筍採りと筍盗り [2007-06-22 ]

「犬も歩けば棒に当たる」
 知人の山とは言え、初めて入った山で泥棒とばったり出会ったら、どんな展開になるだろうか。

 先日、あるクラブ仲間4人(Nさん、Kさん、Fさんと私)で、Nさんの親戚の裏山へ「筍採り」に出かけた。
生憎、お目当ての方は留守であった。農繁期だから多分近くの田畑に出かけていたのだろう。
留守だけど、電話で話しているから大丈夫ですよ、採りましょう!
Nさんの言葉に促されて、竹山に入った。
時折小雨がぱらつく天気で、鬱蒼と茂った竹山は辺りが薄暗く、ひんやりした感じで静まり返っていた。

 辺りで数本の筍を採ったところで、「kさん、この皮を剥きながらここで待ってて!」と言い残して後の3人はどんどん山奥へ入り込んだ。
時々、パシッと枯れ枝を折る音が静けさを破る。
一人残されたKさん、山に入る前に、まむしと猪がいるかも?と話をしていたこともあって、だんだん心細くなってきたらしい。日頃は闊達なKさんも、まむしと猪が脳裏をかすめ、だんだん心細くなってきたようだ。“早く誰か戻ってきてー”と心の中で叫んでいたらしい?ことは、みんなが帰ってきたときの表情で察しがついた。
そんなKさんの恐怖の報酬とは無関係とばかりに、“案外採れなかったねー”と、やや不満げな会話が続く。

 ところがその直後、「めくら蛇におじず」を地で行くようなドラマが待っていた。
思ったより少なかった収穫を少し挽回しようと思い、私は男気を出して、少し山を下りたところで道路沿いの別の竹山へ入った。
するとそこに人の気配が、・・・
竹や雑木をすかしてよく見ると、40mくらい先に作業服を着て手には大きな袋をぶら下げた、長靴姿の農家のおじさん風の人が動き回っている。
どう見ても筍を探している格好だ。
私は、「流石に農家の人は違うなー、まむしや害虫から身を守るために、長袖・長靴に帽子のいでたちが完璧だ」と感心しながら、きちんと挨拶をしなくては失礼になると思い、遠くから「こんにちは!」と声をかけた。
急に近づいて相手を驚かせてはいけないと思ったからだ。

・・・・・・、反応がない。
不気味な沈黙が漂う。
時折、カサカサと歩き回る音が返ってくるだけだ。
ひょっとすると耳が遠いのかも?と思ってもう一度大きな声で「こんにちは」と声を4かけるが、無視されてしまった。

このまま立ち去ってしまっては、失礼になるばかりか案内してくれたNさんに悪いと思い、「あのーNさんと一緒に筍をいただきに参りました」と、馬鹿丁寧と思われるほど、丁重に挨拶をした。
「筍トリね」と一言。
やっと反応があった。
挨拶が出来たよかったと思った。

でもその男は、こちらを見ようともしない。むしろ顔を背けるような格好である。
黙って山に入ったので、機嫌が悪いのではないかと思い、もうちょっと近づいてフェイスtoフェイスで挨拶をして、機嫌を直してもらおうと思いどんどん近づく。
すると、なんと私を避けるように、私が近づいた分相手は先へ行ってしまう。
何故だ??・・・・
お人よしの私は「ひょっとしてはにかみやさんかな?」と思ったりしながらも、一応挨拶したんだからいいだろうと思い、私は筍採りをはじめた。

 その頃、一足遅れてNサン達が近づいてきたので、「Nさ~ん、ここのご主人がいらっしゃいますよ」と大きな声で伝えた。
「あーそうですか。帰ってきたのかな?」とNさんの返事。
ことの成り行きをNさんに伝えることが出来て、一案心と思ったそのときである、
その男が急に山から道路のほうに下りて行った。
なんと、そこには車が止まっていた。
それを追うようにNさんがその男に近づく。
するとその男はNさんの方を振り返るどころか、あわてて車を走らせて逃げていってしまった。
そこで初めて気がついた。筍盗りだったのだ!

 もう少し私が近寄って、筍盗りと顔を合わせていたら、どんな出会いになっただろうか。
太刀ならぬ筍を振り回した立ち回りにになっただろうか?
幻のまむしや猪と違って、本物の恐怖の報酬になりかねない一こまであった。
 盗りを採りと、とんだとり違いをしたものだ。!
[PR]
# by matutaka31 | 2007-06-22 12:09 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

鳥達の巣立ち [2007-06-12]

カラスの親子 
 我が家の周りには、このところ一日中カラスとスズメの鳴き声の大合唱が続く。
とりわけ、カラスの鳴き声はうるさいと言うほかない。
それもそのはず、この時期、カラスの巣立ちの時期だから。

ガーガー騒ぎ立てるカラスをよく見ると、ほとんど3羽が一緒にいる。
両親とその子供に違いない。
その鳴き声は、我々にはガーガーカーカーと耳障りであるが、“這えば立て、立てば歩けの親心”のカラスの親子の会話だと思えば、その耳障りも薄らいでくる。

「ここまでおいでよ」
「ちょっと待ってよ」、「飛ぶのが怖いよ」
「駄目よ、そんなことでは!」
「おなかがすいたよ」
「それならここまで飛んでおいでよ」
b0008825_16163397.jpg

枝から枝へ、電柱から電柱への小飛行を繰り返し、ヨチヨチ歩きでやっとのことで親のそばまでたどりついた子カラスは、親カラスの口の中に嘴を突きこんで、食べ物をいただく。

先日、近くのひょうたん池を歩いていた時、木陰にこカラスがちょんと立っているのを見かけた。私が近づいても怖がる気配がない。
私は、巣立ちに失敗して親に見捨てられたのではないかと思い、近くにあるポンプから水を汲み、紫陽花の葉をロート型にして、水を飲ませてあげた。
ところがその直後、それまでどこにいたのか姿が見えなかった2羽の親ガラスが、私の頭上で、けたたましい鳴き声をあげたのにびっくりした。
その鳴き声と同時に、今まで静かにしていた子カラスがギャーギャーと騒ぎたてる。

「おかーさん(お父さん)助けて!」
「大丈夫かい、今助けてあげるからね」
多分、そんな会話だろう。
b0008825_16192651.jpg

私に対しては、「その子に近づくな!」
そんな威嚇だろう。
2羽のカラスは羽をいからせ、今にも私に飛び掛りそうな剣幕で絶叫している。
怖くなって立ち去ろうとする私を、ガーガー叫びながら頭上すれすれに飛び回り、何時までも威嚇してくる。
その物凄い迫力に圧倒され、思わす急ぎ足でその場を離れる始末であった。

人間社会では、親殺し、子殺しのニュースが絶えない。
そして「赤ちゃんポスト」なる珍妙な現象がまかり通る世の中になってしまった。
情ない世の中になってしまったものだ。

[PR]
# by matutaka31 | 2007-06-12 23:13 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

黄砂・スモッグ無用につき [2007-05-27]

黄塵禍 絶えて久しい 五月晴れ
 5月26日朝、前日の雨がうそのように晴れ上がり、東京新橋のホテル34階の窓から見える景色、澄み切った青空、その下に林立する高層ビル群、そしてその中に点在する緑、自然と造形が作り出すコントラストがが美しい。
 東京在住の娘と、久しぶりに朝食を済ませた後浜離宮を散策した。
東京都心にいることを忘れさせるほどの静けさが漂う公園内を、森林浴を楽しみながら歩く。
新緑の間からのぞく青空がまぶしい。
このところ福岡ではこんなすばらしい青空を見たことがないので、殊の外美しく思えてならない。そして東京の空はきれいだなーと不思議な感覚にになってしまう瞬間であった。

 全ての用件を済まして、15時30分の飛行機に乗る。離陸して間もなく遠くに富士山が見えてくる。
 機長の何時ものように流暢なアナウンスが流れる。
「ご搭乗の皆様こんにちは・・・、今日は今の時期には珍しい強い偏西風が吹いているので、・・・・、最新の情報によると福岡の天候は晴れ・・・」
快適な空の旅である。しばらく読書を楽しむ。
1時間くらいを過ぎた頃だろうか、窓の外を見ると、次第に視界がボヤけてくる。
飛行機が高度を下げるにしたがってその濃さがひどくなる。
着陸態勢に入って、飛行機のカメラが陸地を写すが、ボヤーっとしてほとんど見えない。
いつもなら、まだ日没まで1時間はあるので、玄界灘と博多湾の美しい景観が映し出されるはずなのに。
 やっと飛行機のカメラに映った地上の様子は志賀島上空辺りからで、その先に見えてきたのは赤く点灯した滑走路の誘導灯であった。
 家に帰り着いて見た夕刊には「黄金にかすむ街」として黄砂でかすむ福岡タワーの写真が載っていた。

 明けて27日、今朝も黄砂で重たい空気が充満している。近くの雷山山系の山並みが今日もうっすらかすんで見える。もう何日もこんな日が続く。
  
いつもの福岡の美しい空に戻して欲しい!!

[PR]
# by matutaka31 | 2007-05-27 11:06 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

空気と水の美味しさ [2007-05-24]

自然はおいしい この言葉を久しぶりに実感した。
 先日、急用で神戸に行った時のことである。
山陽新幹線に乗った。何年ぶりだろうか?
 午前7時半過ぎ博多発「のぞみ」、早朝の始発だから何も指定席を確保する必要はないので、自由席に乗ることにした。
 案の定乗客は少ない。ゆったりしたかったので、その中で一番並んでいる列が短い場所から乗り込んだ。
途端、何かがおかしいと思った。でも乗客は少ないので、のんびりくつろいで新聞を読んでいたが、何故だか気分がすっきりしない。
広島辺りで気がついたのだが、周りで紫色の細い煙がゆらゆら立ち上っている。
しまった! 喫煙車両に乗っていたのだ。
博多駅で乗り込んだ時、何かがおかしいと感じたのは車内の異様なニオイだったのだ。
気がつけば、方々でゆらゆら煙が立ち上っている。
車内の空気がどんどん汚れてくる。その証拠に、息苦しくなってくる。
でも自ら選んだ車両だから仕方がないと我慢することにした。
岡山を過ぎる辺りから乗客も多くなり、当然のごとく煙の柱が方々で立ち上るようになった。
 その光景は、私には車内全体が墓地ように思われ、墓石から魂がゆらゆら抜けていくような異様な光景に思えて仕方なかった。
そんな雰囲気に我慢できなくなった私は、その車両を飛び出しデッキに出てた途端、あー空気が美味しいと実感じた。
 
 日頃煙草と無縁な、しかも海山に近い清浄な環境で生活している私にとって、空気の美味しさは極当たり前になってしまっているが、わずか3時間足らずの喫煙車両の空気に触れて、改めて自然の美味しさを思い知らされることとなった。

 午前中に用事を済まして、三宮駅の近区の食堂に入ったときのことである。
喉が渇いたので、出されたコップの水を一口飲んで、思わずウムと?と飲み込むのをためらってしまった。
出されたコップの水のまずいことといったら、表現の仕様がないほどであったからだ。
周りを見ると、まずそうな顔もしないで一様に出されたコップの水を飲んでいる。
よくこんな水を飲めるなーと感心するくらい。
福岡市の水もお世辞にも美味しいとは言えないけれど、神戸の食堂で飲んだ水の味は、自然の水の美味しさを教えてくれる反面教師みたいなものだった。
[PR]
# by matutaka31 | 2007-05-24 22:42 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

根性キンギョソウに聞きたい [2007-05-14]

 根性キンギョソウがが転んでからまる3日が過ぎた。
元の場所に戻すことは出来ないので、これまでどおり元気で咲き続けて欲しいと願って、すぐさま庭の片隅に丁寧に植え替え、たっぷり水も与えたのだが。
 あーそれなのに、・・・。
その後毎日観察しているが、いっこうに元のような葉の色艶や花の鮮やかな色が出ない。 根性キンギョソウに異変が起きたまま、瀕死の状態が続いているのだ。
まる3日が過ぎた14日の朝のキンギョソウの状態である。
b0008825_21282759.jpg

コンクリート上の過酷な環境に比べ、土に支えられ倒れる心配もなく、水もたっぷり含んだ快適な環境に違いないと思うのだが。

 もう一度元の元気な姿を見てみよう!
b0008825_21342426.jpg

誰の目にもこの違いは歴然としている。
何故こうなるのか、私の常識では理解できない。
しかしその常識は、人間の常識であって植物には通用しないのかもしれない。
 根性キンギョソウに聞きたい、どうしてなの? どこが違うの?と。
[PR]
# by matutaka31 | 2007-05-14 22:18 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

生命力 [2007-05-12]

根性キンギョソウ
 我が家の門扉の片隅にちょこんと座るように咲いた花、キンギョソウ。
訪れる人の目を引くこの小さな花は、鉢植えでもなく、勿論植えたものでもない。
b0008825_17494359.jpg

何時ごろかはっきり覚えていないが、3月頃だったろうか、初めは雑草が生えたのかな?と思いながらそのまま放置していた。
コンクリートの上だから、そのうち消え去る運命だと思ったから。
 ところが少しずつ成長してくる様子をよく見ると、雑草ではなくどうやら花のようである。
だんだん興味が沸いて、よく観察していると、どうやらキンギョソウのようだと気がついたのは蕾が出来たころだった。

 それにしても不思議なこともあるものだ。10cm四方の格子模様を入れた、ごく浅い溝のコンクリートの上で成長するとは。
多分コンクリートに傷があって、その傷(裂け目)に実生苗が根を張っているものと思っていた。特別に水をやるわけでもなく、コンクリートは白く乾燥しているのだから。
5月に入り、ついに可憐な花が咲いた。
正にキンギョソウだ! 背丈は10cm程である。
b0008825_17502167.jpg

 初めて見る人は、キンギョソウの小さな鉢植えを置いているのだろうと思うらしい。でもよく観るとそうでないことに気がつき、一様に驚く。

 ある日、隣の方が、あまりの可愛さにそっと撫でるように触ったところ、このキンギョソウは、だるまのようにころっとこけてしまった。
コンクリートの裂け目に根を張っているとばかり思っていた私達が、そこに観たものは根が全くないキンギョソウであった。
良く見ると、根のところが丸く膨らんで根の痕跡が残っている。
それにしても根のないものが、風で倒れることもなく、萎れることもなくどうして元気に花を咲かせているのか理解できない。
正に驚くべき生命力である。
b0008825_17593810.jpg

「覆水盆に帰らず」で、この根性キンギョソウは、はからずも人間の優しさが仇となり、そのコンクリート上での生涯を閉じることになってしまった。
今は、水をたっぷりいただける土に囲まれ、静かに余生を送っているが、果たしてこの贅沢に耐えられるだろうか気になるところである。
[PR]
# by matutaka31 | 2007-05-12 18:26 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

こんなことが・・・ [2007-03-19]

ゾロメのナンバーとの出会い

 昨日、不思議なことに出会った!!
隣のおばあちゃんが転んで鎖骨を骨折して入院したので、車で見舞いに出かけた。
途中信号待ちの時、何気なく前の車を見たら、ナンバーが77・77.
ラッキーセブンのゾロメか~、良いナンバーをつけたものだな~と思って見ていた。
その後しばらく走っているうちに、私の前にスーッと割り込んできた車のナンバーを見ると、なんと88・88のゾロメではないか。連続してゾロメのナンバーの後についたのは始めてのこと。

 見舞いを終えて帰り道、ふと気がつくと、前の車のナンバーに9の字が並んでいる。でも良く見ると9・99、ゾロメではない。
「2度あることは3度ある」の例えではないが、そうそう同じようなことに出会うはずはないよな~と家内と話しながら走り、家の近くのショッピングセンターに立ち寄った。
日曜日の午後で駐車場は満杯状態。
やっとのことで空いた場所に車を止めて降りたところ、なんとその前に99・99のゾロメのナンバーが停まっているではないか・・・、イヤ~驚いた。
やはり「2度あることは3度ある」・・・、このようにいいことが重なってくれればいいのだが。
[PR]
# by matutaka31 | 2007-03-19 17:40 | 思いのまま | Trackback | Comments(2)

鈍感力 [2007-03-07]

 先週土曜日、PC勉強会の帰り道、天神の本屋に立ち寄った。
話題の「鈍感力」を買おうと思って。

ところが、丸善、ジュンク堂、金文堂と3軒とも何れも売り切れ。
そんなに人気のある本なのかと思うと、年甲斐もなく、無い物ねだりの心境で、なんだか無性に読みたくなるから不思議なものだ。

でも、“無いものはないのだ”と諦めて帰ったが、なぜかこの「鈍感」の二文字に惹かれて、やはり読んで見たいと思いながらも、雑用に追われて本屋に出かける暇が無かった。
今日午前中に、ボランテイア活動会員募集のチラシを仕上げた後、無くてもともとと思いながら近くの本屋に出かけてみた。

 探すのは面倒だから、いきなりカウンターで「鈍感力」はありますかと聞いたところ、「入ったばかりです」と嬉しい返事。
諦めたままにしていたら、今でも買い損ねたに違いない。
犬も歩けば・・・である。
お金を出して買ったのに、なにか得をしたように感じるから不思議なものだ。

一気に読んでみたが、結構面白い!
でも、自分が70年も長生きしてきた中で実感していることが書いてあるようで、30年前にこの本を読んでいたなら、もしかしたら自分の人生が変わっていたかも?

鈍感力をうんと養い、仮に100歳まで生きるのを100点とすれば、自分は何点取れるだろうか・・・てなことを考えると、これからの生き甲斐がまた増幅しそうである。
 今からでも遅くはない。
もっともっと鈍感力を養い、せいぜい楽しみながら長生きしたいものだ。(^。^)
[PR]
# by matutaka31 | 2007-03-07 22:29 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)