空豆の黒い筋(お歯黒)

 福岡市天神のとある居酒屋でビールを飲みながら、今が旬の空豆について蘊蓄を傾けていたときの話。

まずはそら豆の旬の話題

 その空豆、私の菜園では昨年11月始めに植えてから収穫の5月まで、半年以上も長い期間がかかるのに、そのおいしい収穫期間は短く、「そら豆三日」という言葉があるように、収穫した瞬間から美味しさも栄養価も落ちるといわれる、 まさに”旬”の作物。

 北海道にいた頃聞いた話。「トウモロコシはお湯が煮立ってから畑に採りに行け」と。同じようなことで、そら豆の美味しさは鮮度が決め手、だということ。

b0008825_10564934.jpg
空豆の鮮度は、莢の膨らみと艶の良さで見当がつく

さて居酒屋での話の続き、・・・。

私:空豆の収穫適期は、莢が下向きになった頃。莢の中の空豆の縁に、黒い筋があるのは知っているよね。空豆のおいしさは、この筋の黒い色ががやや鮮明になった頃なんだ。
仲間:へ~知らなかった。
私:その黒い筋はなんと言ったけ? 袴じゃなくって・・・、袴は土筆だし・・・う…ん、思い出せない!
仲間:そんなのに名前があること知らなかった!

カウンター越しに店長に聞く。
  店長は実物のそら豆を取り出して、これですか?と。
  それそれ、その名前を教えて・・・
店長:知りません(^o^)と。料理人でないのだから知らなくても良いのだろう。

b0008825_10583757.jpg
この黒い筋は、未熟の時は色がないが実が熟するにつれ黒色が濃くなる

 私はいまだにガラケイ族(^o^)。スマホであればその場で検索できるのだが・・・。

 思い出せないまま家に帰って、パソコンでインターネット検索。

 結果、その名は「お歯黒」だった。 思い出すのが遅すぎる・・・あ~年は取りたくない…(^o^)

 そう言えば空豆のことを「おたふく豆」ともいうから、空豆のかたちはおたふくの面のようにふっくらしているので、何となくお歯黒のイメージが湧いてくる。

 だからお歯黒なのか、・・・と思いながらも、果たしてそうだろうかと、なお疑問が残る。
 そうだとしたら誰が何時頃から、そのように言い出したのだろうか、命名の由来が気になってきた。

色々調べてみたが結局、答えは見出せなかった。
その代わり、そら豆にこのような黒い筋がどうして出来たのか、についての昔話があることが分かっただけ。
http://nihon.syoukoukai.com/modules/stories/index.php?lid=212

 そこで昨日、太極拳教室に行くときの電車の中や教室で話題にしてみた。
 何方も知らない・・・、私の疑問に答えてくれる人には出会わなかった。
 何故空豆の黒い筋をお歯黒と言うのか?その命名の由来は? そんな馬鹿々々しいことを考える暇人が居るわけないよな~と、思いながらもなお知りたくなってくる。

 どなたか、空豆のお歯黒の由来を教えていただけないだろうか。

 ついでながら空豆を植える時、空豆のこのお歯黒を下にして土の中に埋めること。そして種の一部(お歯黒のある部分の反対側)が少し見える程度に埋めるのがコツ。

=====================================

[PR]
by matutaka31 | 2018-05-23 11:05 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://matutaka.exblog.jp/tb/28327564
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by dojyou38 at 2018-05-25 10:49
ソラマメの話題も奥が深いですね。
お歯黒、私は知りませんでした。
家内は知っていたがそれ以上のことは知らないとのこと。

「そら豆三日」「トウモロコシはお湯が煮立ってから畑に採りに行け」も知りませんでした。
Commented by matutaka31 at 2018-05-25 11:24
dojyou38 さんへ
日頃何気なく見たり聞いたりしていることでも、何故?ときかれると、
返事に困ることが多いです。
語源や謂れを聞くと、なるほどと納得しますが、しばらくすると
忘れてしまいます。
Commented by tenpai8 at 2018-05-25 18:17
私のオハグロ推理。植物の実は一般的にはヘタによって親(枝)から養分を受け成長する。マメ類は鞘の中に複数の実があり、鞘の背中側のスジから栄養供給をえけて成長する。人の胎盤のようなもの。
成長が終わり熟すると、鞘も胎盤も枯れてオハグロとなり分離する。マメには大豆、小豆、インゲン等、総てにオハグロがある。色も大体がクロに近い。
コレ??? ホントかなー?
Commented by matutaka31 at 2018-05-25 21:22
tenpai8 さんへ
ネーミングの面白さは、その発想が豊かであればあるほど、
人の心をつかむところにあるようです。
植物の名前の由来を見ると、そのことが伺われます。
お歯黒と言う発想をした人は、他にもいろいろ銘々したのではないかと
連想してしまいます。

Commented by hibochab at 2018-05-26 07:48 x
ソラマメ トウモロコシの話題初めて知りました
新鮮が命のよう
ビールが美味しい季節つまみは ソラマメ
そろそろ九州梅雨入りかも
Commented by matutaka31 at 2018-05-26 09:47
hibochanさんへ
家庭菜園の醍醐味は、新鮮・安全野菜だと思っています。
とりわけ季節の旬の味を、好きなように楽しめますので・・・。
今年は花の咲く時期が早かったのですが、梅雨入りも
早くなりそうです。


<< 家庭菜園の今 グリーンカーテンで暑さを凌ごう >>