お寺の境内に蘇鉄 その訳は?

 蘇鉄(ソテツ)は、この辺り(福岡県周辺)では寺院や公園等公共施設の敷地内に植えられている植物で、ごく普通に目に付く身近な植物である。

 その蘇鉄について私は、最近、訪れた多くのお寺に蘇鉄が植えられていて、その植えられている位置は本堂の前と決まっている。しかもお寺によっては、本堂の前に左右対称に植えられているケースも多く、その樹勢もかなりの年数を感じさせる大きなものが多いのに気付き、何故?と疑問に思うようになった。

b0008825_14534643.jpg
福岡市博多区明光寺(2017.9)

 蘇鉄は、やせた土地でも育ち寿命も長く、樹高もあまり高くなく、落ち着いた雰囲気を醸し出すので、お寺の建物とうまくマッチする景観樹として好感を持たれるのかも知れない。
 寺院にこの蘇鉄が植えられているのは、それだけの理由だろうか。蘇鉄が中国南部や日本の西南諸島に分布することから、仏教の伝来や教えと何か関係があるのではないのだろうかとも思い、訪れたお寺で、何度かその訳を訊ねたことがある。 でも、私が訊ねたお寺では、それらしい理由は聞くことができなかった。

 何か手掛かりはないものかと、インターネットで検索してみたが、残念ながらそれらしい情報を得ることはできなかった。

b0008825_14573365.jpg
長崎市興福寺(2014.8)

 一般的な景観植物と同じように植えられているのだろうか。何か外に、理由があるのではないだろうか。私の疑問は今のところ解けないが、もしかすると私だけが疑問に思っているだけのことかも知れない。102.png(^◇^) 
 でもやはり気になるので、これからも、歴史探訪で訪れる行く先々のお寺で、折に触れ、和尚さんたちに聞いてみることにしよう。

 インターネットで情報を検索したおかげで、今まで知らなかった蘇鉄に関することを、図らずも知ることが出来たのは私には収穫であった。
 その幾つかををご紹介しよう。(興味にある方は、ネットで検索しては如何ですか)

日本のソテツの三名木(いずれも樹齢1100年超と推定)

    静岡県榛原郡吉田町の能満寺のソテツ
    静岡市清水区の龍華寺のソテツ
    大阪府堺市堺区の妙国寺のソテツ
     蘇鉄の大きさもさることながら、その蘇鉄にまつわる伝説も面白い。

蘇鉄の分布

   日本の九州南端、南西諸島、台湾、中国大陸南部に分布。
   日本の自生北限は鹿児島県の薩摩・大隅半島南端。主として海岸近くの岩場に生育する。

蘇鉄という名前は、枯れかかったときに鉄クギを打ち込むとよみがえるという伝承に由来する。

==============================


[PR]
by matutaka31 | 2018-01-07 15:00 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://matutaka.exblog.jp/tb/27975432
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by taminamikawa1 at 2018-01-08 12:49
ソテツは実家や菩提寺である寶琳寺本堂の右側に植えてあります。縁起がいいから植栽されているのかも・・・。
Commented by matutaka31 at 2018-01-08 13:53
taminamikawa1 さんへ
確かに縁起がいいから植えているのかもしれませんね。
その縁起の良さの由来は、何なのでしょうか。
寿命が長い、年中緑でおおわれている、・・・でしょうか。
なかなか疑問が解けません。(^◇^)
Commented by hibochan at 2018-01-09 07:30 x
蘇鉄は 南国のイメージ
大河ドラマ西郷どん始まりましたが蘇鉄登場
私の思い出三十数年前子供たちと久能山東照宮三保の松原訪れたさい清水次郎長のお墓の近くに三大蘇鉄見たような
Commented by matutaka31 at 2018-01-09 14:05
hibochanさんへ
三保の松原での記憶でしたら、多分、龍華寺のソテツ
(日本三大ソテツの一つ)だったのではないでしょうか。
ここのソテツと徳川家康に関わる伝説も面白いですね。
Commented by dojyou38 at 2018-01-12 10:05
私の中学校の正門正面に鎮座していました。
松のような繊細なメンテナンスが要らないようですね。
蘇鉄の名前の由来、面白いです。実際どうなんだろう。
Commented by matutaka31 at 2018-01-13 17:03
dojyou38 さんへ
学や公共機関の庭にも良く植えられています。
水遣りの心配もなく、管理に手間暇がかからないことが
その理由かもしれません。
官庁の庭の植木が夏の渇水期に、よく枯れているのを見かけますが、
誰も水をやろうとしないためだと思います。役人根性!


<< 八朔を収穫 私のこだわり「青春」 >>