我が町の憩いの場 ひょうたん池

 我が町の小さな自然共生型の池「ひょうたん池」側に植わっているシンボルツリーせんだんの木は、葉もすっかり落ち、枝の先には鈴なりのせんだんの実が青空を背景に浮き彫りになった。
 山の木の実が無くなるこの時期、やがてここはヒヨドリ等野鳥がせんだんの実を求めて群がり、しばらくの間はその糞害に悩まされる。
 でも自然との共生が特徴の憩いの場だから、自然の成り行きに逆らって苦情を挟む人もいない。

b0008825_18044998.jpg
5本のせんだんの木(樹齢不明)

 実はこの5本のせんだんの木のうち1本を残して、4本は間もなく伐採されてしまう運命に。
 樹齢を重ねて木の幹の中に空洞があることがわかり、強風で倒れる危険があると判断した市は、次善の策として近々切り倒すことになった。
 生い茂った緑に包まれるせんだんの木陰は、春先から初秋までの間自然の涼しい風が吹き、地域の人の憩いの場だっただけに、この木が無くなるのは寂しい限り。

 でも周りに住宅が密集するうえ、訪れる人たちに被害があってはならないことだから、止むを得ないことである。
 樹齢がはっきりしないこの老大木には、この地域の人間社会の移り変わりがどのように映ってきたのだろうか。

 一方、私たちボランティアグループ「ひょうたん池花クラブ」のメンバーが毎週金曜日に管理しているこの池周りの花壇では、季節の花がこの寒風に耐えて、いつものように元気にきれいな花を咲かせている。
 11月末に植え替えた花の苗も、無事活着し、色鮮やかに花を咲かせて訪れる人々の心を和ませている。

b0008825_19195023.jpg
訪れる人々を和ませる花壇の花

 その花壇管理で今年、嬉しいことが重なった。
 町内の独り住まいの高齢者にこの栴檀の木の下でたのしい一時を過ごしていただく「せんだんふれあい会」の月例会で、私たちと一緒になって盛り上げてくださる民生委員のkさんから、ひょうたん池で咲いたビオラの種を昨秋採取して自宅で育てた苗をたくさん寄贈していただいた。
 また別の園芸愛好家のMさんからも、自宅で育てたノースポールの苗をたくさん寄贈していただいた。

 そのうえクラブのメンバーへのプレゼントとして、余分の苗まで分けてくださる気の配りよう。

b0008825_19203736.jpg
ビオラもノースポールも元気に・・・

 少ない活動費でやりくりしている私たちのクラブにとって、購入苗を削減できるので大助かり。
 でもそれ以上に嬉しかったのは、地域の人たちがこのように心のこもった支援をしてくださることで、私たちが大いに元気づけられることである。
 このような心温まる好意に触れると、日頃何かと忙しい中やりくりしながら続けているボランティア活動も遣り甲斐を感じるもので、心から嬉しく、本当にありがたい。
 そして このような地域の方々の支援があってこそ、ボランティアの効果がより大きくなることを確信する。


b0008825_19212821.jpg
ハボタンを中心にパンジーが取り巻く(デザインはすべて女性メンバーのアイデァー)

 寄贈していただいたビオラもノースポールも元気に育って、ひょうたん池周りの花壇を美しく飾ってくれている。
 きっと来年春先まで、訪れる人たちを楽しませてくれるだろう。

 こうして地域の人たちの好意に支えられ、このひょうたん池はこれからも地域の憩いの場として親しまれることだろう。

b0008825_19215211.jpg
花期の長い「ギョリュウバイ」、(御柳梅の呼び名があるが梅とは全く縁がない)

==================================




[PR]
# by matutaka31 | 2018-12-16 19:35 | 思いのまま | Trackback | Comments(0)

野菜食う虫も好き好き

 家庭菜園の話をすると、大方の人は「健康的でいいですね」とおっしゃる。
 菜園の現場で出会う人は、道端から眺めるときれいに見えるのか、「立派にできていますね」、「お元気そうでいいですね」と上手に褒めていただく。

 そのたびに私は、「ありがとうございます」、「おかげさまで元気にしています」と笑顔で受け答えするのだが、・・・。

 話が弾んでくると更に、「無農薬できれいで新鮮な野菜が食べられていいですね」と追い打ちをかけられることも。 そこまで話が進んでくると、それまで笑顔で答えていた私は返事に困り、顔が引きつりそうになる。103.png103.png

b0008825_17330858.jpg
我が家庭菜園の一部(白いトンネルは防虫網)

 野菜を自分で作ったことがない人の中には、無農薬で野菜ができるのだと本気で思っている人もいるようで、家庭菜園イコール無農薬栽培と映るらしい。
 それもそのはず、スーパーに並んでいる野菜に虫が食った跡かたがついたものを見ることができないから。

 無農薬栽培なんて「夢のまた夢」ですよと言いたくなるが、その方の夢を壊したくないし、そうではないのですよと話すと、何回使うのですかと、ややこしい話になりかねないので、あえて私は「家庭菜園は雑草と虫との闘いですよ」と当たり障りのない返事でその場を切り抜けることにしている。
 でも多くの人は、無農薬で野菜ができるとは思ってはいないし、虫も食べないような野菜は美味しくないですよね」と素直に現実を見ていらっしゃる。

 露地栽培で無農薬栽培の難しさを私は、十数年の家庭菜園を通じて身をもって嫌というほど体験してきた。

 無農薬栽培だとどうなるか、恥ずかしながら私の菜園の姿をご覧いただこう。

b0008825_17360833.jpg
キャベツは青虫とヨトウムシのえさ場になり、無残な姿に
 親しい菜園仲間からは時々、「青虫の餌を作っていますね」と笑われてしまうこともある。101.png

 青虫はモンシロチョウが産み付ける卵から生まれる虫であることは先刻ご承知だと思うが、そのモンシロチョウは、家庭菜園の定番ともいえる白菜、キャベツ、小松菜、ブロッコリー、カリフラワーなどお馴染みのアブラナ科の野菜に卵を産み付ける習性があるので、青虫を防ぐには、モンシロチョウを寄せつけなければいいのだが・・・。
b0008825_17374221.jpg
防虫網の中はターサイ

 アブラナ科野菜全部に防虫網を張り巡らせばいいのだが、結構手間がかかるので、ついつい青虫の餌食になってしまう。

「虫を発見したらその場で取り除く」ことができればいいのだが広い菜園では、朝から晩まで虫の動きを監視しているような暇もなく、根性もないので、とどのつまり農薬を使ってしまうことになる。

 でも私はできるだけ農薬は使わないことにして、主に幼苗のころに限定して使用することにして、特に生で食べる野菜の収穫時期には絶対使用しないようにしている。
 虫と雑草との闘いは、今日も続く!
 ================================


[PR]
# by matutaka31 | 2018-12-12 17:27 | 思いのまま | Trackback | Comments(4)

大雪と12月8日、そして水仙の花

 b0008825_13444643.jpg


 12月7日から冬至までの期間は暦の上で「大雪」。
 山岳だけでなく平野にも降雪のある時節という24節気の一時期にあわせたように、当地では、それまでの暖かさが一変して文字通り冬将軍がやってきた。



 そして12月8日は、日本軍がアメリカの真珠湾を奇襲した太平洋戦争の始まりの日。

 この大戦で日本兵士230万人一般市民80万人合わせて310万人の尊い命が失われてしまった忌まわしい歴史の始まりで、日本人として絶対忘れてはいけない日である。
b0008825_13481023.jpg


 尊い命を落とした310万人の人たちは、戦争さえなかったなら幸せな人生を送れたはずである。こんな悲しいことがあっていいものか。二度と繰り返してはいけない悲劇。
 戦争と原爆体験の語り部として平和の尊さ、命の大切さを訴える度に、そんな思いを強くする。



 7日は地域のひょうたん池の花壇管理のボランティア作業の日だった。
 どんより曇って、今にもみぞれが降りそうな天候の中、花壇管理のボランティア作業。
 メンバーは高齢者も多く、この寒さのためか、集まる人も少なく日頃の半分の5人だけ。

 「大雪」、そして冬将軍が押し寄せるこの時期だというのに、池のほとりでは、早くも水仙の花が咲いていた。
 ほのかに甘すっぱい香りが漂い、寒い中で作業する人の心を和ませてくれる。

b0008825_13500572.jpg
日本水仙の花

 これから寒さに向かう時期に、懸命に咲く水仙の花を見ると私は、12月8日を意識するためか、なぜか若くして招集された若者の顔が重なってしまう。
 やっと大人の仲間に入ったばかりの紅顔の青年が、厳しい戦地に向かう情熱に満ちた表情をしながらも寂しさが漂う姿を想像してしまう。

b0008825_13504726.jpg
 戦地で命を落とした青年たちは、さぞつらかっただろうな~、さぞ残念だっただろうな~と、その心情を推し量ると悲しさがこみあげてくる。


==================================



[PR]
# by matutaka31 | 2018-12-09 14:43 | Trackback | Comments(8)

師走の、ある一日

 私の火曜日は毎週、太極拳教室から始まる。

b0008825_15171632.jpg

 JRと市営地下鉄を乗り継いで、家を出てほぼ50分でNHK 文化センターの会場(太極拳教室)にたどり着く。
 開始までのわずかな時間を、自販機のコーヒーを飲みながら、くつろぎの一時を過ごす。

 10時30分から12時までの太極拳教室での1時間半は私にとって、太極拳の動作を学ぶだけでなく、太極拳を構成している一つ一つの動作が自分の健康にどのような効果をもたらすのかを考えさせられる、というより意識させられる貴重な時間である。
 言い換えれば太極拳の一つ一つの動作が自分の体調維持もしくは向上にどのような効果があるのかを考えさせられる内容が多いので、太極拳の動作に限らず、日ごろ家で行うストレッチやウオーキングなどにも通じるなど、私に体調管理の大切さを教えてくれる貴重な時間である。
 そのように充実した実技練習と講座だから、あっと言う間に90分が過ぎてしまう。

 だから私は毎週、この教室に出かけるのが楽しみで、よほどのことがない限り休まないようにしている。

 練習後のの昼食がとても美味しいこと一つとっても、私にとってこの太極拳教室が如何に充実したものであるかが分かろうというもの。

 午後はボランティア。
 ボランティアのため地下鉄を降りて地上に出ると、目の前にあっと驚く黄色い絨毯模様が飛び込んできた。

b0008825_15100135.jpg
銀杏の葉の絨毯
 
 福岡市の昭和通りには銀杏の樹が多い。
 折からの風で一斉に落ちた銀杏の葉が折り重なり、まさに目が覚めるような絨毯そのものの光景が飛び込んできた。
 思わずカメラを取り出してパチリ!
b0008825_15103494.jpg
今年目にした最高の紅葉シーン!

 このまま紅葉を楽しみながら歩きたくなったが、気を取り直して事務所へ向かう。

 この日のボランティアは、私が所属する団体のホームページ更新作業。
 作業は、ホームページのリニューアル。
 もう何日も続くのだが、独学の素人の悲しさとでも言おうか、あれこれデザインを考えたり読みやすいように原稿を編集したり、行きつ戻りつ、自分でも歯がゆいくらい時間がかかってしまう。
b0008825_15123056.jpg




 それでもサポートしてくれる仲間のおかげで、完成まであと一歩のところまでこぎつけた。
 積み重ねたファイル数は200をこえた。
 もうひと頑張り!、ボケてる暇はない。


 
 疲れて集中できる限界を感じたので、作業を終えて夕暮れの外へ出た。
 このフレックスさが私のボランティアを支えてくれる。


 イルミネーションが光り輝く街角のビルの温度計は、12月と言うのに19℃を示していた。
 このまま暖冬であればいいのだが・・・。
 その後、まっすぐ帰宅したかって?
 ご想像にお任せしよう!104.png

==================================



[PR]
# by matutaka31 | 2018-12-05 15:14 | 思いのまま | Trackback | Comments(4)

11月のウォーキング

 絶好のウォーキング季節到来!

 夏の暑さに負けて低調だったウォーキングも、少し調子が上がってきた。
 11月中に歩いた距離は、126キロ、一日当たり平均4.2キロ。

 11月は天候にも恵まれ、バス・電車の一駅区間をなるべく歩くようにしたことや、紅葉狩りなど遠出の機会があったことが重なり、そこそこの距離になったと思っている。

 普段乗り物で移動するところをたまに歩いてみると、思いがけない発見があり、街の移り変わりを知ることができる楽みもある。

b0008825_11062963.jpg
ボランティアが終わって、食事の後の帰り道で見た警固公園のイルミネーション

 目標の一日当たり平均4.2キロを少し上回ることができたのは、身の回りに特別変わったこともなく、体調の変化もなく歩き続けることができたためであり、健康で過ごすことができ証に外ならず喜ばしいことである。

 最近歩きながら考えることは、長尾クリニックの長尾和宏院長が言った「病気の9割は歩くだけで治る」である。この言葉を信じるも信じないも、要は自分自信の心の持ちよう次第!

 だから足腰を鍛えることを意識するだけでなく、セロトニンの効果が大きくなるよう、手を大きく振って体をゆするようにリズムカルに楽しく歩くことを意識している。

  意識するだけで行動が変わるから!

「インターネットバーチャル日本一周ウォーキング」は今、津から伊勢を目指している。

b0008825_11092748.png
 伊勢神宮は一度行ったきり。
 でもこの周辺には仕事で何回か訪れた地域で、懐かしい思い出もある。

==================================


[PR]
# by matutaka31 | 2018-12-02 11:11 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)

美味しかった、つくね芋の天ぷら

 天神のとある行きつけの居酒屋で、これまで口にしたことがない「つくね芋の天ぷら」のメニューが目にとまった。
 珍しかったので同席していた仲間と、食べてみよう!となり、注文。
 出された揚げたての天ぷらを一口食べて、思わず、うまい!を連発した。
 お湯割りの焼酎によく合う、申し分ない絶品の肴!

 家庭菜園でつくね芋を作っているので、自分で作った食材でこの美味しいてんぷらを食べてみたいと思い、料理長に、美味しかったのでぜひ作り方を・・・と所望。
 店の料理の手の内を聞くのは野暮だと承知しているが、顔見知りのよしみで教えてもらえるのではないかとダメもとで聞いたのだが、太っ腹の料理長は快く教えてくれた。

 味付けは個人差があるので細かく聞く必要もなかったし、実際に作るとき自分の好みに合わせればいいことなので、教えてもらった作り方だけを、忘れないようにそっとメモしておいた。
その内容が、これ。

b0008825_21182082.png

1、つくね芋:皮をむいてステック状に(大きさは好み)
2、味付け: 軽く煮た後、冷やして味を浸み込ませる
       だし汁
       薄口しょうゆ
       みりん
       砂糖
3、小麦粉を付けて揚げる。

 早速、家庭菜園で収穫したつくね芋で、天ぷらを作ってみた。
 天ぷらは揚げたてが一番おいしいが、この天ぷらも例外ではなく、熱々の揚げたての味は、絶品!
 おかげで晩酌のお湯割りの焼酎もおいしかった。

b0008825_21052159.jpg
揚げたてのつくね芋の天ぷら

 少し残ったので冷蔵庫で保存して翌朝食べたが、揚げたてと比べると、もう月とすっぽんと言いたい程。
 やはりつくね芋の天ぷらは、揚げたてに限る!

今年のつくね芋の収穫。

b0008825_21061696.jpg
掘りたてのつくね芋(夏の干ばつで、芋の大きさが不揃い)

大きいのは1.3キロから小さいのは50gまで、種々雑多。
素人が作ることだから、こんなものだろう104.png
=========================================



[PR]
# by matutaka31 | 2018-11-29 17:59 | 思いのまま | Trackback | Comments(5)

ザボンの夏秋梢の剪定

 庭先に植えているザボンの着果が思わしくないので、昨年秋、思い切って込み合っている枝の1/3位を切り落とし、その結果を見守ることにしていた。
 その結果かどうかはよくわからないが、1年目の今年、昨年の倍近く十数個のザボンが実っている。

b0008825_20563369.jpg
色付いてきたザボン

 昨年の強い剪定をしたこともあって、今年は夏から秋にかけて夏秋梢が勢いよく一斉に伸びてきた。
 このままこの夏秋梢を放置しておくと、せっかく樹形を整えようとした試みが元に戻ってしまうので、今日、この夏秋梢を切り落とした。


b0008825_21000254.jpg

ミカンの木で夏から秋に延びた新しい小枝を(夏秋梢 かしゅうしょう)という

 この夏秋梢は、葉が柔らかいのでハモグリガの被害を受けることが多いうえ来年花芽が付かないので、なるべく切り落とすのがよいとされている。
b0008825_21035600.jpg
黄緑色の柔らかそうな葉がついている小枝が夏秋梢


b0008825_21075455.jpg
もうすでにハモグリガが、新葉に食い込んでいる(葉に地図のような食害の様子が)


 我が家の狭い庭でこれ以上大きくなると、高齢の私にとって管理が行き届かなくなるし、隣に植えている八朔の枝と込み合うことになるので、思い切って切り取ってしまった。
 来年か再来年、庭先の木の枝に赤ちゃんの頭ほどのザボンが鈴なりの生るのを夢見て。

==================================


[PR]
# by matutaka31 | 2018-11-26 21:18 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)

さつま芋の収穫と貯蔵

 家庭菜園で作ったさつま芋(紅あずまと安納芋)を、期待を膨らませながら、予定している芋掘り会用を残して収穫した。
 今年は、さつま芋が成長する7~8月に蔓が枯れそうになるほどの日照りが続き収穫が危ぶまれたが、その後の降雨でなんとか持ちこたえものの、果たしてまともな芋が育っているのか、掘り起こすまで不安だった。

 結果は案の定、出来はいまいちで芋の数も少なく、その一個一個のサイズもいつもより一回り小さめのものだった。

b0008825_14300323.jpg
掘りあげたばかりのさつま芋、品種は「紅あずま」

 普段は大きくなるはずの芋が今年は、細くて小さなくず芋になってしまい、収量も大幅にダウンしてしまった。

 このくず芋は、今では捨て去られてしまうが、終戦前後の食糧難の時期には、捨てるどころか貴重な食べ物になっていたことを思い出す。

b0008825_14322014.jpg
今はくず芋として捨てられてしまうが、当時は貴重な食材だった

 当時母が、空き地を借りてさつま芋を作って食料の足しにしていたころ、このくず芋や芋蔓を、小さく刻んで乾燥したものを団子にして食べさせてくれたことを思い出す。
 病弱だった母が身を粉にして作ってくれたさつま芋のありがたさは、73年経った今も忘れられず、食料調達に難儀していた母の苦労がしのばれる。

 私は今でもその頃のことが忘れられず、今ある命はそのさつま芋のおかげだと言っても過言ではなく、このくず芋は捨てることなく、可能な限り食材として利用することにしている。
 このようなさつま芋にまつわる話は、今の若い人や子供たちにはとても信じられないことで理解に苦しむことだと思うが、現実にそんな出来事があったことは伝えなければならないと思っている。

 <私の貯蔵方法>
 さつま芋は寒さに弱いので、貯蔵はできるだけ13~15度以上の温度が確保される場所を選んで貯蔵することにしている。

 堀りあげたさつま芋は、そのまま半日くらい天日にさらして乾燥させる。
 土付きのさつま芋は、洗わずにそのまま乾かし、乾いた土を軽く払い落し、芋を一つ一つ新聞紙で包んで段ボール箱に入れて密封しないで貯蔵する。 傷ついた芋は、腐りやすいので、貯蔵しないで早めに食べることにしている。

b0008825_14345774.jpg
b0008825_14351767.jpg
芋を一つ一つ新聞紙で包み、段ボール箱に詰め込んで貯蔵する

 段ボール箱の置き場所は、温度が13~15℃保たれる、部屋の片隅など生活の邪魔にならない場所を選ぶようにしている。
 また段ボールの大きさは特に気にすることはないが、部屋の中に置くので足を引っかけてつまずいたりしないためにも、あまり大きな箱は使わず小さめの箱に分散した方が安全で便利。
 このように貯蔵したさつま芋は、甘みが増して一段と美味しくなり、年明けの3月ごろまで美味しいさつま芋の味を楽しんでいる。


==================================



[PR]
# by matutaka31 | 2018-11-22 14:37 | Trackback | Comments(6)