<   2016年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

今年、身に染みて感じたこと

 私にとって2016年は、八方塞(ふさがり)の大厄にまつわることからから始まった。
 初詣での住吉神社の境内で厄年一覧を見た仲間に、「八方ふさがり」だと言われてびっくり!
 八方塞(ふさがり)が自分の厄歳であるとは、思ってもみなかった。

b0008825_21373880.jpg

 東・西・南・北、北東・北西・南東・南西全ての方位・方角、つまり八方が厄により塞がってしまう最悪の年だということ。それまでそんなことを気にすることはなかったが、聞けばやはり気になり、何か普段と違うことが起きてしまうと、やはりそうかと考えてしまうから、人間なんて弱いものだと思ってしまう。
 

 そんな厄年に始まる2016年だったが、そのせいか今年は殊の外、身に染みて感じたことがいくつかあったので、そのことを今年の締めくくりとして記しておこう。

 その第一に挙げたいのが、「自分自身が主治医」であるということ。

 2月のある日の就寝前、パソコンを終えて椅子から立ち上がりざま転倒した。何時もとは違う異変を感じた私は、かかりつけの医者に相談することもなく、翌朝何の迷いもなく生まれて初めての脳神経外科へ行った。
 MRI検査の結果、「慢性硬膜下血腫」と診断。その場から即総合病院へ緊急転送、同日午後手術で9日間入院という人生初めての長期入院。

 あまりにも急な出来事に私も家族も戸惑ってしまったが、振り返ってみれば、実はそれらしい気になる兆候を私自身感じていた。
 どんな兆候かと言えば、ウォーキングの時なぜか躓きそうになる、太極拳で片足立ちするとふらつく、パソコンで文字の誤入力が頻繁に起きる、風邪に似た頭痛が続く、言うなれば運動機能障害が出ていたのを、いつもと何かが違うな~という程度に感じていた。でもたまたま風邪に似た症状があったので、風邪をこじらせてしまったと思い込んでいたのがいけなかった。 
 自分の体調の変化を言葉で表現することは大変難しい。でも微妙な体調の変化は、自分自身が一番感じていることである。微妙な変化を察知するのは、他でもない自分自身なのだ。
 もし自ら感じた前兆を我慢して脳外科に行くのをためらっていたなら、取り返しのつかないことになっていたかもしれないと思うとぞっとする。

 太極拳を続けているとその一つ一つの動作が、自分の体に体にどのような変化をもたらすかが、自分なりに感じるようになる。具体的に表現するのは難しいが、何となく体に効いていることを実感できる。
 そのことを意識しながら練習を重ねると、その効果がじわじわと現れるような実感が伴う。まさに「自分自身が主治医」を実感する瞬間でもある。
 もう1年以上腰痛で整形外科や整骨院に通うことがなくなった。 太極拳を始めて11年目にして、その新たな魅力を体感!目から鱗が落ちる瞬間でもあった。
 
 もう一つ、「心が通じ合うボランティアの喜び」 を、語り部の活動を通じて実感する機会に恵まれたことは大きな喜びであった。それは私のボランティア精神を奮い立たせると同時に、大げさだが生き甲斐を感じさせる出来事であった。
 ボランティアにとって、心が通い合うことがいかに大切であるかは言うまでもないが、語り部として3年目になる今年、今までにない心が震えるような感動を経験した!

 そうした「心が通い合う」ボランティアとは対照的に、一方では「打てど響かない、心が通い合わない」ボランティア活動に失望させられる局面も嫌というほど体験した。
このことは私のホームページに記しているが、これ以上活動を続ける意味を見出せないので、潔く身を引くことにした。

 今年の八方ふさがりの一角をこじ開け、来年はもっと健康で楽しい日々にしようと思って、初夢宝くじを買ってきた。003.gif
b0008825_2241058.jpg
1等1億5千万円前後賞合わせて2億円!

 私にはそんな大吉は当たらなくてもよいから、塞がっている八方のせめて一方だけでも開けてほしいと願いつつ。残りの七方は、自助努力でぼちぼちこじ開けようという気持だけど・・・。本音はやはり1等003.gif
そんな夢を見ながら、今年の締めくくりをすることにしよう。001.gif
お・わ・り

[PR]
by matutaka31 | 2016-12-30 15:44 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)

1枚のXmasカード

 契約しているサーバーJcom が2017年1月末で、ホームページサービスを打ち切ることになったので、他のサーバーへ引っ越しをしなくてはならなくなった。
b0008825_9585379.gif
 
 引っ越しの準備に、これまで作成したフォルダ・ファイルを、パソコンの年末大掃除を兼ねて見直しをしていたら、その中から懐かしい1ページが出てきた。

 
 2008年に作った、クリスマスカード。hpにアップしなかったのでもうすっかり忘れていた。
 その頃、シニアネット福岡愛宕浜教室で教わったことを素材にして、自分たちのパソコンクラブ(メダカの学校悠遊クラブ)で、メンバーと一緒に、好きなようにカードを作って楽しんだのがこの1ページ。
           懐かしいXmasカード

 この懐かしい思い出をブログにアップしようかな~と思案していた矢先、社会福祉のボランティアをしている仲間から昨日、難病に苦しみ悩み続けていらっしゃる方の話を聴いた。
 本当にお気の毒で慰める言葉も見つからない。ただ最近の医術と己の自然治癒力を信じて治療に専念され快癒されることを祈ることしかできない。
 数日前私も治療のため総合病院へ行ったが、年齢を問わず患者の多いのに驚く。そして、今ある健康のありがたさをつくづく感じる。

 稚拙な1ページですが、癒される方が一人でもあれば・・・との思いで、当時の懐かしさを思い出しながら、アップすることにしました。
 ご笑覧いただければありがたいです。
お・わ・り

[PR]
by matutaka31 | 2016-12-25 09:26 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)

ザボンが思うように生らない

 今年もザボンの実が4個しか生らなかった。
 今年こそは・・・と意気込んで剪定や施肥の手入れしたつもりだったが、それが逆効果だったのか、長年園芸を趣味して植物に携わっていながら未だにはっきり答えを出せないのが、我ながら不甲斐なさを感じるし恥ずかしくもなる。002.gif
b0008825_142548.jpg
中央上方にザボンが1個見える。左下は柚子の実


 15年くらい前に、一緒に苗木を植えた八朔は毎年たくさん実をつけてくれるというのに、このザボンは何故か思うように生ってくれない。子育てにも同じようなこともあるようだが・・・。001.gif
b0008825_1426525.jpg
鈴なりの八朔 、来年1月に収穫する


同じ年に、同じ園芸店から買った2本の接ぎ木苗。
1本は八朔、もう1本は柚子。
庭先の日当りの良い場所に、同じ方法で植えた。

ただ、育て方に決定的な違いがある。
八朔は特別に手を加えることもなく普通に育てたのに、一方の柚子の木には植えて2年後くらいにザボンを芽接ぎした。柚子とザボンを収穫しようと欲張った思いで、1本に二役を背負わせた。
 その結果、ザボンだけが枝がどんどん伸び、柚子の枝は借りてきた猫のように下の方に、ひっそり枝を伸ばすだけになって、実もなかなか生らない。柚子にしてみれば、まさに「庇を貸して母屋を失う」の有様。

 二足の草鞋を履かせたのが、柚子もザボンにも負担になっているのか?
 それとも去年、ザボンの枝が茂りすぎたので、思い切って枝を剪定したのが良くなかったのか、あれこれ考えてみても素人の悲しさで、訳が分からない。

 柚子は、「桃栗3年柿8年、柚子の大馬鹿18年」の例えのとおり、なかなか実が生らないのは知っていたので、殊更気にはしていなかったが、2~3年前から生りはじめ、今年も9個生った。そのうち3個は冬至の柚子湯にめでたくデビューしてくれた。003.gif

b0008825_1430641.jpg
 一方のザボンは今年もたったの4個しか生らなかった。しかもあまり大きくならない不肖の子。
 近所で見かけるザボンの木には、同じような木の大きさなのに「鈴なりに生っている。樹形からみても、我が家のザボンには、少なくとも十数個は生っていいはずなのに・・・。
  何故我が家のザボンは成績が悪いのだろうか。謎が解けないまま今年も過ぎようとしている。

 ザボンの枝を切り払って、元の柚子だけに戻すか。いやいやあくまで二兎を追う初志貫徹か。
 たかがザボン1本のことだが、思案のしどころ。
 ここで止めてしまったらこれまで追い求めた二兎の夢が消えてしまう。
 もう1年育て方を工夫をして、気長に結果を待つことにしよう。それもまた楽し、である。009.gif

お・わ・り

[PR]
by matutaka31 | 2016-12-23 14:32 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)

そら(空)豆の手入れ

 私は今年も、菜園でそら(空)豆を栽培している。
 そら豆は連作を嫌ううえ栽培期間が11月から翌年6月まで約9カ月と栽培期間が長いのに、旬の味を楽しめる収穫の期間は短いので、沢山は植えない。
 今年は24本だけ。その24本でも1本から側枝を6~7本育てるので、収穫するのは150本程度になる。

 手入れの内容は、雑草の除去と中耕が主な作業だけど、序でにリン(P)とカリ(K)を補うため発酵鶏糞(ペレット状)を少し施した。008.gif
b0008825_1530212.jpg
12月18日の状況(10月ポット20日播種、11月7日定植)


b0008825_1537253.jpg


 主枝は本葉5~6枚の頃予め芯止めしているので、既に4~5本の側枝が伸び始めている。芯止めした主枝はその後枯れる。この側枝は、これから先どんどん増えるが、弱いのを切り取り強いものだけを6~7本残す。


 
 そら豆の莢はその名のとおり、成長期は空を向いているが、収穫適期になると下向きになる。下向きになっても、早すぎると実が柔らかくて、味がよくない。かと言ってのんびりして収穫適期を逃すと皮が固くなって、味も落ちてくる。収穫の時期は短いうえ、しかも莢ごとに収穫の適期があるので、そんな収穫適期を見逃さないように収穫する。そこに旬の味を味わえる楽しみがあるというもの。
b0008825_1644135.jpg
昨年のそら豆の莢の状況


 しかもそのそら豆のおいしさは、採りたてに限る。収穫直後に煮て食べるのが最高!同じような取り立ての旬の味を味わえるのに、スイートコーンがある。
 収穫して時間を置けば、置くほどに味がちてしまう。
 そんな旬の味を楽しめるのも、家庭菜園の醍醐味と言うもの。003.gif

 半年先の初夏に、旬の味を味わえることを夢見て、今、せっせと手入れに勤しんでいる。001.gif
お・わ・り

[PR]
by matutaka31 | 2016-12-19 15:43 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)

太極拳11年生修了

 私が太極拳を始めてこの12月で丸11年になる。健康のためとは言え傍目には、よくもま~続いたものだと言うことになるかも知れないが、私にとっては始めた動機からすれば続くのが当たり前のこと。001.gif
   私のホームページ私の健康と太極拳」

b0008825_10393523.jpg
 11年経った今考えることは、「太極拳を選んで良かった」そして「続けてきてよかった」が実感!。なにが良かったかと言えば、一口で言うのは難しいが強いて言えば、運動機能が自分が期待した通り維持できていることだろう。例えば、20年前頸椎変形で医者に言われた「このままだといずれ運動機能障害に見舞われる」が、今現在、その障害を免れていること、また腰痛で度々整形外科や「整骨院」通っていたのが、この1年半一度もお世話にならなくなっている。

 太極拳の一つひとつの動作が、自分の体調にどのように影響しているかを具体的に表現するのは難しいが、先に書いた運動機能の維持強化だけでなく、内臓器官の強化や免疫力の強化等につながっていることを密かに実感するこの頃である。
 2月に罹った慢性硬膜下血腫は思いがけないアクシデントだったが、それ以外は年相応の健康を維持できていることが何よりの証だろう。その証拠に、練習の後の昼食が、いつもよりお腹がすくし、食事もことのほか美味しい。008.gif


b0008825_10403694.jpg 太極拳と言えば、ゆっくり、“舞うが如き運動”のイメージがあるが、その演舞には24式の型がある。上手な人の演舞は、観ていて美しいし躍動感がある。この美しさや躍動感は、それを構成する24式の型の技を極めれば極めるだけ増すものだろう。
 しかし駆け出しの私にとっての太極拳は、自分自身の健康を維持し、これから老い先短い人生を一日一日楽しく過ごすための支えであり、不健康な日を一日でも一時間でも短くするための体力維持策と心得ているので、演舞を構成する一つ一つの動作についても、「体にいい結果をもたらす動き方とは?、どんな動き方がいいのか?」が、今の私のテーマである。009.gif
 
 先週のNHK太極拳教室で先生が、稽古の心得として、江戸時代の俳人 滝瓢水(たきひょうすい)の句「浜までは 海女も蓑着る 時雨かな」を、我々受講生に紹介された。
 これから海に入って仕事をする海女が、急に降り出した雨をさけるために蓑を着て浜まで行った。どうせ海に入れば濡れるのだから蓑など着る必要はない のだが、浜までは濡れずにいきたい、つまりわずかな間と言えど油断しないで大切にしなければならないとの思いを詠んだ句で、以前どこかで聞いた記憶が残っているが、味わい深い句である。

 私にとって、浜までは老い先短い人生であり、蓑はまさに太極拳そのもの、そして時雨は加齢現象に置き換え、これからの練習もその時その時を大切にしたいと思っている。003.gif
お・わ・り

[PR]
by matutaka31 | 2016-12-14 21:31 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)

ひょうたん池でのボランティア活動

 クラブ発足以来丸12年間続けてきた地元でのボランティア「ひょうたん池花クラブ」の活動は、花壇の植え替え作業を終え、今年の主な管理作業はひとまず終了。残る作業は、立木の剪定や池周りの草取りとそして年末の大掃除で、今年もお陰様で、事故もなく無事終わろうとしている。
b0008825_13214085.jpg
ひょうたん池入り口

 ひょうたん池のシンボルツリーせんだんは今、枯れ葉も落ち、せんだんの実が寒風に吹きさらされ、ヒヨドリの餌になり方々へ子孫を増やす機会を待ちながら、静かな眠りにつこうとしている。
 その傍ら池の周りの花壇では、越冬の花に衣替えをして、陽だまりを求めて訪れる人々を待ち受けている。

b0008825_13225327.jpg
エントランス:プランターの花がお出迎え!


b0008825_13241214.jpg
せんだんの木の根を囲むのはハクチョウゲ(白丁花)


 このひょうたん池はこの地域の憩いの場として整備された水辺空間で、地域の皆さんがここでゆったりした一時を過ごせる憩いの場にふさわしい環境を作りだすのが、私たち「ひょうたん池花クラブ」の活動目標である。
b0008825_13264242.jpg
和気藹々の花壇の植え替え作業


b0008825_13282541.jpg
植え替えを終わった花壇(1)


b0008825_13285067.jpg
植え替えを終わった花壇(2)

b0008825_17341552.jpgb0008825_17344519.jpg

 
 私たちのクラブはこのひょうたん池を舞台に様々なボランティア活動をおこなっている。その内容は、年間を通じた花壇の維持管理、池周りの清掃、植木の剪定等の作業の外、「ひょうたん池まつり」や独居高齢者を対象にした「せんだんふれあい会」、「グリーンカーテンコンテスト」等、地域の皆さんとの触れ合いを通じて、元気な町づくりの支援活動である。

 このボランティア活動は、地域の皆さんに喜んでもらえるだけでなく、目的を共有した仲間との触れ合いも楽しく、私の日々を豊かにしてくれている。
 体調を見ながらとは言え、活動を続けられることに感謝!感謝!

b0008825_13302585.jpg
池の畔では、早くも水仙の花が咲き始めた

お・わ・り

[PR]
by matutaka31 | 2016-12-11 13:32 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)

博多湾に浮かぶ人工島(アイランドシティー)を歩く

地元のボランティア仲間の歩こう会「愛称:イッぺー会」メンバーで、博多湾に浮かぶ人工島(アイランドシティー)を歩いた。私がこの春体調を崩したためしばらく例会が途絶えていたので、久しぶりの歩こう会になった。
 メンバーの一人が体調不良で欠席だったが、その外はみんな元気で参加!終日笑顔が絶えない元気印のウォーキングになって良かった。

b0008825_114146100.jpg
 福岡市の人工島と言えば、地元では良きにつけ悪しきにつけ、話題の絶えない博多湾内の約402haの広大な埋め立て地である。市ではイメージアップの為か、最近では人工島という表現は避け、「アイランドシティー」の名でPRに努めているようで、周りの施設もやたらと横文字(カタカナ文字)が目立つが、冷めた目で見ている私たちにとっては、人工島には変わりない。003.gif

 話題が絶えないと言えば、市外の方々は何事?と思われるかもしれないが、表現の仕方によっては誤解を招くうえに自慢できる話ではないので、そのことには触れないことにしよう。
 そんないわくつきの人工島であるが、施策の良し悪しは別にして、変わりつつある実情を、市民として知っておくべきであるとの気持ちも手伝って、変わりゆく人工島をウォーキングを兼ねて見てまわることにした。

歩いたコース:
 西鉄香椎花園駅下車、歩行・自転車専用あいたか橋を渡り、住宅ゾーンを経て、中央公園へ。ここで昼食、その後こども病院、ベジフルスタジアム(青果市場)などを訪ね、再度中央公園まで戻り、ここからバスで天神まで戻るコース。

b0008825_1742568.jpg
全長430mの歩行・自転車専用海上橋、「あいたか橋」、前方に広がる光景が人工島


b0008825_17435526.jpg
橋の途中から香住ヶ丘方面の眺め。
 この正面辺りが松本清張の小説「点と線」の舞台になった香椎の海岸


b0008825_17472210.jpg
中央公園からの眺め

 公園のほぼ中央に、雨水を利用して造った水たまり修景池がある。池の周りには、ゆったりとした時間を過ごせる芝生の広場が広がっている。ここで池の鴨の姿を眺めながら、各自持参した弁当を食べた。

 この地域は航空法の制限が都心部分より緩和されているため、すでに高層マンションが2棟建てられていて、2020年までに新たに150mクラスの6棟が立てられるとの情報もある。


b0008825_184918.jpg
こども病院

 中央区にあった子ども病院が老朽化しかつ狭隘になったため、26年11月にこの地に移設された。

b0008825_1755074.jpg
アイランドベジフルスタジアム(青果市場)

 市内3か所に分散していた青果市場を統合して、28年2月に開場。敷地面積約150千㎡。
 舌を噛みそうなカタカナ名称でなく、「青果市場」と堂々と日本語で呼べばいいのに・・・。002.gif
 ここは見学自由だったので、場内に入り場内の様子を見て回った。でも市場は午前中に業務が終わってしまうので、実際のセリ等の場面を見ることはできなかった。

b0008825_11393442.png
市場の全景(ネットより転載)


 今回は人工島のうち開発が進んでいるごく一部を歩いただけで、このように写真で見る限り、開発は順調に進んでいるかのような印象を与えてしまうが、一歩中に入ってみると、周りはぺんぺん草が生い茂る未利用地が広がり、果たして何時になったら事業に供用される日が来るのだろうかと、市民に大きな負担を強いることになりそうな気配を肌に感じてしまう。009.gif

 今日歩いた距離は、およそ1万6千歩、約10㎞。天気もまずまずで、施設見学を兼ねた楽しいウォーキングになった。 帰りには天神の居酒屋で忘年会をして、1年間の締めくくりが出来、楽しい一日を過ごすことが出来たて良かった。001.gif
お・わ・り

[PR]
by matutaka31 | 2016-12-08 18:01 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)

コキア栽培への夢膨らむ

 初めて「コキア」を栽培した。
 昨年ブログ仲間の hibochanさんのブログで拝見したコキアの紅葉の美しさに触発され、“よし僕も作ってみよう”と思ったのがきっかけ。
 タイミングよく春先に知人からコキアの苗を分けてもらい、早速自分の菜園とひょうたん池の両方に、試しに植えてみた。

 コキアとは、和名をホウキグサといい、アカザ科ホウキギ属の一年草(原産地:南ヨーロッパ)で、昔はこの茎を乾燥させてほうきを作っていたことから、ホウキギ、ホウキグサの別名がある。
 今時このホウキグサ(帚ぐさ)を使う人はいないと思うが、私が子供の頃、このホウキグサで作った帚で庭を掃除をしていたことを思い出す。

 菜園には植える余地が一杯あるし、野菜ばかりでなく観賞用の珍しいコキアもいいのではないかと、好奇心も手伝い、試験的に約10本植えた。

b0008825_210069.jpg

 ところが今年の夏は旱魃で、半分は枯れてしまったが、生き残った5本は肥料分が残っていたせいか特別の栽培管理もしないまま、イメージ通りに大きくなり、成長するにつれ、こんもり丸みをおび1メートル位に成長した。
 この辺りではあまり見かけないので、道行く人は「これは何ですか」とよく聞かれる。「ホウキグサ」ですよと応えると、年配の方はほとんどの人が昔見たことや使ったことがあるとみえ、「あ~そうですか」と納得される。005.gif

 紅葉を期待して待っていたが、11月になってもなかなか紅葉しない。気をもんでいると、11月末になりやっと紅葉してきた。
b0008825_2154327.jpg
真っ赤に紅葉するかと思ったが、思ったより色が薄い


アップすると、こんな具合。
b0008825_2163489.jpg
この状態のコキアが30本くらい並ぶと、我が菜園のイメージも変わるかも・・・003.gif


 私の菜園では管理が追い付かず夏の間草が生い茂るので、道端に沿ってこのコキアを植えると、そのぼろ隠しの役目も担ってくれるのではないかと不純なことも考えている。001.gif
  同時に、日ごろボランティアで花壇管理をしている「ひょうたん池」でもきっと関心が高まると思って、同じく10本ばかり植えてみた。ところが、移植時期が遅かったことと肥料不足が原因と思われ、あまり大きくならなかったが、観賞用としての存在感を十分味わうことが出来た。

 このコキア、最近は夏のさわやかな緑葉や秋に紅葉する姿が美しいことから、鉢花や花壇に利用されているというから、住宅地に囲まれている我が菜園やひょうたん池で植えると、きっと評判になると思うので来年は思い切ってたくさん植えてみようと思っている。
お・わ・り

[PR]
by matutaka31 | 2016-12-05 21:17 | 思いのまま | Trackback | Comments(7)

11月のウォーキング

 今年も早や師走になってしまった。年を重ねるにしたがって、1年間過ぎ去るのはどんどん早くなるというから、さもありなん!003.gif
 今年1年間どれくらい歩いたかは来月報告するとして、11月に歩いた距離は、130㎞。
 一日平均4.3㎞で、目標の4㎞を一応クリアーしたので、自分なりにまずまずと自己満足001.gif
 「インターネットバーチャル日本一周歩こうかい」の記録では、北海道斜里町から標津町へ向かっている。
b0008825_10205710.jpg
 ※「日本一周ウォーキング、2週目に挑戦中! 2周目は、1日4㎞のウォーキングで5年後(平成33年10月)に地元博多(福岡)通過を目標にし、逆算してスタートは山形市とした。」

b0008825_11522598.jpg

 この地方は昔札幌に転勤していたころ、何度か訪れたことがある。車で走れども走れども、隣町になかなかたどり着けない広大さが印象に残っている。途中車を止めて、大型のヤマメを釣ったのが懐かしく思い出される。
 当時同行した人は、今はもう居ない。002.gif

b0008825_1159142.jpg

 知床は一度、夏訪れた。でも知床五胡止まりだったので、今でも知床岬までは行けなかったことが心残り。機会があればぜひ一度行ってみたいものだとの思いが、いまだに残っている。
 叶わぬ今はせめて、インターネットで、素晴らしい秘境知床の光景を観て楽しむことにしよう。(写真は環境省のホームページより)





知床と言えば、思い出すのは「知床旅情」、ついつい口ずさみたくなる名曲。
森繁久彌と加藤登紀子両名の歌のうち、どちらかと言えば私は加藤登紀子バージョンが好き。009.gif
 そこで加藤登紀子の「知床旅情」を、インターネットからリンクしてみた。この曲を聴くと、熊の出没におびえながら知床半島の森の小道を歩いた、あの雄大な自然を思い出す。005.gif



 たまには北海道の極寒の地を思い浮かべながら、今の恵まれた環境に感謝し、今月も体調に見合ったウォーキングに励むことにしよう。
お・わ・り

[PR]
by matutaka31 | 2016-12-03 10:22 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)