12回目の「ひょうたん池まつり

 12回目を迎えたわが町の「ひょうたん池まつり」は4月28日(土)、風薫る青空の下、大勢の町内はじめ近隣の人達で賑わった。

 この「ひょうたん池まつり」は、地域住民の憩いの場「ひょうたん池」で楽しいふれあいのひと時を過ごしてもらおうと、町内でボランティア活動をしている「ひょうたん池花クラブ」と「ベスタ」が共同して主催し、町内会はじめボランティア活動に関係がある諸団体の後援の下で行う、ボランティアクラブが自発的に行う手作りのまつり。

b0008825_21005177.jpg
まつり会場入り口の様子

 昨秋から月1回クラブ会員が集まり、地域の皆さんに「笑顔あふれる楽しい触れ合いの一時を過ごしてもらう」を目標に、これまでの経験や反省をもとに、更に日ごろボランティアでいろんなイベントに参加して得た知識も持ち込むなど、みんなで創意工夫をしながら5回の準備会で入念に計画を練り上げてきた。
 野外イベントだから天候が一番気になっていたが、予報通り朝から綺麗に晴れ上がった絶好のコンディションの下、日ごろ手入れしている花壇の花やつつじ・ナンジャモンジャ(ヒトツバタゴ)などが咲きそろうひょうたん池で、予定通り10時30分にまつりを開始することが出来、3時間にわたる大勢の老若男女の笑顔があふれる賑わいの後、無事終了することが出来た。

 

 まつりの主な内容は、バザー、花卉苗展示販売、ワークショップ、子供たちのお遊びコーナー、茶屋、お祭りステージ、夫々のコーナー毎に創意工夫を凝らした楽しいイベントになったと思っている。

b0008825_10064101.jpg
バザーコーナの一賑わい
出品されたのは、地域の皆さんから提供していただいた。

b0008825_21210001.jpg
花苗販売コーナー
 花や野菜の苗は、会員が自ら育てたものが大半


 当日は町内会の役員の方々が、夫々のコーナーでお手伝いに駆けつけてくださったので大助かり。また福岡市西部3Rステーションやエフコープの方々も好意的に支援してくださり、農事組合のご協力でジャブジャブ池の放水もでき、更に近くのボランティアグループも応援参加してくださるなど、年々支援の輪も広がり、お陰様で、地域の皆さんに喜んでもらえるまつりになったのは、この上ない喜びであり遣り甲斐を実感するひと時であった。

b0008825_10193345.jpg
青空茶屋の賑わい
緑したたる若葉の下、飲食コーナーでは、飲み物の外焼き鳥・綿菓子などを美味しそうに・・・。


 ワークショップコーナーでは、押し花、フラワーアレンジメント、整理箱、サイエンス、多肉植物寄せ植え、クラフトアクセサリーと盛沢山で、短い時間ながら心行くまで楽しんでいただけたと思っている。

b0008825_10300996.jpg
フラワーアレンジメント、どの花を組み合わせよかな~

 お祭り広場では、恒例になったキッズダンス・手話ダンス・健康体操も好評で、今年初めての試みとして地元中学生による吹奏楽の演奏も加わり、来場者の足を釘付けにしていた。

b0008825_10321768.jpg
キッズダンス かわいいね・・・

b0008825_10325723.jpg
なじみの音楽に合わせて優雅に、手話ダンス

b0008825_10333999.jpg
体操のお兄さんと一緒に、キッズダンスの子供たちも「ひょっこりひょうたん島」を踊る
b0008825_13504583.jpg
地元中学校吹奏楽部の皆さんが応援に駆け付け、得意の演奏で花を添えてくれた

b0008825_10341466.jpg
じゃぶじゃぶ池で、ずぶぬれになって水遊びに夢中の子供を母親が心配そうに見守る
 昨年まで魚を泳がせたが、今年は魚に代わり笹舟を作って遊んでもらった。

 出演していただいたグループの方々は、ボランティア精神で快く参加してくださり、まつりを盛上げていただくので、本当にありがたい。感謝! 感謝!

 また池の近くにお住まいの方が、出演者のために家の部屋を開放して頂く外、駐車場を提供して頂くなど、まつりを陰で支えていただくので本当にありがたいことである。

 ボランティア団体による手作りのまつりを成功させるには、まず、会員全員がその目的を共有し、創意工夫を重ねながら全員で協力し合うことが前提となる。そのうえで地元の皆さんの協力と支援そして関係する諸団体のご支援があればこそであり、12回と回を重ねた経験と積み重ねたノウハウが活かされた結果、地元の方々に喜んでもらえるまつりに成長してきたのだろうと思っている。
   
 前日の準備から当日の後片付けまで息をつく間もないほどの忙しさで、正直疲れたが、無事終えることが出来て ホッとする気持と来場された皆さんの笑顔に接することが出来た喜びで、私は心地よい疲れに変わり、来年もまた、楽しいまつりを続けるにはどんな工夫が必要か・・・と、もうそんな思いを馳せている。
 まつりを支えてくれた会員の皆さんもきっと同じ心境ではなかろうか、と勝手に想像している。
 

=======================



[PR]
by matutaka31 | 2018-04-29 21:29 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://matutaka.exblog.jp/tb/28275642
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tenpai8 at 2018-04-30 14:52
12回目になるとは驚きですし、規模の充実振りにもびっくりです。
全住民、全関係機関網羅の関心の高まりも素晴らしいですね。発展の加速も急激で、地域の新しい団結のシンボルとしての発展定着が嬉しいですね。
Commented by matutaka31 at 2018-04-30 18:01
tenpai8 さんへ
お陰様で、もう12回を数えました。
みんなで思いを一つにして、無理をしないで身の丈に合った
まつりを心がけたのが良かったのだと思っています。
地域の皆さんが喜んでくれるのが、大きな励みになります。
Commented by hirukake-2 at 2018-05-01 10:32 x
話はお聞きしていましたがイベントなども増えて大変盛り上がっていますねー。
特に子供さんの参加が目につきます。
今後の益々のご活躍をお祈りします。
Commented by matutaka31 at 2018-05-01 17:13 x
hirukake-2さんへ
12回も回を重ねますと、いろいろノウハウも蓄積されますし、
周りのご協力も増えて賑やかになりました。
子供達の喜ぶさまが、会場を盛り上げてくれます。
お陰様で、楽しいまつりが出来て喜んでいます。
Commented by yyyanoy at 2018-05-01 20:26
10年以上、しかもますます盛況のようでいいですね。
準備するのはたいへんでしょうが参加者も多くご近所さんも協力があるのもすばらしい!

こちらも、あちらもみんなでにぎやかに楽しく参加している様子が写真からつたわってきます。

Commented by matutaka31 at 2018-05-01 22:42 x
yyyanoy さんへ
イベントの内容を増やせば増やすほど、周りの方々の協力がないと
出来なくなりました。
お陰様で、皆さんのご協力が得られますので、参加した人たちに
喜んでもらえます。
お疲れ様!楽しかった!という挨拶を受けると、疲れも吹き飛んでしまいます。
Commented by hibochan at 2018-05-02 07:36 x
市民の憩いの場ひょうたん池のお祭り しかも手作り
こんなに沢山の参加ありがたいですね
会員の皆様市民の協力があればこそ
頑張ってください
Commented by matutaka31 at 2018-05-02 09:55
hibochanさんへ
限られた地域の小さな祭りですが、手作りの楽しさと皆さんが
喜んでくださる笑顔が励みになります。
いつもお世話になっている地域への、ささやかな恩返しになれば
と思って頑張っています。
明日から博多どんたく港まつりで、200万人の観光客で
賑わいます。
Commented by dojyou38 at 2018-05-04 10:30
「12回ひょうたん池まつり」御盛会だったとのことおめでとうございます。
天候に恵まれて本当に良かったです。
12回ともなると、すっかり地域から期待される伝統行事になりましたね。
ここまで育てるのが大変だったでしょうが、
これだけ集客が有ると新たに参加したいというグループの申し込みも増えることでしょう。

Commented by matutaka31 at 2018-05-04 11:52
dojyou38さんへ
ありがとうございます。
回を重ねるにつれ、やり方の工夫も出てきますし、皆さんの
協力も増えてきます。
ありがたいことです。
小さいまつりですが、すっかり地域のまつりに成長したようで、
遣り甲斐を感じています。


<< 4月のウォーキング(ただ今、東京) 須恵町立皿山公園のつつじを満喫 >>