酒蔵開きで楽しい一日

 美味しいお酒(日本酒)が楽しめる!そんな雰囲気に惹かれて、久留米市の城島「酒蔵びらき」に仲間と出かけた。

 福岡天神駅から西鉄電車に揺られること40分、着いた三潴駅からシャトルバスに乗り継ぎ、緑が際立ち始めた麦畑が車窓に映る田園地帯を走ること約20分で会場にたどり着く。
 (城島は兵庫の灘・京都の伏見・広島の西条と並ぶ酒どころだという)

b0008825_17522943.jpg

 雲一つない晴れに風もない絶好のお祭り日和で、会場に着くと、人出の多さにびっくり!
 もう立錐の余裕もないほどの人出。この人出だと多分10万人は超すだろう・・・そんな熱気を感じてしまう。
 一歩踏み入れると、手に手に枡やコップを片手に、もう一方にはつまみを握って、顔が緩みっぱなしの人また人。酒蔵まつりならではの光景が繰り広げられている。

b0008825_17531489.jpg

 はやる気持ちを抑えながら早速、飲み比べのチケットを購入して、飲み比べの一群に加わる。

 飲み比べできるコーナーにエントリーされた銘柄は、城島地区8蔵元選りすぐりの37銘柄。
 チケットは12枚お猪口付きで600円。

 このチケットでお好みのお酒を好きなだけ飲める仕組みになっていた。
   A 普通酒~本醸造クラス12品種の中から:チケット1枚で1杯  
   B 純米酒クラス12品種の中から:チケット2枚で1杯
   C 吟醸酒~大吟醸クラス13品種の中から:チケット3枚で1杯

 人気が高いのはやはり、吟醸酒~大吟醸クラスで私たちもその雰囲気に誘われ、まろやかでフルーティーな味のお酒を選んで、3杯飲んだ。
 純米酒クラスも1杯飲んで、すっかりいい気分。
 つまみが無かったので、ちくわとフランクフルトを買って、いい気分で飲み歩く。

 おまけに「角打」コーナーで美味しそうな銘柄を選んで、枡酒をもう一杯(有料)!
 もうこれだけ飲むと、すっかりいい気分になって大満足。

 周りは酒蔵巡りの‟通”ばかりという感じがする。 通とみられる皆さんは、もう慣れたもので酒の肴は自分で持って来ている。

b0008825_17540148.jpg


 お隣に居合わせた男性は、「生のエビ」を肴に美味しそうにご満悦。
 「そんなエビの肴、何処で売っていますか?」と尋ねると、「やはり日本酒には生のお刺身がなければね~、自分で買って持ってきたんですよ(^o^)。出店は焼き物ばかりで、生ものはありませんからね。・・・・納得。
 周りの人達も、夫々好みの肴を持参していて、大いに盛り上がっている。

 そうか、こんなてがあったのか・・・と納得!迂闊にも私たちはそんなことを知らなかった。

 よし!来年度は肴持参で来ようっと!! そしてもっと楽しむぞ・・・と仲間と合点。
 とは言え、来年も来れるような健康であればいいのだが・・・、いやいやそうでなければいけない。(^o^)

 会場は和やかな雰囲気に包まれて、見知らぬ人とも気軽に話ができる。
 中には飲みすぎて倒れ込む人も・・・でも不思議にみっともないとは思わない。むしろ微笑ましい光景にさえ見えてくる。
 同じ思いの人が集まると、こんなおおらかな世界が広まるのかと、思わず日本は「平和」だな~と実感すると同時に、これから先、戦争への道を歩むような過ちをしなければいいのだが・・・とふと考えてしまう。

 メインステージでは、楽団演奏や地元の城島龍神太鼓が披露されていた。演歌や歌謡曲の演奏に合わせて、みんながが楽しそうに踊り出す。まさにおまつり気分も最高潮!

b0008825_17545594.jpg
 共通の思いをする人が集まると、こんなに楽しく過ごせる。今の日本の社会が失いかけているものに気付かされるような気がした。
 酒蔵びらきという日本ならではの伝統行事で、日本酒の味を堪能しながら日本の食文化を垣間見るような、そんな楽しいひと時でもあった。

≠====================================




[PR]
# by matutaka31 | 2018-02-19 15:29 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)

春野菜作りを始めた

 170坪ばかりの我が家庭菜園にも、菜の花の蕾が膨らみ、雑草も勢いを増すなど春の足音が聞こえ始めた。
 今日は春野菜作りの第一陣とばかり、レタス、サラダ菜、ビタミン菜の3品種を144ポットに種を播いた。

b0008825_15542734.jpg
ポットに培養土を入れ小さな種を4~5粒播く、全て手作業

 先日、パソコン同好の仲間との酒席が盛り上がるなか、畑に直播するより一足早く収穫する方法としてポットで種まきする方法を、家庭菜園を楽しむ仲間から教えてもらった。
 畑に種を播くのは少し早いのでポットで芽出しをして、本葉2~3枚に成長した頃畑に移植する方法。

b0008825_15544536.jpg
防風・保温ケースの中で入れ、発芽を待つ

 外気温が15℃以上になったら春菊、ほうれん草、小松菜を菜園に直播して、寒冷紗で保温して育てる予定で、すでに種を手に入れてその時期を待っている。多分来週あたりにはその時期が来るだろう。
 我が菜園でも、いよいよ春の活動が始まると思うと心が弾む。

 市場では野菜の高値の嵐が吹きまくっているが、我が菜園では今、レタス、ほうれん草、水菜、白菜、ブロッコリー、カツオ菜、大根、ニンジン、里芋が何に不自由なく収穫出来るので、我が家の台所では無風状態。 お陰様で自然の恵みに感謝しながら、趣味と実益を楽しんでいる。


 周りでは梅の花が咲き始めた。

b0008825_15594409.jpg
ご近所さんの梅

 今年は記録的な寒波で梅の開花が遅れている。我家の枝垂れ梅も、やっと蕾が膨らんで、1輪1輪とぼつぼつ咲き始めたがまだ写真でご紹介するほどのものではない。見ごろは月末だろうか。
≠===========================



[PR]
# by matutaka31 | 2018-02-15 16:02 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)

楽しいボランティア

 楽しいボランティアに参加できる、今の健康に感謝!
 震えあがりそうな寒い日だったけど、いつもの地域のボランティア活動で楽しいひと時を過ごした。

 地域の憩いの場「ひょうたん池」で花壇などの管理を行う週1回ボランティア活動で、この日は藤棚の剪定を行った。
 ひょうたん池の入り口に10年ばかり前に植えた藤が今では、手作りの棚にそって伸び、小さいながらも、藤棚らしい様相を呈している。

 棚に這わせているので普段はあまり手がかからないが、7月の剪定の後、新たな蔓が勢いよく暴れまくるように伸び放題になっているので、この徒長蔓の剪定はこの時期欠かせない作業。

b0008825_11461319.jpg
暴れまくる徒長蔓

 剪定は花芽と葉芽を見分けながら伸び放題の徒長蔓を切り落とし、花芽の付いた蔓をバランスよく配置(棚に固定)するのが主な作業。藤の花がきれいにすだれ状に咲くかどうかを左右する剪定だから、結構気を遣う。

 市の講習会で学んだことを頼りに、花芽と葉芽を見分けながら伸び放題の徒長蔓を切り落としていく。その後、込み合った部分も間引きし、花芽のついた蔓を棚にバランスよく針金で固定する。

 作業は棚の上に上がってすれば楽であるが、80歳を過ぎた今、棚の上でバランスをとりながら作業をする自信がないので、脚立を使って棚の下から上向きの姿勢で剪定をすることになるので結構首が疲れる。

でも4月の藤の花を想うと、ボランティアとは言え、結構楽しい作業。

b0008825_11474834.jpg
剪定を終えてすっきりした藤棚

 クラブの皆さんも寒さをものともせず、元気よく徒長蔓の切り落としや切り取った蔓の後片付けなど一緒にやってくれるので、楽しい雰囲気の中で作業は1時間あまりで終了。
 意気の合ったボランティアは楽しい!
 4月、スダレ状の藤の花の下で、「花見て一杯」をやりたいものだ。\(^o^)/

============================


[PR]
# by matutaka31 | 2018-02-12 11:24 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)

野菜泥棒

 先週話題になった佐賀県での白菜泥棒のことを書くのをためらっていたら、今度はまた長崎県でブロッコリー泥棒が発生、と昨夜テレビで伝えていた。
 先週の新聞記事、「盗まれたのは・・・白菜500個」の記事、テレビでも白菜が無残にも切り取られた跡と、盗まれた男性のやるせない表情が放映されていた。

b0008825_13542020.jpg
事件を奉じた新聞記事

 何カ月もの長い間汗水流して作った野菜が、心無い輩に、夜陰に乗じて持ち去られてしまったらしい。
 こんな目にあったら、私だって怒り心頭に発する。

 そして今日は軽トラックを畑に乗り入れブロッコリーを盗んでいる現場を押さえられた、というニュースがテレビで放映されていた。 犯人はなんと同業の農家の男性だという。小遣を稼ぎたかったと・・・。
 開いた口が塞がらない、なんと言う情けないことだろう。

 

 野菜泥棒は、今に始まったことではない。私たち家庭菜園家の間でも、時々被害に遭ったことが話題になる。
 中には植えたばかりの苗を持ち去る不埒な輩もいるという。
 なんという浅ましいことだろう。
 これは、子供のいたずらとは訳が違う。
 子供のいたずらは、その跡を見るとおおよそ見当がつくし、大目に見て怒る気にもならず見過ごすことができるが、大人のするコソドロは最低で許せない。

 こんな話が出る度に思うことは、せこい泥棒にギャフンと思わせる妙案はないものかと考えるが、考え付くことはその後事件に発展しかねないことばかり。(^o^)


こんな救いようもない輩には、こんな故事を↓↓↓煎じて飲ましてやりたいと思うのだが、・・・

【渇しても盗泉の水を飲まず】
【武士は食わねど高楊枝】
【鷹は飢えても穂を摘まず】
【虎は飢えても死したる肉を食わず】

多分飲もうとしないだろうな~、舌先でちょっと舐める程度が関の山だろうか。

それ程濡れ手に粟のような振る舞いで稼ぎたいのなら、勧めるつもりはないが、山に行けばいい。
人里離れた管理が行き届かない荒れ放題の山には、自然の恵みが沢山眠っている。但しそこには、
 イノシシが牙をむいて待ち構えているかも知らない。
 またマムシが草陰で、密かにどくろをまいて待っているかもしれない。
 時にはスズメバチの大群が突如襲ってくるかもしれない。
 そんな外敵に出会わないにしても、足を踏み外して転落して大怪我かひどい時は帰らぬ人になるかもしれない。
濡れ手に粟を望む者は、それくらいの覚悟は必要だろう。


=====================================

[PR]
# by matutaka31 | 2018-02-09 13:49 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)

福岡でも大雪が

 昨夜から降り出した雪が今朝まで降り続き、目を覚まして2階の窓から目に入ったのは、一面の銀世界!
 小さい子供が居たらきっと喜んでダルマ作りをするだろうな~と思ったが、この周りにはそんな元気の良い子供は少ない高齢化社会だから、し~んと静まりかえっている。今日の局地予報は最低気温マイナス1℃、最高気温2度。

b0008825_15095437.jpg
2階の窓から見た周りの雪景色

 家の庭も、珍しく雪化粧! この寒波で弱り果てている花たちは全て、雪の中にうずもれてしまっていた。
1月に収穫したとき残していた八朔を昨日収穫していたので、この寒波の被害を逃れてよかったと、と胸をなでおろした次第。
b0008825_15190753.jpg
庭もこの通り、一面雪に覆われてしまった

 今日はNHK 太極拳教室の日。
 寒さに負けるわけにはいかないので、出かける支度をしていると、家族が、「こんな雪の中、行くの?」と念を押す。
「ウン、行くよ!」と空元気を絞り、吹雪の中を帽子にマスクの出で立ちで出かけた。101.png
 一歩道路に出ると、路面が凍って滑りそうになる。注意深く歩いて、吹雪の中を、駅にたどり着く。
b0008825_15261402.jpg
路面が凍り付いて、その上に新雪が積もっている

 太極拳教室は、いつもより欠席者が多かった。
 同じ年代のメンバーの一人が、「こんな日に出かけるの?」と家族にたしなめられたと笑って話をしてくれた。

 確かに”80歳を過ぎてなんでそんなに頑張るの?”と言われそうだが、本人はそんなに無理をしているのではなく、むしろこんな日でも出かける元気があることが喜びであり、出てゆく意欲そのものが元気の源でもあると思っているのだから。あまり心配しないでほしいと内心願っている。
 何事もやる気を失わないことが、アンチエイジングの妙薬なのだから。(^◇^)

============================



[PR]
# by matutaka31 | 2018-02-06 16:05 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)

インターネットバーチャル「日本一周歩こうかい」in茨城

 インターネットバーチャル「日本一周歩こうかい」、ただ今茨城県笠間市から下館に向かって歩いている。
 現在、日本一周ウォーキングの2周目に挑戦中であるが、これまでに歩いた距離は3,4201km、全長8,955㎞の38%。1月に歩いた距離は119㎞、一日平均3.8㎞で、目標の4㎞には届かなかった。
(「日本一周あるこうかい」は、無料ソフトで、登録は簡単。参加するとウォーキングの目標ができて、歩くのが楽しくなります。)↓↓URL参照
   http://www.walk-21.com/index.html

b0008825_21310652.jpg
 1月の目標未達の原因は、鬼の霍乱と言いたいくらい、不本意ながら風邪を引いてしまったから。検査の結果インフルエンザではなかったが、風邪の回復が年と共に遅くなり、1週間ほどウォーキングもままならない日が続いた。
 若い頃は、お酒を飲みながら2~3日もおとなしくしていれば治ったものだが、今は情けないことに、10日以上経ってもスッキリ治らない日が続いてしまう。

 思い当たることは、「筋力や脚力は貯金できない」ということ。
 若い頃は、しばらく運動しなくても、筋力や脚力の衰えをあまり感じなかった。ところが年を重ねるにつれ、2~3日運動しなかっただけで、筋力や脚力の衰えを感じてしまう。しかもその衰えを取り戻すには、休んだ時間の何倍もの時間と運動が必要になる。
 70歳を超した頃から筋力や脚力の貯金は難しいことが分かっていたが、80歳を過ぎた今、毎日少しでも良いから運動して目減り分を補充しないといけないことを、改めて実感した次第。

 今月歩いたバーチャルのウォーキングコース上には、水戸と笠間がある。
 水戸で有名な観光地と言えば、「偕楽園」を思い浮かべる。その偕楽園を私は何度か訪れたが、ここの梅の花は見事で一見の価値がある。今日現在梅の開花状況は、800本の内17本で、開花は3%との速報があった。間もなくこの梅林は大勢の梅見客で賑わうことだろう。

b0008825_10233629.jpg
偕楽園は、金沢の兼六園・岡山の後楽園とともに日本三名園のひとつに数えられる

 私は東京にいた頃、よく栃木県の益子陶器市に出かけたが、その陶器市に行くとき、必ず通ったのが笠間市。
b0008825_10593774.jpg

 笠間は笠間稲荷神社と笠間陶器市が思い出に残っている。

 笠間稲荷神社は、伏見稲荷大社・祐徳稲荷神社・豊川稲荷とともに日本三大稲荷のひとつに数えられることがある

 何度か笠間陶器市に立ち寄ったことも思い出す。


 2月は栃木県内に入る。栃木県も想い出多いところ。いろんな思い出を楽しみながら、元気で今日も歩き続けよう。貯金よりも目減り分の補充のために。

============================


[PR]
# by matutaka31 | 2018-02-02 21:26 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)

手作りの甘酒を楽しむ~おふくろの味を思い出しつつ~

 子供の頃、母が甘酒を良く作って飲ませてくれた。戦後の砂糖が少ない時代だったので、いつまでも口の中に残るほのかな甘味が忘れられず、甘酒に出会う度に、子供の頃飲んだ温かい甘酒の美味しかった記憶を思い出す。
 風邪を引くと母が、自家製の甘酒を温めて生姜を入れて飲ませてくれた。今でも忘れない、おふくろの味の一つ。

 そんな甘酒が私は今も大好きで、郊外に出かけたとき道の駅や祭りの会場などで甘酒を見かけると、童心に還ったような気持になって、つい飲みたくなる。子供の頃の記憶にある美味しい甘酒に出会うことはあまりないけど、・・・。104.png

b0008825_15015328.jpg
左は手作りの甘酒、右は市販の甘酒(原材料:米・米麹、ブドウ糖・食塩と表示〉

 もう3年前になるだろうか。仲間と宗像市 鎮国寺の梅見に行ったときのこと、小雪が舞うあまりの寒さに飛び込んだ茶屋で飲んだ甘酒の美味しかったことを、今でも思い出す。その時飲んだ小さなコップ1杯の甘酒は、最近記憶に残る本物の甘酒のおいしさだった。

 今、甘酒ブームである。ビタミンB群など栄養豊富で便秘にも効くので飲む点滴とも言われるほどの人気ぶりで、スーパーに行けば製品化されたいろんな甘酒を買うことができる。一方、自分で好きなように作って飲む人のために、甘酒用米麹もたくさん陳列されている。
 寒い日が続くと、生姜入りの熱い甘酒が飲みたくなる。甘酒なんて言わずにお酒の熱燗を飲めばいいじゃないかと言われそうだけど、お酒と甘酒の美味しさは全く別で、体が要求しているかのように、つい飲みたくなってしまう。 かといって出来合いの甘酒を買って飲もうとは思わない。101.png

 昨日、手作りの甘酒が飲みたくなって、甘酒作りに挑戦してみた。

 作り方は、極めて簡単!で、材料さえそろえれば誰でも簡単に作ることができる。作り方はネットで検索すれば、いろんな作り方が紹介されている。

 私が作った甘酒の作り方
 国産の米:1合、水400CCでおかゆを炊く
 市販の米麹:300g
 炊きあがったおかゆを60℃に冷やして、ほぐした米麹をよく混ぜて、保温器で約9時間保温する。
 出来上がった甘酒は、タッパーで冷蔵保存


b0008825_15124060.jpgb0008825_15130963.jpg 

ほぐしてばらばらにした麹  市販されている麹はブロック状に固まっている
b0008825_15133104.jpg
おかゆに麹を混ぜ合わせた状態

 果たして、昔おふくろが作ってくれた甘酒と同じようなものができただろうか。多分、同じものは出来ないと思う。なぜなら、当時は麹も種麹を買ってきて、自宅で作っていたので、今の麹とは麹菌の種類も違うだろう。 また当時は、保温器なるものはなかった。甕に甘酒を仕込んで、周りを毛布でくるんで温めて作っていたので、出来上がるのに時間がかかっていたし、その間の保温具合が甘酒の出来を左右していたように思うから。

 昨夜仕込んだ甘酒は、9時間後の今朝、もう出来上がっていた。

b0008825_15222610.jpg
タッパーに入れて冷蔵保管する

 出来具合の良し悪しはともかく、幼い頃の思い出に浸るには十分な甘酒になった。

 出来上がった甘酒は、言うなれば味付けをしていないプレーン甘酒。シンプルな自然の味が好みであれば、そのままプレーンヨーグルトと同じようにおやつ感覚で食べるも良し、お湯を加えて温めて飲むのも良い。
 また物足りない人は自分の好みに合わせて、生姜を加えたり、砂糖を足したり、食塩を少々加えるなど好みに合わせて味付けするのも良し。

 何れにせよ、自分の健康にプラスになることを意識しながら、手作り甘酒のいろんな味を楽しんでみようと思っている。

 これが手作りの甘酒の美味しさの秘訣である。

============================


[PR]
# by matutaka31 | 2018-01-29 15:16 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)

寒い日のウォーキング

 いつもとちっとも変わらない周船寺川の畔、蕾がまだ硬い桜の枝が寒々とした水面の景観を遮る。私が時々選ぶこの散歩道、路傍に生えている枯れ草や灌木は、何時通っても、一見寸分変わらない風情が目に飛び込んでくる。

 今日の気温は最高でも零下のようだ。玄界灘を渡ってくる北風は、頬をさすように冷たく、マフラーをぐるぐる巻いた首を思わずす亀の頭のように肩の中にすっぽり埋めてしまいたくなる。
 あまりにも冷たい風に、胸を張って大股で歩きたい気持もつい失せ、小幅でちょこちょこ歩いている姿はきっと滑稽に映るだろう。
 人通りが少ない川縁を歩いていると、クロツラヘラサギが仲良く餌をついばんでいた。カメラを向けても驚く気配がなく、悠然と食事を楽しんでいるかのようだった。

b0008825_17435206.jpg

b0008825_17484909.jpg
クロツラヘラサギ

 クロツラヘラサギは、トキ科の渡り鳥で絶滅危惧種。名前の通り黒い顔と、細長いヘラのようなクチバシが特徴。朝鮮半島北西部や中国で繁殖する。 博多湾の今津干潟や多々良川河口は、有名な飛来地。

 更に歩を進めると、鴨の一群に出会った。凍ってはいないが、冷たい水は体を冷やすのだろうか、多くの鴨が土手に上がって日向ぼっこをしているようだった。

b0008825_17471741.jpg
鴨も日向ぼっこ


 何の変哲もない田舎道だけど、よく見るとそこにはそれなりに春の息吹を感じてしまう。田んぼに目をやると二毛作のビール麦が芽を出していた。すじまきされた小麦の芽の幾何学的な模様が鮮やかで、厳冬の中でもほのかな温もりを醸し出している。

b0008825_17575436.jpg
ビール麦の芽が伸び始めた

b0008825_18012810.jpg
傍らでは、ナバナの蕾が膨らんでいた

 確実に季節が移り変わっていることを、それとなく教えてくれるようだ。
 そんな大地の変化を目の当たりにすると、寒々とした田舎道であっても、人の心を癒してくれているような温かみを感じてしまう今日のウォーキング。

 近くの瑞梅寺川の河岸に出てみた。
 
b0008825_18035749.jpg
そこには水仙が咲き誇っていた


 関東では34年ぶりの大寒波だと報じている。

 今日は歩くのを止めとくかな~ と瞬間自問自答しながらも、習慣が一人歩きして、歩こう!となる。
 一度ペースを落としてしまうと、再び立ち直れなくなるかも知れない。健康を維持することは、大変なことだと、つい余計なことを考えてしまう。(^◇^)101.png

 
それでも歩かねばならぬ・・・坂本冬美の演歌「風に立つ」を思い出しながら老骨に鞭を打っている。
                    

============================




[PR]
# by matutaka31 | 2018-01-25 18:06 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)