枝垂れ梅の実が・・・

 今年は何故か、庭の枝垂れ梅に、梅が一杯生った。
 今までほとんど実が生らなかったので、枝垂れ梅には実が生らないものだと思い込んでいたところ、昨年珍しく20個ばかり生ったのでオヤッと思ったところだった。
 ところが驚いたことに、今年は梅の実が鈴なりになっている。
b0008825_21463831.jpg

 考えて見れば、花が咲く以上、実が生るのは不思議なことではないのだ。むしろ今まで生らなかったのがおかしいのかも知れない。
 でも今年は何故、今まで生らなかったのに、こんなに沢山梅の実が生ったんだろう?
 不思議に思ってたところ、 ある人がこんな話をしてくれた。
  “今年は小鳥が少なくて、花を食いちぎることが少なかったので、梅が一杯生っている”
 言われてみると、確かに今年はメジロがほとんど来なかった。
 そしてホ~ホケキョ~と夜明けを知らせてくれるウグイスも・・・、来たのはヒヨドリだけだった。
 もしそれが本当の原因だとすれば、メジロは我々の目を楽しませてくれる可愛い小鳥だが、梅栽培をしている人にとっては天敵みたいな存在になってしまう。

 実が生ることはいいことなのだが、困ったことに剪定をしなければならない枝に梅が生っているので、剪定すべきかどうか迷ってしまう。もう剪定の適期はとっくに過ぎてしまっているのに、・・・。
 剪定をすれば、大半の実を犠牲にしなければならないし、実を収穫しようと思えば、剪定の時期をずらさなければならない・・・。
 そうすると樹形も整わないばかりか、来年花が少なくなるかもしれない・・・。
 とりあえず今日、徒長枝の一部を剪定したが、実が生っている枝を切るのは忍びなく、大半は残してしまった。
 「朝顔につるべとられてもらい水」 (加賀の千代女) を思い出してしまった。
[PR]
by matutaka31 | 2011-04-30 21:22 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://matutaka.exblog.jp/tb/15402844
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2011-05-01 07:53 x
枝垂れ梅にも実をつけることは 本でもみかけましたが
実際実をつけたのは 見たことなし
我が家の枝垂れ梅剪定失敗し来年が心配
三年前植え込んだ南高梅 白加賀数個実をつけてくれました。
大昔富山にすんでおり旅行の際金沢の南の松任出身?らしくよくガイドさんが説明してた記憶があります。
Commented by ippu at 2011-05-01 09:47 x
≪“今年は小鳥が少なくて、花を食いちぎることが少なかったので、梅が一杯生っている”≫
そういう理由なのですか。私も疑問に感じていたことです。
ありがとうございました。
Commented by dojyou38 at 2011-05-01 20:09
折角付けた実を散らすのも忍びない、樹形も整わせたい。
悩み多いですね。
鳥の数が実の数に関係する初めて知りました。
Commented by matutaka31 at 2011-05-01 21:22
hibochan さんへ
枝垂れ梅の剪定は難しいですね。
下手をすると、枝が大暴れする。
今年は梅の実に気をとられ、選定時期を失したので、来年は寂しい枝垂れ梅になるかも。
味は、南高梅と比べようもないでしょうが、どんなものか楽しみです。
Commented by matutaka31 at 2011-05-01 21:30
ippu さんへ
植物は鳥や昆虫と共存共栄していますが、人間は彼らを敵にして生活している。
何時か何処かで、生態系を壊れてしまいそうな 気がします。
Commented by matutaka31 at 2011-05-01 21:35
dojyou38さんへ
イチゴ狩りに行ったとき、ハウスの中にミツバチが飛んでいました。
ハウス栽培農家は、ミツバチを購入(輸入)するそうです。
枝垂れ梅は、花が咲いてはじめてその価値があるというものでしょう。
だとすれば、枝の剪定を優先すべきだったんでしょうね。
Commented by tenpai8 at 2011-05-03 09:35 x
matutaka31さん、悩みは尽きませんね? メジロも気の毒ですね。花の蜜を吸って花粉の媒介をする「助っ人」だと思っていましたが、解釈も色々・・・・真理の道は深遠ですね。
Commented by matutaka31 at 2011-05-03 10:04
tenpai8 さんへ
ある人に「枝垂れ梅の実が沢山生った」と言ったら、「枝垂れ梅の木の梅は食べられるのですか」と聞かれました。
私は返事に困ってしまいました。(^。^)
悩みは尽きず・・・です。


<< 陶器市へ 夏野菜を苗から育てる楽しみ >>