、楽しき哉我が人生!である。

 家庭菜園の作業は、足早に過ぎ行く時の移ろいを気にしながら、時期を失しないよう何とか面目を保っているが、雑草と害虫対策は、何時もと同じように後手後手に廻ってしまう。
b0008825_9594418.jpg
結球し始めた白菜、虫が美味しそうに食べた後が・・・

b0008825_1025473.jpg
雑草が目立つ、食べごろのワケギ。湯がいて酢味噌で食べると酒のつまみに最高、


 サツマイモの収穫時期が来ている。去年はのんびりしているうち霜に遭って、収穫後大分腐らせてしまった苦い経験があるので、今年は早めに少しづつ収穫している。
b0008825_109982.jpg
甘くて柔らかい安納芋、実が黄色で焼き芋・蒸かし芋どちらでも美味しい

 サツマイモ大好きの私は、ほとんど毎日食べる。
 その他子供に送ったり、ご近所さんや知人にお裾分けするなど、消費拡大に健闘中(^。^)


 サツマイモは、子供の頃経験した食糧不足時代の代用食の優等生だったので、今でもそのありがたさは忘れられない。
 私は今、原爆と戦争の語り部をしているが、教室に自分が作ったサツマイモとその蔓をもって行き、今の子供たちに当時のサツマイモの思い出を、実物見せながら話して聞かせると、最初は「信じられない」というような顔をするが、お米なんか食べることが出来なくて、サツマイモを腹一杯食べることができたときは本当に幸せだったと話すと、子供たちが真剣な眼差しに代わり、戦争の悲惨さをじっと噛みしめている様子が伺える。
 その語り部の今年の活動も、来週で一通り終る。

 ほうれん草やブロッコリー、小松菜、ターサイが元気で育っている。
 これから我家の新鮮・安全野菜として、そして栄養源として食卓を賑わせてくれるだろう。
b0008825_10263589.jpg
元気に育つターサイ


 
b0008825_10265946.jpg
柔らかく伸びてきたほうれん草

[PR]
by matutaka31 | 2014-11-08 10:41 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)

御荘町から宇和島へ

 日本一周(インターネットバーチャル)、今、愛媛県御荘から宇和島を目指している。
b0008825_10343019.jpg

この辺は、全く未知の世界。
でもこの「御荘」(みしょう)の名前が、何故か気になった。
 早速、インターネットで検索してみた。
 やはり予感は的中した。
 その地名の由来は「当町域一帯は古くは延暦寺領観自在寺荘であったが,観自在寺が開発した寺領を,当時本寺であった延暦寺に寄進して荘園となったものとみられる」とあった。

 延暦寺と言えば、織田信長による焼き討ちに思いが連なる。
 当時の延暦寺と荘園、そして信長による延暦寺焼き討と想像が広がり、ネットサーフィンをしているうち、図らずも当時の延暦寺のことや焼き討ちに至った経緯を改めて見直すことになった。
 インターネットの面白さであり、楽しみ方でもあろう。

 さて、10月に歩いた距離は172km、一日当たり5.6kmになり、目標の5kmを何とかクリアーできた。
 日本一周8,955kmのうち7159km(80%)までやってきた。目指すは来年末までに博多に帰り着くこと。
b0008825_10505220.jpg

 我家の周辺では今、あちこちツワブキの黄色い花が咲いている。
 多分四国のこの辺りでも、道端でひっそり咲いていることだろう。
b0008825_1144382.jpg

 この花が咲くと、もう晩秋!そして紅葉の時期がもうすぐやってくる。
 好天が続く11月!
 参加する行事の多い月だけど、時期を見計らいながら、紅葉を見物にも出かけよう。
 そして季節の変化を肌身で感じながら、晩秋のウォーキングを思う存分楽むことにしよう。
[PR]
by matutaka31 | 2014-11-02 10:52 | 思いのまま | Trackback | Comments(12)