人気ブログランキング |

ひょうたん池まつりの準備

 今日、今年で7回目を迎える「ひょうたん池まつり」をどのような内容にするかについて、関係者が集まって協議した。昨年10月から毎月1回のペースで話し合いを進め、今日で4回目。
 過去の反省を踏まえ、今までの延長ではマンネリになり、参加される皆さんの関心も薄れていくようなことになってはいけないので、どのような内容にすれば皆さんに楽しんでもらえるか・・・との視点にたって新たな発想で取り組むという基本方針で、過去のやり方に捕われず協議した結果、おおむねその目的に沿った祭りの骨組みが出来上がったと思っている。
 これから先5月中旬のまつり開催までの間、会員が協力し合い創意工夫を積み重ね、個々のイベント内容を創りあげることになる。

   昨年のひょうたん池まつりの一こま
b0008825_15274480.jpg
関係者を含め、約600名の老若男女が楽しんだ

b0008825_15263752.jpg
パンダちゃんも登場、子供達は大はしゃぎ!

 この地域は、いわゆる新興住宅地であるため、地域の老若男女が一堂に集まって楽しい一時を過ごす「お祭り」的行事がない街である。
 校区内の運動会は集まる範囲が広く且つ若年層になりがちであり、最近始まった町内の文化祭にしても出展者中心の集まりになりがちで、一堂に集まって和気藹々と談笑し合う機会がない。

 そんな街であるだけに、我々ボランティアグループが先頭に立ち、これまでの活動経験を活かし、地域住民の憩いの場であるひょうたん池を舞台にして地域の皆さんに親しまれる楽しい祭りを行うことで、今後の明るい住みやすい街作りの一助になれば幸いだと思っている。 
by matutaka31 | 2013-02-08 15:54 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://matutaka.exblog.jp/tb/19964414
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2013-02-09 08:04 x
ボランティア地域活動も大変
交流の場になるよう頑張ってください くまもん友人が土産に届けてくれました
Commented by matutaka31 at 2013-02-09 10:27
hibochan さんへ
有難うございます。
高齢化社会が進む地域を活気つけるのは、まだまだ元気が残っている高齢者のボランティアで支えていくのが良いと思っています。
自らも元気が出ますので・・・。
Commented by dojyou38 at 2013-02-09 10:33
「ひょうたん池まつり」の企画やお世話ご苦労様です。
新興住宅街でこのようなイヴェントが企画され、7回目を迎えることは素晴らしいことです。
継続は力なりで、若い後継者も育っていくことと思います。
Commented by matutaka31 at 2013-02-09 11:26
dojyou38さんへ
早いもので、もう7回目を迎えます。
最初はどうなることかと心配しましたが、生むは案ずるより易しで、やっているうち知恵が出て来ました。
何より嬉しいことは、地域の皆さんの笑顔を見ることです。
皆さんが喜ぶ姿を見ると、よしっ!来年もやろう・・と言う気になります。
Commented by tetsu807-2 at 2013-02-09 18:05
ひょうたん池にお邪魔したのはかなり以前になります。
5~6年前くらいかな?年ごとに皆さんの団結力とアイデアで
今年もにぎやかな楽しいお祭りになりそうですね。
Commented by matutaka31 at 2013-02-11 10:22
tetsu807-2さんへ
物事は、動き出すまで大変ですが、あとは勢いで走れるもすね。
怖いのは、マンネリです。
ぼけ防止の刺激剤になっています。
Commented by taminamikawa1 at 2013-02-11 21:34
600名の参加者があるひょうたん池まつりは今では地域の皆さんに
認知されたイベントになっているようですね。
お世話役は大変ですが、参加者の喜ばれる顔を見れば、
その苦労も吹っ飛び、世話役冥利につきますね。
Commented by matutaka31 at 2013-02-12 07:12
taminamikawa1さんへ
最初はどうなることかと気をもみましたが、お陰様で地域の皆さんに
認知されたようです。
お互い知恵を出し合えば、なんとかなるものですね。
参加者の笑顔を見るのが、一番嬉しいです。


<< 大宰府天満宮から九州国立博物館へ 間もなく長万部に到着 >>