せんだんふれあい会

 「せんだん ふれあい会」は、私たちひょうたん池花クラブが町内の民生委員の協力を得ながら、町内の一人住まいの高齢者をひょうたん池広場にお誘いして、ひょうたん池のせんだんの木の下で、お茶を飲みながら、和気藹々と楽しいひと時を過してもらう目的で、月一度行う例会。


 ひょうたん池では今、藤、つつじ、ナンジャモンジャの花など、この時期ならではの花が満開、そして花壇では色とりどりの花が咲き乱れ、まさに百花繚乱。

b0008825_21265999.jpg
花壇の花

b0008825_21282450.jpg
池の畔に咲くつつじ

 今日の参加者は、独り住まいの高齢者10人、全面的に協力していただく民生委員2人、私たち「ひょうたん池花クラブ」のメンバー、合わせて約18人。  
 若葉が伸び始めた栴檀の木の下で、青空の下、木漏れ日を浴びながら、笑い声が絶えないピクニック気分で楽しい一時を過すことが出来た!

 みんなで話を盛り上げる今日の話題は、当時東京市からワシントンに贈られたソメイヨシノとそのお礼にアメリカから贈られたハナミズキの話、そして山藤と野田藤の蔓の巻き方による見分け方法など季節にちなんだ話題に始まり、一転して、もし花に心があったら、自分の呼び名を聞いたらさぞ嘆くだろうな~と思われる花の名前を話題にした。

b0008825_21274864.jpg
ひょうたん池に咲く、なんじゃもんじゃの花

 なんでこんな名前を付けたんだ・・・と名付け親を恨みたくなるだろう・・・その名とは、オオイヌノフグリ、ママコのしりぬぐい、ハキダメギク、ヘクソカズラ、ションベンの木、そしてナンジャモンジャ
 特にオオイヌノフグリは、その名前の由来を聞いてみんなびっくり!別名「星の瞳」のイメージとの落差の大きさにみんな爆笑。

b0008825_21290513.jpg
ふれあい会の一コマ 座ったままできる体操

 定番になった「座ったままできる太極拳」やテニスボールを使った脳トレで、無理のないように体を動かして気分もスッキリ。その後、これも定番の紙芝居2話で皆さん心が和むよう。

 最後はみんなで懐かしの歌を5曲歌った。歌った曲は、青い山脈、リンゴの唄、赤とんぼ、長崎の鐘、鐘の鳴る丘。 この懐かしの歌を歌うときは、皆さん童心に返ったように明るい表情になる。

 今月も参加者の皆さんで盛り上げていただき、楽しいふれあい会になって良かったと思う。これからも楽しんで元気を出してもらえるよう、工夫をしながら、このふれあい会を続けたいものだ。

=======================


[PR]
by matutaka31 | 2018-04-20 21:24 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://matutaka.exblog.jp/tb/28259177
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2018-04-21 07:52 x
市民の憩いの場が有効活用されてよかった
皆さん大喜び手入れの疲れも吹き飛ぶでしょう
懐かしい歌私だって覚えてます
Commented by matutaka31 at 2018-04-21 22:24
hibochanさんへ
歌は良いですね。
みなさんも気持ちよく歌っていらっしゃいます。
私も音痴を忘れて、皆さんと一緒に声を張り上げています。
歌うことは、健康に良い効果があることが良く分かります。
Commented by tenpai8 at 2018-04-23 12:12
水辺の百花繚乱の中、会の企画も、一人暮らしの出席老人にとって、的的中の内容で、感心しました。
関係者諸氏の熱意と智慧にアッパレです。
Commented by matutaka31 at 2018-04-23 17:22
tenpai8 さんへ
自分には家族がありますが一人暮らしの高齢者には、
お付き合いの場を設けてあげることが必要な時代だと思っています。
天気のいい日にみんなで、青空の下で、笑ったり歌ったり、
とても楽しそうに過ごしていただきます。
健康なうちに、できることはやっておきたいと思っています。
Commented by dojyou38 at 2018-04-24 09:22
花に囲まれて雰囲気が桃源郷のようですね。
参加している方も日頃の疲れも憂さも忘れて楽しい時間を過ごされたことでしょう。
でも、このようなシーンを設営をするために、
平素からmatutaka31さんのように裏方を務める方があってのこことおもいます。
Commented by matutaka31 at 2018-04-24 16:23
dojyou38さんへ
十数年前までは、気持ちが悪くて人が近付かない、荒れ果てた
ため池でした。
地元の皆さんが力を合わせて今では、憩いの場として皆さんに
親しまれるようになりました。
集まる人たちも、いつも綺麗!と、喜んでくれます。
Commented by taminamikawa1 at 2018-04-24 18:01
名付け親を恨みたくなるような花や木があるんですね、
正直、もう少し、美しい名前にできなかったのかと思いますね。
「なんじゃもんじゃの木」の名前も面白いですね。
Commented by matutaka31 at 2018-04-24 22:39
taminamikawa1 さんへ
本当に、言うのも恥ずかしいような名前があります。
でもよく考えるものだと、感心させられます。
とは言うものの、もう少し夢のあるような名前であってほしいですね。


<< 須恵町立皿山公園のつつじを満喫 町内会活動に思う >>