ウォーキング

 5月に歩いた距離は一日当たり4㎞で、目標をやっとクリアーした。目標達成の面ではこれまで通りだとひとまず安心する場面だけど、私の体の中では、これまでと微妙に変わってきていることに気がついている。
b0008825_11005976.jpg


 これまでは一日当たりの目標を達成しようという思いが強く、歩いた距離にこだわっていたが最近では、歩く速度が遅くなっていたり、時には姿勢も悪くなっているのに気がついてハッとすることがある。 これではいけないと思い直し、途中で「ギヤー」を入れ替え、速足で歩いたり、背筋を伸ばした歩き方を意識しなければならないことが多くなった。
 またいろんな用事が重なると今日は歩くのを止めようかな~と、つい弱音がでることもある。時には普段歩く距離を、バスや電車など乗り物に安易に飛びついてしまう事もある。


 そんなことが重なると、歩き始めに足が重く感じたり、疲れが早くなるなど、脚力や体力が落ちていることに気がつく。 そして体の中から「サボるとこうなるんだよ」と言わんばかりの注意信号をだしてくれているのが良く分かる。
 と言うようなことでウォーキングは、ただ歩けば良いということではなく、その効果を意識しながら、コンスタントに歩き続けることがいかに大切であるかを思い知らされている今日この頃である。

 さてインターネットバーチャル日本一周ウォーキングは今、静岡県の沼津から御殿場に向かっている。御殿場と言えば富士山の登山口でもあり、この辺りからの富士山の眺めは素晴らしい。
b0008825_11025855.jpg
 富士山には、子供たちがまだ小学生の頃、家族そろって登ったことを思いだす。
 夕方、8合目の小屋にたどり着き、そこの山小屋で仮眠をとることにしたが、ひっきりなしに入れ変わる登山客の騒音で、一睡もできないまま夜半に登頂を目指して歩き出した。
 登る程に息苦しくなり、10mくらい歩いては一休みの連続。頂上近くでは、一番元気のよかった下の子が吐き気を催すなど、想像以上の苦しさを味わいながらやっとの思いで山頂にたどり着いた記憶がよみがえる。
 登りの苦しさを忘れるように下りの砂走りは、爽快そのものだったが、それ以来、私も家族も富士山登山を口にすることはなかった。
b0008825_11075571.jpg
御殿場から富士山ライブカメラ映像(6月4日11時5分現在)


===========================


 

[PR]
by matutaka31 | 2018-06-04 10:52 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://matutaka.exblog.jp/tb/28348769
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by taminamikawa1 at 2018-06-04 21:40
富士山には日本人に限らず、外国人でも、一度は登りたい憧れがありますね。
私も10年前に登ったのをきっかけに山歩きを趣味にしております。
Commented by matutaka31 at 2018-06-04 21:45
taminamikawa1 さんへ
富士山登山がきっかけで、山登りを始めましたか。
私は富士山で、高山の酸素不足による難儀を体験し、その後は
低山一辺倒になりました。
Commented by dojyou38 at 2018-06-05 05:52
おはようございます。
私も姿勢に気をつけて早足で歩くように心がけているのですが、めっきり遅くなりました。
女学生や奥さん連中にどんどん追い越されています。

ご家族で富士山登山、良い思い出になったでしょうと、
コメントしようと思いましたが、相当厳しい想い出になったようですね。
私の富士は山開き直後の悪天候で何とかご来光は拝めたが、
剣ヶ峰は閉鎖され最高点まで辿り着けない残念な結果でした。

Commented by matutaka31 at 2018-06-05 17:32
dojyou38 さんへ
自分の歩く姿を時々写真で見ると、思わずドキッとすることが
ありあます。(^o^)
富士山は、酸欠に悩まされました。
人間が生きていくうえで、酸素がいかに必要かを思い知らされた
一幕でした。
Commented by hibochan at 2018-06-06 07:04 x
ウォーキング御殿場ふきんこの辺りは 富士山がきれい 登山されましたか 私ご紹介通り八合目でダウン無今でも悔しい
ただ今二度目の長崎頑張ってます
Commented by matutaka31 at 2018-06-06 11:11
hibochanさんへ
山登りには、勇気ある撤退の決断が要りますね。
富士山8合目の決断は、最善の決断だったんでしょう。
もう長崎ですか。
梅雨の真っ最中、無理をしないで歩きましょう。


<< ゴーヤの蔓を摘心する 一本の稲穂が語る放射線の恐怖 >>