博多千年門(博多千年の門)

 九州市民大学特別講座「博多部の学び舎をめぐる~博多小学校と承天寺 博多千年門」に、先日仲間と参加した。その中で承天寺を分断する形で通されている市道に2014年3月完成した、博多千年門を話題としてみる。
 博多駅から目と鼻の先に広がる「御供所町」にできた「博多千年門」は、日本最初の禅寺、うどん・そば・饅頭・博多織発祥の寺、弘法大師が日本で最初に開いた寺等々、名刹・古刹ひしめく寺町の魅力を一層際立たせる存在となるに違いない。
b0008825_11293511.jpg
 「博多千年の門」 と読むのが正しい呼び方、
太宰府方面から博多の商人のまちへの入り口に当たる

 博多千年門は、高さ、幅、奥行きともに約8メートルのヒノキを使った木造瓦ぶきの四脚門で、かって「商人のまち・博多」から大宰府政庁へ通じる幹線道路の出入り口にあったとされる「辻堂口(つじのどうぐち)門」をモデルにしている。
 そのため歴史的には「辻堂口門」という名前も持っているが、千年の歴史を持つ博多の今後千年にわたる繁栄を願って「博多千年門」と命名されたという。
b0008825_11303758.jpg
この扁額に使われた材木は、大宰府天満宮から贈られた千年楠が使われている


 博多千年門にはもう一つの扁額掲げられている。
 それは「萬年正續(まんねんしょうぞく)」と書かれている。承天寺を開山した弁円(後の聖一国師)が修行した中国の禅寺「萬壽(まんじゅ)寺」の戒興(かいこう)住職が書いたもので、「千年も万年も長きにわたり栄えるように」という意味があるという。
b0008825_1132025.jpg
商人のまちから太宰府方面への出口に当たる場所に掲げられている


 承天寺に敷地は元々一つであったが、1963年博多駅の移転に伴う区画整理で真ん中に市道(今の承天寺通り)通したため、二つの敷地に分断されてしまった。
 門が立つ市道「承天寺通り」は、道路をゆったりと流れる川と、その両端にモミジや松などの植栽や自然石を配置するなど自然をイメージして整備され、市道で分断された承天寺の境内が一つにつながれたような印象を与えるように工夫されていている。
b0008825_6454953.jpg
この承天寺通りを挟んで、両側に承天寺境内がある


b0008825_17335319.jpg
承天寺境内の石庭

[PR]
by matutaka31 | 2014-05-18 11:16 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://matutaka.exblog.jp/tb/22637200
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 晩節を行く農民 at 2014-05-19 06:26 x
お邪魔致します
今日は九州市民大学特別講座に参加された際の中の話題で
市道に2014年3月完成した、博多千年門について興味深く写真とその解説を読まさせて頂いて居ります

博多千年門の命名は今後千年にわたる繁栄を願っての事ですか
そうありたいものですね

又、博多千年門にはもう一つの扁額掲げられているのですか
それには"萬年正續"と書かれているのですね嘗て中国で修業した偉いお坊さんの言で「千年も万年も長きにわたり栄えるように」という意味があるということですね

文言には遡るといろんな有意義な意味がある事を改めて感じました

    では失礼いたします

Commented by hibochan at 2014-05-19 07:02 x
大昔九州全周の旅 福岡空港(板付)がスタート 観光は 大宰府天満宮 福岡は 観てよし食べてよし
茨城ー福岡便も開設近くなったようです
Commented by matutaka31 at 2014-05-19 09:29
晩節を行く農民さんへ
自分が住む街が進化してゆくのを見ると、活気を感じます。
萬年正續は、含蓄ある言葉で好きです。
歴史を振り返ると、先人の苦労が分りますし、一方では自分の
無力感を感じることもあります。
歴史が面白くなったと云うことは、年をとったということでしょうか。笑
Commented by matutaka31 at 2014-05-19 09:32
hibochan さんへ
商人のまち「はかた」は、歴史が古く魅力的な街です。
食べ物もよし、人情もよし、環境も良し、良いことずくめです。
直行便も出来たことだし、どうぞ博多へウエルカム!
Commented by dojyou38 at 2014-05-20 21:56
25年ばかり前、福岡に赴任した時地域の歴史を知らないと商売にならないと思い、
福岡のあらゆる観光パンフレットなどを読み漁り福岡の社寺を廻りました。
でもその時は、昔「辻堂口門」が有ったなどと云う事は全く知りませんでした。
大河ドラマ「軍師 官兵衛」を機会に改めて博多・福岡勉強してみたくなりました。
Commented by matutaka31 at 2014-05-20 23:06
博多の街は、歩けば歩くほど深みに入り、知れば知るほど
味わいが増す不思議な街です。
「軍師 官兵衛」のおかげで、博多の魅力の再発見を楽しんでいます。
でもまだ、博多弁は馴染めません。
だから「はかたにわか」も同じです。


<< もってな~い! 思いを込めて野菜作り >>