快汗と爽快

流れるような汗の後は

 このところの猛暑で、家の中でクーラーをきかして静かにしている時間が多くなってきた。

 先日、カンカン照りのゴルフ場に出かけた。
ハーフ終った頃は、シャツもズボンもビッショリ汗で濡れてしまっていた。ところが不思議なもので、体が慣れてくると暑さもそれ程気にならなくなり,疲れもあまり感じなくなる。
 暑いからといって何もしないでいると、かえって気だるくなってしまうが、気持を切り替え身体を動かし汗をかくうち、自然に体が軽くなり気分も爽快になっていく。

 一汗かいた後の一杯のビールは、例えようがないくらい美味しいものだ。私にとって、ゴルフに限らず快汗がもたらすビールの味は、疲れた身体を癒し、明日への活力の源となる。
 
今ある健康に感謝!

b0008825_2237427.gif

[PR]
# by matutaka31 | 2006-08-11 22:52 | 思いのまま | Trackback(15) | Comments(0)

わずか4分間の刺激

 
私には毎週1回、心身共に自然にシャキットなる場所がある

 その場所は、福岡市営地下鉄「天神駅」を降りて、乗り継ぎのバス停まで行く間の天神地下街である。その間わずか4分間。

 私がそこを通るのは、毎週土曜日の9時半ごろである。ウイークデイと違ってそれ程通勤者が多いわけではないが、勤務先へ急ぐ若者達が、背筋をキチット伸ばして足早に歩く。うつむき加減にとぼとぼ歩く老人の姿は殆ど見かけない。その元気な雰囲気がたまらなく好きだ。

 世の中には、高齢であっても背筋をキッと伸ばし、シャキットした動きを見せる方に出会うことがあり、テレビでもそんな元気な人を見かけることがある。その度に素晴らしい!と思うし、できることなら自分もそうありたいと願う。

 私にとって土曜日の朝の天神地下街は、まさしくそれをごく自然に実行できる格好の場所である。そう、背筋を伸ばして、大股で急いで歩く、エスカレータは一切使わず階段を一気に歩く。呼吸が多少乱れるが、気分爽快である。私に心地よい刺激を与えてくれる大切な場所と瞬間である。
b0008825_1436898.jpg

[PR]
# by matutaka31 | 2006-07-20 14:46 | 思いのまま | Trackback(14) | Comments(0)

八朔の実が生らない

  写真は、我が家の庭先に数年前植えた八朔みかん。
苗は接木苗、見かけは順調に育っているのだけれど、なかなか実が生らない。  樹高約2.5m、根元の幹周り約20cm、場所は南向きの庭先
  去年1個だけ生ったが、色付き始めた頃あえなく落果、今年こそと期待していたところ、たくさんの花が咲いたので、やっとその気になってくれたと喜んでいた。  ところが、実の大きさが直径1cm位になったところで、次々に自然落果、残ったのはわずかに10個足らず。あ~今年も期待はずれ。
  周りに野菜を植えるので、その肥料を取りすぎたためだろうか。野菜を植えるたびに周りの細根はかなり切断しているのだが、・・・。
  何故だろうか?専門家に管理方法を教わって、来年に期待しよう!!
b0008825_1083749.jpg

[PR]
# by matutaka31 | 2006-07-17 10:12 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

被爆稲の栽培

61年前の被爆稲を植え継ぐ

 1945年8月、長崎の爆心地浦上で見つかった原子爆弾に被爆した稲、その後心ある人々によって作り継がれた被爆稲。
昨年福岡市西区における被爆者の集いで、作り継ぐ活動に参加されている方からその種籾をいただいたのがきっかけで、今年初めて作ることにした。

  5月29日播種、6月27日6号ポットに移植、現在に至る。肥料の施し方がよく分らす、やや徒長気味の様子である。稲作をしている友人に尋ねたところ、肥料不足かもしれないとのこと、8・8・8化成肥料を施してみよう。

  作り継ぐ人々の話によると、被爆稲の結実は健常稲に比べ粃(シイナ)が多いという。 果たして61年経過した今でも放射能の影響が確認できるのか、関心が深まる。

  もう一つ、友人の話によれば、61年前の稲は、今の稲と違って長桿系であったと考えられるのとのことで、どのような稲に育つのか新たな興味が沸いてきた。
b0008825_10514893.jpg
b0008825_105284.jpg

[PR]
# by matutaka31 | 2006-07-09 11:12 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

太極拳

  
昨年12月から「楊名時 太極拳」を始めた

  始めたきっかけは、10年ばかりの間に、頚椎、脊椎、膝関節と次々に医者の診断を受けるはめになった。診断の結果は、いずれも“年齢からみて回復の可能性はない”との厳しい診断が都度言い渡された。  これ以上悪化させないためには、“筋肉の衰えを防ぐこと”、つまり適度な運動を続けることが最良の治療法だという診断も共通していた。

  たまたまゴルフの飛距離が落ちていたこともあり、筋肉強化が私に課せられた健康管理の要諦だと考え、今までの家庭菜園、ゴルフ、山歩き等々のアウトドアーに太極拳を加えて身体を動かせば、何とか現状を維持できる、そう思ったからだ。

  始めて6ヵ月経った今でも、見よう見真似の運動に過ぎないが、週1回2時間、妙齢の美女群団に囲まれ、全身運動をしながら心地よい汗を流す。終った時には、心身ともにリフレッシュして、壮快な気分になる。精神的にも肉体的にも、いいことずくめだ!

  今、身体を動かすことが何物にも優る予防・治療法だと信じて、この太極拳を出来るだけ続けたいと思っている。
b0008825_1524822.jpg

 私のHP「趣味悠遊」自然との触れ合いを楽しむ
[PR]
# by matutaka31 | 2006-07-05 10:19 | 思いのまま | Trackback(19) | Comments(0)

粋なはからい [ 2006-06-29]

先日、福岡市キャナルシティ-のあるレストランに入った。
テーブルに置かれた竹籠の中には、こんなカードが・・・
b0008825_20593151.jpg
  
 とれたて生タマゴ
 
 おひとり様1ヶサービスです
       ただし係りが見ていなければ
       こそっともうひとつどうぞ!!

店主の心意気に感じたのはともかくとして、せちがらい今時、ほのぼのとした気持ちになったのは確かだ。
[PR]
# by matutaka31 | 2006-06-29 21:23 | 思いのまま | Trackback(9) | Comments(0)

マグレの醍醐味

  先日、久々に爽やかな天気に恵まれ、セブンミリオンCCでゴルフを楽しんだ。
スタートのロングホールは、ダブルボギー、続く2、3,4はボギー,5番のロングホールでやっとパーと言う具合でいつものペースで、久し振りにしてはそこそこのリズムかな~と思っていた。

 ところがその後に、今までに経験したことがない2ホール連続バーディーが出た。ハーフで2バーディーは今まで何度か経験したが、連続2バーディーは始めての経験で、しかもミドルホールで2オン1パットと絵に書いたような、スカッとするバーディだから驚きであった。

 その6番ホール(315ヤード、HD1)では、第2打は残り140ヤードのかなりきつい登り、160ヤードと読んで迷わず5番アイアンを使用、珍しく振り切れて2オンに成功。続く7番ホール(344ヤード左ドッグ、HD7)では第1打を大きく右に外し、第2打が残り160ヤードのフラット、これも5番アイアンを使って2オンに成功。 こんな具合にまぐれの連続のお蔭で、上手い人にはごく当たり前のことであろうが、私にとっては記念すべき初体験であった。   これぞ正にマグレの醍醐味!
トータルスコアーも久し振りの80台半ばで大満足のラウンドであった。

 同伴していただいたメンバーのお一人は、なんと95歳にして今なお現役バリバリの神武半十郎氏であったことを記しておきたい。なにしろお元気そのもの、探究心も旺盛で最近新調したゴルフセットを使って快調にプレイを楽しまれる。このような大先輩に同伴いただけるのは光栄で、感謝! 感謝!
[PR]
# by matutaka31 | 2006-06-02 22:30 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

麦秋

 5月30日午後、久し振りの好天に誘われ、近くの柑子岳に登り、青い空に包まれた糸島地方と玄海灘の360度のパノラマを楽しみながら、玄界灘から吹き上げる乾いた潮風を胸一杯に吸い込み爽快な気分を満喫した。

 その帰途、前原市近郊の田園地帯で目に焼きついたのが、一面に広がる刈り取り寸前の麦畑であった。 都市化が急速に進む福岡市西区に接する前原市近郊も、マンションと思われる高層ビルが目立ち、閑静な農村地帯は園芸用ハウスが林立するなど、次第にその様子を変えつつある。

 このような麦畑も、そのうち見ることが出来なくなるのではないかと思うと、一層貴重な風景に思えてくる。今年の5月は日照時間が例年の5割程度と報道されていたが、外見は立派な稔りに見えるこの麦畑の収穫量は果たしてどうなんだろうと気にかかる。
b0008825_2225169.jpg
(クリックすると拡大画像になります)
オートスライド画面はこちらでご覧になれます
[PR]
# by matutaka31 | 2006-05-31 22:57 | 思いのまま | Trackback(1) | Comments(0)