<   2016年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

朋遠方より来る

 久しぶりに大学時代の朋友が、鹿児島から訪ねてきてくれた。
 新幹線でやってくるというので、懐かしさもあり、博多駅で出迎えた。
 互いに大学は東京で卒業後は、東京で別々の職場へ進んだ仲。引退後彼は郷里の鹿児島へ、私は福岡へと移り住んだが、交流はずっと続いている。

 今回は3年ぶりの再会。3年前は鹿児島で会ったので今回は彼が福岡を訪ねてくれた。
 時折気が向いたときに、交互に鹿児島と福岡で顔を合わせる習わしがごく自然にできているのも、気の置けない朋だからこそ、と思っている。
 気心が知れた仲だから、ゆっくりくつろげる場所がいいだろうと思い、天神の行き付け居酒屋でゆっくり酒を酌み交わしながら、旧交を温めることにした。
 月末の花金で混雑する時間帯であったにも関わらず、店長の計らいで、ゆっくり過ごすことができてよかった。

b0008825_11511517.jpg その朋とは、大学4年間を共にしたが、、彼には失礼かもしれないが、焦らず、慌てず卒業単位をそこそこに習得した、貧乏学生の遊び仲間といった方が当たっているかもしれない。でも、不思議に馬が合う仲である。
 だから、久ぶりの再会であっても、肩がこるようなこともなく、「よお!元気そうだね」と気軽なあいさつで済む仲。
 
 お互いの毎日の様子、健康のこと、大学同期の仲間のこと、話は尽きない。そして楽しいひと時が流れる。
 気が付いたら、3時間余り過ぎていた。
 元気でひざを突き合わせて酒を酌み交わすことができるのは、最高の幸せである

 思い出すのは論語の一説、「朋あり遠方より来る、また楽しからずや」である。

 定年後、趣味の傍ら志を同じくするグループのボランティアに明け暮れる今、心が通い合う仲間との触れ合いはこの上ない楽しみであり、生きがいを実感させてくれる幸せなひと時である。
 久しぶりの朋との再会は、その幸せをさらに上積みしてくれるひと時であった。

 先日、横浜の友人(現職時代の)から、久しぶりに近況報告のメールが届いた。また楽しからずや。
お・わ・り

[PR]
by matutaka31 | 2016-07-30 10:01 | 思いのまま | Trackback | Comments(3)

花壇の水やり

 梅雨明けと同時に、私たちのボランティアグループにとって、忙しくなることがある。
 それは花壇の水やり! 7月から10月まで4カ月間続く。
 私たちのボランティアグループ「ひょうたん池花クラブ」は、活動開始以来11年間この時期、花壇の水やり作業を欠かさず続けてきた。
b0008825_15165040.jpg
いつも四季折々の花が咲いている

 水やりは、特定の人に負担がかからないよう、2人一組の当番を編成して、全員で助け合い、欠かすことなく自主的に実行される。

 水やり作業は早朝または夕方、2人でエリアを分けて散水するが、およそ40分くらいかかってしまう。
 夏の暑いさなか、さぞ大変だろうな~と思われる向きもあろう。
事実、大変な負担になる。
 特に主婦にとっては、水やりに好ましい早朝または夕方の時間帯は主婦業も忙しい時間帯と重なるから、出来ることなら勘弁したもらいただろう。しかも30度を超す暑い日で疲れも重なる年頃の人も多いので、なおさらのこと。
 でも、みなさん不満を顔に出さず、快く参加していただけるので助かる。
b0008825_15182043.jpg
クラブ会員の気持ちを象徴するかのように、ヒマワリが元気よく


 このような自主活動が育まれた背景には、会員が活動の目的をしっかり共有し、その活動に自信と誇りを抱いているからである。つまり、
  「ひょうたん池を訪れる人たちの心が和むよう、四季折々の花を咲かせよう」そして 「このひょうたん池を地域の憩いの場に育てよう」である。
  年が変わり人が変わっても、この活動ポリシーは変わることなく受け継がれている。

b0008825_1519218.jpg
エントランスでは、和やかにきれいな花が出迎える


 この時期街中を歩くと、道端に花壇が並ぶ。
 道行く人は「きれいだな~」と思いながらも、その陰で水やりはじめいろんな管理作業がなされていることに思いは及ばないだろう。
 とりわけこの時期の水やりは、花にとって生命線なのだ。
 自ら土壌水分を吸い上げる以外に生きる道はない花にとって、生きるすべは雨が降るか人の水やりに頼るしかない。
b0008825_15202630.jpg
池の側で涼しさを醸し出す百日紅(サルスベリ)の花


 花壇に花を植えるのは簡単で誰にでもできる!でも、その花を長く咲き続けさせ本来の美しさを表現させるるのは、管理する人の気持次第である。
 植えっぱなしにして今にも枯れそうになっている花壇を見る度に、植えた人やその周りの人たちの気持ちが現れているようで、心が痛む。
 ちょっと気を配り、水をかけてあげれば、きれいな街に生き返ることができるのにな~と・・・。
b0008825_15594988.jpg


ポケモンがひょうたん池にも現れた! きれいな花に魅せられたのかな~ 003.gif

お・わ・り

 
[PR]
by matutaka31 | 2016-07-25 15:37 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)

ロス現象

 月曜日のインターネットニュースを見て、ウ・・??と目をこすった。005.gif

 タイトルに「真田丸」でまたロス 豊臣秀次悼む声続々「秀吉とのすれ違い悲しい」と書いてあった。
 一瞬、何のことか解らなかった。
 でも次の文章を見て、何となくそのロスの意味がぼんやりイメージできた。
 日曜夜のNHKドラマ真田丸を観ていたから。

 b0008825_14364761.jpg

 17日に放送されたNHK大河ドラマ「真田丸」で、豊臣秀吉のおいで関白の豊臣秀次(新納慎也)が自害。
ツイッター上では秀次を悼むコメントがあふれた、と。



 これは一例だがこのロス、最近頻繁に使われているらしい。しかし私には「蚊帳の外」。
 蚊帳の外と言えば、最近の若者には通じないかもしれない003.gif


 このように「ロス」という言葉に限らず、今まで聞いたことがない言葉が次々にインターネットやテレビ画面に踊る今日のこと、無関心ではいられない。
 「ロス」という言葉はどんな場合に多く使われるのだろうか、と妙に複雑な気持ちになってしまう。

 分かりやすいのが「ペットロス」だと、インターネットでつぶやいていた人がいた。
 つまり、可愛がっていたペットに死なれて生きる意欲も喪失すること、だと。

b0008825_1515921.jpg
 そういえばペットに死なれて生きる意欲を無くしてしまった人が意外に多いという。  
 人間同士の触れ合いより、物言わぬ忠実なペットに生きがいを感じる人たちが多くなっている社会をどう見ればいいのか。複雑な気持ちになる。

 


解らない言葉は、こればかりだけではない。
 「グラブる 」、 「ポケモン」、「おたく 」・・・限りなく出てきそう。009.gif 
 一々気になる言葉だけど、その意味を理解しようとすると、決まった定義はなく、いろんな見方があるようだ。
 私にはどうでもいいのだが、ある程度理解しないと時代についていけない。
 こんな訳の分からない言葉についていくのがしんどくなる。008.gif

お・わ・り

[PR]
by matutaka31 | 2016-07-22 14:57 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)

被爆体験を風化させない

 今年も8月15日が近づいた。
 そして8月6日の広島、8月9日の長崎の71年目の原爆忌が、・・・。

 先日、ある高齢者の集まりで私は、原爆の被害と終戦前後の暮らしを話題にした。
 8月15日は終戦の日・・・、これはみなさんよくご存じのこと。
 ところが8月6日、8月9日は何の日かと問うと、原爆に遭った日と即座に答えた人は、意外に少なかったことに、一瞬驚きを隠しきれなかった。
  
 世界で唯一の被爆国であるだけに、しかも年齢が私とそれほど大きく違わないので、原爆に遭った日だということをとっさに思い出してもらえると思い込んでいた私にとって、反応の鈍さは想定外のことだった。
 この一件で、どうのこうの言うのは早計であるが、私たちが恐れている戦争や原爆被害の事実が想像以上に風化している現実を垣間見たような気がした。
 安保法案や憲法改正問題が、選挙の争点として盛り上がらない訳が見えてくるようである。

b0008825_21183282.jpg
 
 今年も私は、長崎で原爆の被害に遭った、被爆稲の71代目の子孫を栽培している。
 作り続けて11年目になる。
 なぜ続けるのか?
 それは放射能の被害を受けた稲の子孫だから、多分今年も、実らない空籾が多いことだろう。その行方をしっかりこの目で見届けたいから。
 そして私自身、何よりも原爆被害を風化させないため。
                                       
おわり

[PR]
by matutaka31 | 2016-07-19 21:08 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)

7月なのに藤の花が咲いた

 4月にきれいなスダレ状に咲いた藤棚に、7月の言うのにまた花が咲いた。しかも1~2輪の狂い咲とはちょっと様子が違う。
 我々ボランティアクラブがいつも花壇管理作業をしている「ひょうたん池」でのこと。
 原因は何だろう??
何かが起こる前兆では?・・・と冗談まで飛び出す。
b0008825_14469.jpg
スダレの長さはそれほどでもないが、誰もが気が付く咲きよう

 
 藤の花芽の分化は7~8月に進むといわれるので、今まさに花芽の分化が進んでいるはずである。だから普通では、花が咲く時期ではないのだが・・・。
 考えられる原因としては、早めにできた花芽が何かの刺激で、開花に及んだのだろう。

ネットで情報を検索してみた。
 『6-7月に分化した花芽の、充実した先端だけが翌年が待ちきれずに開花してしまう』という説があった。
 待ちきれない要素とは何か?そこには触れていない。

 藤は6~7月にかけ勢いよく栄養成長を続け、徒長枝(蔓)が伸び放題となる。そのため新たに形成される花芽に日当たりと風通しをよくし「生殖生長」を促すため徒長枝(蔓)の剪定を行うが、その剪定を7月1日に行った。

b0008825_14412599.jpg
 
 この剪定によって、新たに分化した花芽が一気に充実し、寒暖の急激な変化などの気象条件も重なり、季節外の開花につながったのではないかと推測するのだが、花芽の形成・分化・開花に至る間の環境条件など複雑な要素によって開花に至ることを考えると、果たしてそんなに単純なことだろうかと、自問自答を繰り返している。



 時期外れの開花の理由はともかく自然界は、人間があまり感じない程の微妙な環境の変化に敏感に反応する。
 そのため自然界の変化が逆に、地球上の環境がいかに変化しているかを、人間に教えていることを忘れてはいけないと思う。

 最近、これまでになかった気象条件が次々更新されている。 これまで異常気象と言われてきたことが今では、当たり前になってきているこの頃、その原因は自然の変化ではなく、人間が作り出しているのだ。
 これから50年~100年先、地球の環境はどうなっていくのだろうか。このままでは我々が経験したことのない過酷な生活環境を強いられるのは間違いない。

お・わ・り

[PR]
by matutaka31 | 2016-07-16 14:16 | Trackback | Comments(6)

勝敗

 8対5・・・スポーツの試合結果ではなく、これは今年わが菜園で起きたスイカをめぐる、姿を見せない野生動物との知恵比べ勝敗である。

 これまでに無事収穫できたのは5個、野生動物の餌食(ご馳走)になったのが5個、難を逃れて生き長らえているのが3個あるので合わせて現在の勝敗は8対5。
 数字は勝が上回っているけど、実質的には今年も野生動物に惨敗したに等しい。
 なぜなら今年は万全の防御策を施したと思っていたのに、まんまとスキを突かれた格好だから。敵の薄笑いと舌なめずりが目に浮かぶ。

b0008825_2101250.jpg
兵どもの宴のあと


b0008825_2115075.jpg

 スイカの皮を細かく食いちぎっている.
 写真に見るように、食べ方を見ると、明らかに鋭い歯でかじっている様が伺える。その食べ方の特徴から、敵はハクビシンに違いないと確信。


b0008825_2132513.jpg
見事にスイートコーンを完食

スイートコーンは快勝とはいかないが、被害に遭ったのは2個だけで、およそ20個は収穫できたので20対2のコールド勝ち。
 カラスの襲来を意識していたが、被害の状況から推測すると、どうやらスイカと同じハクビシンではないかと勝手に想像。

 住宅地の家庭菜園といえど、最近は野生動物の被害は深刻002.gif

 一時評判になった二本足の夜盗とは様変わりで、今は姿を見せない野生動物の被害に悩まされる。
 近所の家庭菜園では今年、カラスの被害よりハクビシンと思われる被害が続出しているようだ。
 周りは住宅地で、しかも野生動物が居そうな山までは2-3kもある。そこまでの間には交通の激しい道路が何本も横たわっている。鉄道も走っている。
 その難関を突破してくる敵はかなりの強者。否ゲリラ。

 食うか食われるか生存競争の激しい動物の世界には、人間の常識など通用しないことはわかりきったことだけど、改めて自然の掟を教えられている。
 まだ熟れていないものには一切手を出さず、熟した美味しいものだけを狙い撃ちする動物の本能には驚かされる。
 人間もかってそのような本能を持ち合わせていたと思うが、文明の波に呑まれ、いつの間にか自然界に生きる本能をなくしてしまったらしい。
 今更そんなことを言っても、動物の本能に勝てないだろうし、人間のすることに完璧はないと悟らざるを得ない。
 せめて旬の味を味わう本能だけでも、動物に負けず劣らず育み守りたいものだが・・・。
 
お・わ・り

[PR]
by matutaka31 | 2016-07-12 18:21 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)

ハマボウ

 数年前小鉢に植えた実生苗を買って、あまり大きくならないように小さな鉢に仕立てていた「ハマボウ」2本を、庭の片隅に植え替えたところ、今では2.0mくらいに大きくなった。
 
b0008825_1747715.jpg
ハート形の葉が茂るが、冬は落葉する。


そのハマボウの花が今、黄色の可憐な花を咲かせ、わが庭に彩を添えている。
b0008825_17584721.jpg
夕方にはしぼんでしまうので、見頃は午前中


 隣街の糸島市を流れる雷山川下流(通称:泉川)一帯は、九州有数のハマボウ群落地として有名。
 加布羅(がぶら)橋から船越湾河口に向かい両岸に700本を超えるハマボウが群生していて、今その見頃を迎えているので、今日車を走らせた。 
b0008825_2049983.jpg
泉川川沿いに延々と続くハマボウ、 日中だったので花が少し精彩を欠いていた


b0008825_205324.jpg
でも近くで見ると黄色い柔らかな花弁が美しい


 ハマボウの花期は7-8月で、直径7cm程度の中心が赤褐色の黄色の花を咲かせる。
 朝咲いて、夕方には萎んでしまう、可憐な一日花のハマボウは花は1日でしぼむが、大きな株は夏季に毎日次々と開花する。

b0008825_2057159.jpg





ハマボウ(学名 Hibiscus hamabo)は、アオイ科の落葉低木。西日本から韓国済州島等に広く分布し、内湾海岸に自生する塩生植物。








b0008825_17535465.jpg
 


花の形態は同属のハイビスカス、ムクゲ、フヨウ、オクラ等に似ている。
 ☜左はオクラの花


お・わ・り

[PR]
by matutaka31 | 2016-07-09 17:54 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)

Before and After

 「枝垂れ梅の剪定」

 昨日35.4℃を超える猛暑日の昼下がり、延び延びになっていた枝垂れ梅の剪定をした。
 梅の選定は通常、花が咲き終わった直後に行うが、剪定の後、勢いが余る樹勢は止まるところを知らず徒長枝が我が物顔に伸び放題に。
 このまま放置していると、結果枝に日当たりが悪くなり、花芽が付きづらくなるので、バッサリ徒長枝を切り落した。
b0008825_21102042.jpg
伸び放題の徒長枝

b0008825_21104783.jpg
散髪したようにさっぱり!これで来春きれいに花が咲くだろう


 「ホームページの更新」

 長い間放置していたため荒れ放題になっていた我が家(ホームページ)を、アウトドアーができない梅雨の間に修繕(更新)しようと一念発起、工事にかかった。

 工事を始めてみると、ひどい傷みようで、外装だけでなく一歩中に入ると、壁が色あせた部屋や、貼り付けていた写真が消えてしまったり、家具がもぬけの空になっていたりで、空き家同然の荒れよう。
 よくもま~こんな状態で放置していたのかと恥ずかしくなってしまった。

 たまに訪れていただいた方々は、きっとあきれ果ててしまわれたことだろうと、正直一気に取り壊したくなってしまった。

 気を取り直して、まず外装(トップページ)を一新して、その後に内装工事(各ページの更新)にかかることにしたが、すべて終わるのはかなり先になりそう。

 とりあえず外装工事(トップページ更新)が終わったので、工事を終えた模様をご笑覧ください。
           「あれこれ気ままに」

beforeーは写真を撮り忘れて比べようもないので割愛

 部屋のカギは開けていますが、中は荒れ放題ですので、中に入るのはしばらくご遠慮ください。(^◇^)
お・わ・り

[PR]
by matutaka31 | 2016-07-06 21:30 | 思いのまま | Trackback | Comments(4)

一日平均4㎞

 梅雨でままならぬこの頃のウォーキングであるが、私の体調を維持するためには、どうやら一日平均4㎞は歩いた方がよさそうだ。

 雨でほとんど歩かない日(1㎞未満)が2~3日続いた後のウォーキングは、疲れることがはっきり自覚できるようになった。多分、わずか2~3日ウォーキングを休んだだけで、脚力が落ちているのだろう。
 70代にはあまり感じなかったことであるが、年相応と心得ておこう。

 できることなら天気の如何にカかかわらず、毎日コンスタントに4㎞程度歩くことが自分の体調を維持するのによさそうだと思われるが、現実にはそうはいかないので、平均して1日4㎞を歩くことを当面の目標にしようと思っている。

 6月のウォーキングは、116㎞、一日平均3.9㎞だった。
 今の体調を維持するには、まずまずの成績だろう・・・・雨の日が多かった割にはよく歩いたものだと、自らを慰めている。

 バーチャル「日本一周ウォーキング」は今、北海道旭川から名寄に向かって歩いている。
 
b0008825_9334160.jpg


これから先、暑い暑い夏が控えている。
 北海道の涼しさを思い浮かべながら、無理をしないよう目標の4㎞を歩くよう心掛けたいと思っている。
お・わ・り

[PR]
by matutaka31 | 2016-07-03 09:48 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)