カテゴリ:思いのまま( 1196 )

今日のウォーキング

 私のウォーキングは、それほど意識しているわけでもなく習性みたいに、ごく自然に北か東の方に向ってしまう。毎日同じコースを歩くより、時には違ったコースをあるのが良いと言うことを聞いているので、今日は久しぶりに西に向かって歩いてみた。

 まず近くのひょうたん池を、花壇を観察しながら一回りする。池は昨日の雨で水嵩も上がり少し濁っていたが、鯉が元気よく泳いでいた。花壇の花も生き生きしている。
 入り口に近いところではアジサイが満開で、しずくが滴る緑の葉に、色とりどりの花が物静かに咲いていた。梅雨空に似合う花と言えば、やはりアジサイが筆頭だろう。

b0008825_22424796.jpg
ひょうたん池のアジサイ

b0008825_22434406.jpg
アジサイ(墨田の花火)

 池の南側に回ると、アガパンサスが満開で、水面を背景に涼し気な雰囲気を醸し出していた。この花は宿根草であまり手がかからないので、公園や道路沿いの花壇にもよく植え荒れているが、清々しい感じのする花である。


b0008825_22452068.jpg
池端のアガパンサス

 更に西に向かって歩くこと凡そ10分、そこはもう田園地帯で、田植えの真っ最中。昨日来の雨上がりの晴れ間で、農家にとっては絶好の田植え日和。

b0008825_22494044.jpg
田植えが終わった田んぼ

 ここは福岡市西区の西のはずれになる地域で、すぐ近くに九州大学のキャンパスが移転してきたため、最近急速に宅地化が進んでいる地域。

 人口の急増で昨年近くに小学校が開校したばかりなのに、もう校舎が足りなくなって5年後に新たにもう1校開校が決まったという。更にJR筑肥線に新駅の建設が決まるなど、じわじわ都市化が進んできた。

b0008825_06402923.jpg
今は水田地帯だが、いずれ開発が進むのだろうか

 人口の急増につれ、車が生活道路を我が物顔に走り回り、若者や留学生らしい外国人も増え、静かだった住宅街が次第にその姿を変えつつある。

 静かな環境が魅力でこの地に移り住んだ私にとって、これ以上騒がしい街になってほしくないのだが、果たして5年後10年後はどうなるのだろうか。私は生きていないと思うが・・・。

 今日歩いた距離は6683歩、約4㎞。心地よい散歩だった。

===========================


[PR]
by matutaka31 | 2018-06-20 21:34 | 思いのまま | Trackback | Comments(4)

果菜類の天敵


 人類最大の天敵は蚊だと、何かで読んだ記憶がある。その天敵に対し私たちは「蚊取り線香」と言う文明の利器のお陰で難を逃れている。

 家庭菜園で野菜作りを楽しむ私にとって、野菜の天敵は何かと考えたとき、即座に「青虫」を筆頭に昆虫だと連想する。その昆虫に対しては農薬という利器があるけど、私はあまり使いたくないのでしばしば壊滅的な被害を被るが、それは承知のうえだから我慢できる。
 ところが最近、野菜とりわけ果菜類に新たな天敵が現れ、家庭菜園愛好家の私をを悩ませている。その天敵と名指されているのが、「カラス」と「ハクビシン」。

 ハクビシンは、スイカなど果菜類の食べ頃を狙いすましたように、夜陰に乗じて襲ってくる。負けてなるものかと、これまでの経験で網を張ったり、ハクビシンの嫌いな一味唐辛子を忌避剤に利用して、その秘策を練っている。
 カラス対策は、羽の動きを遮られるのを恐れる鳥の弱点を考え、ネットやテグスを張り巡らせれば防げると考え、スイカやスイートコーンなど甘い果菜類はそろそろその準備をしなければと思っていた。

 ところが私の心を読んだかのように、まだ熟していない小さなスイカが、まさかと思うこの時期に、カラスの一斉攻撃を受けてしまった。

b0008825_06373712.jpg
実が少しピンク色に変わってもう甘いのだろうか、かなりしつこく食べている

 午前中にスイカの周りを草取りして、すっきりした気分で昼食に帰り、午後続きの作業をしようと思い再度畑に行ってみたところ、なんとスイカが無残にくちばしで突かれているではないか。

b0008825_06391350.jpg
つついてみたものの、まだ甘くないので諦めたようだ

 その数なんと9個も。大きくなりかけたスイカが一瞬にして無残な姿に・・・。わずか2時間足らずの空白の間に、まさに虚を突かれた感じ。今年はスイカが順調に育って、十数個が順調に大きくなっていたので、この夏の収穫を楽しみにしていたが、その夢を見事に打ち破られてしまった。

 なんとも情けない結末に、頭をガーンと殴られたようなショックを受けてしまった。
 せめて残ったスイカだけでも守ろうと、急きょ網をかけたが、遅かりし由良之助そのもの。

b0008825_06402122.jpg
網をかけたが・・・

 これで一安心と思ったのもつかの間の翌日、今度はキュウリをやられてしまった。 これまでキュウリを襲われたことはなかったので、まさかキュウリまではと思ったのが甘かった。
スイカを喰えなくなった腹いせに、これ見よがしに新手の攻撃を仕掛けられた感じがしてきた。

 次に狙われるのがスイートコーンとトマトに違いない。

b0008825_06412830.jpg
早速スイートコーンに網をかけた

b0008825_06471099.jpg
次のターゲットになりそうなトマト

 収穫期を控えた家庭菜園の新たな天敵との攻防が、当分続きそう。

 それにしても、なんとも納得出来ないのが、人の生活を脅かすような動物でも簡単に駆除できない、動物愛護なる法律の存在。
 人間の天敵になりそうな勢いの野生動物の駆除対策はないものだろうか。

===========================



[PR]
by matutaka31 | 2018-06-17 21:35 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)

福岡市植物園を訪ねて

 先日仲間と、福岡市植物園を訪ねた。 

 ビルが林立する福岡市中央区に位置し、緑の木々に覆われた広大な南公園の一角にある福岡市植物園は、まさに福岡市のオアシスと言うにふさわしい存在。季節によってさまざまな自然の変化を楽しめるので、年1~2度訪れる。

 園内の樹木や花全てに「名札」が付いているので、初めて知るものから忘れてしまったものまで、名前を見てまわるだけでも楽しみが膨らむ。とりわけこの時期は新緑がまぶしいほど鮮やか。

b0008825_17201268.jpg
緑に包まれた植物園の薔薇園
 
園の中には見事に設えられた花壇あり、バラ園あり、温室ありで、静かな雰囲気の中を、自然の移り変わりを体感しながら散策するのにもってこいの場所。
 高台に位置しているので、風向きによって涼しい風が、時には南の斜面から、そして時には北の斜面から、心地よく吹き上げてくる。
b0008825_17233599.jpg
清流が涼を呼ぶ

 木陰に設えられたベンチに腰を下ろし、ぼんやり園内の光景を眺めていると静かな時が流れ、心身ともに癒されるようで時が経つのを忘れそうになる。
 こんな心境になるのは、心にゆとりを感じているからか、日ごろの雑用から逃れてほっとした瞬間だろうか、いやいや年のせいだろうか、いずれにせよ私にとっては心が癒されるひと時であった。

b0008825_17250691.jpg
綺麗に管理された花壇が人目をひく
b0008825_17254338.jpg
野菜のパセリが花の中に植えこまれていた。美味しそうなパセリがひときわ目立った


 この日は日曜日だったので、家族連れのや写真撮影が目的と思われる若い人たちの姿が目立った。

温室の中には、ブーゲンビレアや珍しいベゴニアが数多く栽培され、他にも多くの珍しい花が栽培されていたが、その中の一つをご紹介しよう。

b0008825_17291811.jpg
アストロ・ギガンディア

b0008825_17301778.jpg

説明版にはこうあった。

       世界が認めた妖花!
     「醜い」植物トップ10入り!
     「アストロ・ギガンディア」

イギリスの王立園芸協会が世界各地から厳選した「醜い植物10種」に選ばれました、と。




園内には、季節の花アジサイも満開だった。

b0008825_17305738.jpg

=========================




[PR]
by matutaka31 | 2018-06-11 17:36 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)

ゴーヤの蔓を摘心する

 家庭菜園を20年近くやっていると、野菜の作り方についてあれこれ相談を受けることがある。

この時期になると毎年、誰からともなく相談を受けるのが「ゴーヤの実が生らない」と言う相談。

 私が住むこの地域では今、ゴーヤの蔓は自然に伸びるままにしておくと2~3メートル位まで伸びている頃だから、「ゴーヤの蔓は良く伸びているのだけど実が生らない!」という声がそろそろ聞こえてきそうだ。

b0008825_09424210.jpg
親つるを摘心した後、子つるが勢いよく伸びている

 ゴーヤを生らせるポイントは、「ゴーヤの雌花は子蔓つるや孫つるにつきやすい」ということをしっかり頭に入れておくこと。ゴーヤの実をたくさん収穫するには「元気な子つる・孫つるをたくさん延ばす」ことに尽きる。

 そこで私のやり方をご紹介しょう。(園芸の先生ではないので、本葉が何枚目とか、蔓の長さが何センチと言うようなことはあまり気にしないで、子つる・孫つるを増やすことだけを意識している)

 私は毎年、数本のゴーヤを畑に植える。苗を植えてからしばらくすると蔓が元気よく伸び始める。この蔓が俗にいう親つる。
 親つるが5~60㎝くらい伸びたところ(本葉の数は8~10枚程度だと思うが実をいうと数えたことがない)で、蔓の先端部分を切り取る。つまり摘心である。

 親つるの芯を切ると本葉の脇から、子つるが伸び始める。親つるは成長を止められているので、その栄養が子つるの成長を助けることになり、子つるが勢いよく伸び始める。その子つるの中に弱そうな細い子つるがあるときは思い切って切り落とす。

 勢いの良い子つるが40~50㎝くらい伸びたところで、今度は子つるの先端を切り取る(摘心)。すると子つるから孫つるが伸び始める。 こうして雌花が付きやすい子つる・孫つるを増やしていく。
 このように子つる・孫つるを増やしていくと、ゴーヤがよく生るというわけ。

b0008825_09432943.jpg
雌花が咲いた。花の下にゴーヤの小さな実が見える

 一方ゴーヤの蔓が伸び始めると、親つるの根元付近からから細い蔓が伸び始める。この細い蔓は親つるの成長の足を引っ張るので、迷いもなく切り落とす。折角伸び始めたつるを切るのは、勿体ないと言うか惜しいような気がして気後れしそうになるが、潔く切り取ってしまう。

 蔓の芯を止めないで伸び放題にしていても、いずれ自然に子つる孫つるが伸びて、やがてゴーヤが生るのだが、親つるがどんどん伸び放題になり、子つる・孫つるが成長する時期が遅くなるので、「いつまで経ってもゴーヤが生らない」と言う不満が募ることになってしまうのだと思う。

 美味しいゴーヤを早く収穫しようと思うなら、勇気を出してまず親つるの先端を切lりとることから始めてみるのが第一歩!。そして子つるの成長を見届けたら、今度は子つるの先端を切る。ここまで辿り着けば、自然に孫つるも伸びてくるので、後は雌花の咲くのを見届ける楽しみが待っている。

===========================




[PR]
by matutaka31 | 2018-06-09 06:57 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)

ウォーキング

 5月に歩いた距離は一日当たり4㎞で、目標をやっとクリアーした。目標達成の面ではこれまで通りだとひとまず安心する場面だけど、私の体の中では、これまでと微妙に変わってきていることに気がついている。
b0008825_11005976.jpg


 これまでは一日当たりの目標を達成しようという思いが強く、歩いた距離にこだわっていたが最近では、歩く速度が遅くなっていたり、時には姿勢も悪くなっているのに気がついてハッとすることがある。 これではいけないと思い直し、途中で「ギヤー」を入れ替え、速足で歩いたり、背筋を伸ばした歩き方を意識しなければならないことが多くなった。
 またいろんな用事が重なると今日は歩くのを止めようかな~と、つい弱音がでることもある。時には普段歩く距離を、バスや電車など乗り物に安易に飛びついてしまう事もある。


 そんなことが重なると、歩き始めに足が重く感じたり、疲れが早くなるなど、脚力や体力が落ちていることに気がつく。 そして体の中から「サボるとこうなるんだよ」と言わんばかりの注意信号をだしてくれているのが良く分かる。
 と言うようなことでウォーキングは、ただ歩けば良いということではなく、その効果を意識しながら、コンスタントに歩き続けることがいかに大切であるかを思い知らされている今日この頃である。

 さてインターネットバーチャル日本一周ウォーキングは今、静岡県の沼津から御殿場に向かっている。御殿場と言えば富士山の登山口でもあり、この辺りからの富士山の眺めは素晴らしい。
b0008825_11025855.jpg
 富士山には、子供たちがまだ小学生の頃、家族そろって登ったことを思いだす。
 夕方、8合目の小屋にたどり着き、そこの山小屋で仮眠をとることにしたが、ひっきりなしに入れ変わる登山客の騒音で、一睡もできないまま夜半に登頂を目指して歩き出した。
 登る程に息苦しくなり、10mくらい歩いては一休みの連続。頂上近くでは、一番元気のよかった下の子が吐き気を催すなど、想像以上の苦しさを味わいながらやっとの思いで山頂にたどり着いた記憶がよみがえる。
 登りの苦しさを忘れるように下りの砂走りは、爽快そのものだったが、それ以来、私も家族も富士山登山を口にすることはなかった。
b0008825_11075571.jpg
御殿場から富士山ライブカメラ映像(6月4日11時5分現在)


===========================


 

[PR]
by matutaka31 | 2018-06-04 10:52 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)

一本の稲穂が語る放射線の恐怖

この写真に写っている一本の稲穂の物語
b0008825_10494355.jpg

 この稲穂は昨年私が鉢植えで栽培した、72年前長崎で原爆の被害に遭った、被爆稲の子孫8株約30本余りの中の一本。
 原爆の物言わぬ証人として、2006年から毎年栽培し続けてもう12年になる。
 そして今年もまた、73代目の被爆稲の子孫の栽培を始める。

 一昨日(5月28日)種まきの前処理として、発芽を促すために種籾を水に浸した。
種になる籾を選り分けるため、昨年栽培した稲穂の中から比較的に籾が良くついている稲穂一本を選んで、ばらした籾を水に浸した。(正常な籾は水に沈み、空籾や未熟粒は浮く)
b0008825_11081133.jpg

1本の稲穂をばらした籾75粒

b0008825_11152609.jpg



 水に沈んだ籾(正常な籾):33粒
 水に浮かんだ籾:42粒(うち未熟粒とみられるものが10粒)⇒空籾32粒
  
未熟粒の発生は栽培上の問題だとしても、空籾の多さに、改めて驚く。
 


 勿論この結果は鉢植えで栽培したものであり、水田で栽培した結果とは異なることは言うまでもないことで、この数値については異論があることは百も承知している。
 でもこの1本の稲穂は、「空籾が多い傾向は何時まで経っても変わらない」、「72世代過ぎても元に戻れない」という厳しい現実、そして原爆の放射線による被害の大きさを、私に強く訴えている。

 このように72年間(72世代)経っても元に戻れない事実を目の当たりにして私は、原子爆弾の被害を受けた稲が、放射能によって稲の遺伝子が損傷(変化)し、もう元の遺伝子には戻れない新たな品種として固定してしまったのではないかと確信すると同時に、原爆の悲惨さ・恐ろしさを改めて思い知らされている。

 論理は飛躍するが、仮に同じような現象が人に当てはまるとすれば、どうなるだろう・・・。考えたくないが、そんなことは100%あり得ないという説を未だに聞いたことはない。
  考えただけで、ぞっとする。恐ろしいことだ。

 私は今年も、この被爆稲の73代目の子孫の種籾を播いて、庭先で鉢植えで育てる。
 これまで12年間見守り続けた、物言わぬ原爆の生き証人、被爆稲73代目の子孫とのお付き合いが始まるが、多分これまでと変わらない冷酷な事実を突きつけられることだろう。
 秋の収穫期まで大事に育てて、結果を見届けようと思っている。

===========================





[PR]
by matutaka31 | 2018-05-30 11:13 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)

家庭菜園の今

 私の家庭菜園では今、レタス・サラダ菜・春菊などの葉物、スナップえんどう・空豆、更に玉ねぎ・ニンニクなど春野菜の収穫進むと同時に、ナス・トマト・キュウリ・ピーマンなど夏野菜の生育が進んでいる。
b0008825_14205408.jpg
間もなく収穫が始まるズッキーニ(左側はトマト、奥の白い寒冷紗はレタスとオクラ)

 今年は春先から異常気象の影響が、野菜の生育にも微妙な影響を与えているようだ。
 その一つ、瓜バエの異常発生で、スイカ・キュウリ・ズッキーニ・カボチャなど瓜類の幼苗がかなり被害を被り、生育が一時止まってしまった。
 もう一つ、ズッキーニ・ゴーヤの雌花の発生が早く、いつもの年と逆転して雄花より雌花の方が早く咲いている。まだ雄花がほとんど見当たらないので、果たして結実するかどうか疑問。

b0008825_14213284.jpg
敷き藁で守られているカボチャ(蔓が勢いよく伸び始めた)

 気象とは関係ないが今年は、敷き藁が近所の菜園先輩のご厚意で手に入って、大助かり。
 野菜に作りにとって敷き藁は、大雨で土が跳ね返って野菜の葉につき病虫害のもとになるのを防ぎ、スイカやカボチャの実が土で汚れるのを防ぐことが出来るうえ、雑草が育つのを防いだり真夏の乾燥防止に役立つなど野菜作りに大変役立つ優れもの。
 真夏の水遣りも大分省けそうだし、きっといい野菜が出来るのではないかと内心期待している。

 私のホームページ「家庭菜園」を、今に合わせて更新しました。合わせてご覧いただければ幸いです。
  http://mataka.my.coocan.jp/saien/index.html
= ======================================

[PR]
by matutaka31 | 2018-05-26 14:26 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)

空豆の黒い筋(お歯黒)

 福岡市天神のとある居酒屋でビールを飲みながら、今が旬の空豆について蘊蓄を傾けていたときの話。

まずはそら豆の旬の話題

 その空豆、私の菜園では昨年11月始めに植えてから収穫の5月まで、半年以上も長い期間がかかるのに、そのおいしい収穫期間は短く、「そら豆三日」という言葉があるように、収穫した瞬間から美味しさも栄養価も落ちるといわれる、 まさに”旬”の作物。

 北海道にいた頃聞いた話。「トウモロコシはお湯が煮立ってから畑に採りに行け」と。同じようなことで、そら豆の美味しさは鮮度が決め手、だということ。

b0008825_10564934.jpg
空豆の鮮度は、莢の膨らみと艶の良さで見当がつく

さて居酒屋での話の続き、・・・。

私:空豆の収穫適期は、莢が下向きになった頃。莢の中の空豆の縁に、黒い筋があるのは知っているよね。空豆のおいしさは、この筋の黒い色ががやや鮮明になった頃なんだ。
仲間:へ~知らなかった。
私:その黒い筋はなんと言ったけ? 袴じゃなくって・・・、袴は土筆だし・・・う…ん、思い出せない!
仲間:そんなのに名前があること知らなかった!

カウンター越しに店長に聞く。
  店長は実物のそら豆を取り出して、これですか?と。
  それそれ、その名前を教えて・・・
店長:知りません(^o^)と。料理人でないのだから知らなくても良いのだろう。

b0008825_10583757.jpg
この黒い筋は、未熟の時は色がないが実が熟するにつれ黒色が濃くなる

 私はいまだにガラケイ族(^o^)。スマホであればその場で検索できるのだが・・・。

 思い出せないまま家に帰って、パソコンでインターネット検索。

 結果、その名は「お歯黒」だった。 思い出すのが遅すぎる・・・あ~年は取りたくない…(^o^)

 そう言えば空豆のことを「おたふく豆」ともいうから、空豆のかたちはおたふくの面のようにふっくらしているので、何となくお歯黒のイメージが湧いてくる。

 だからお歯黒なのか、・・・と思いながらも、果たしてそうだろうかと、なお疑問が残る。
 そうだとしたら誰が何時頃から、そのように言い出したのだろうか、命名の由来が気になってきた。

色々調べてみたが結局、答えは見出せなかった。
その代わり、そら豆にこのような黒い筋がどうして出来たのか、についての昔話があることが分かっただけ。
http://nihon.syoukoukai.com/modules/stories/index.php?lid=212

 そこで昨日、太極拳教室に行くときの電車の中や教室で話題にしてみた。
 何方も知らない・・・、私の疑問に答えてくれる人には出会わなかった。
 何故空豆の黒い筋をお歯黒と言うのか?その命名の由来は? そんな馬鹿々々しいことを考える暇人が居るわけないよな~と、思いながらもなお知りたくなってくる。

 どなたか、空豆のお歯黒の由来を教えていただけないだろうか。

 ついでながら空豆を植える時、空豆のこのお歯黒を下にして土の中に埋めること。そして種の一部(お歯黒のある部分の反対側)が少し見える程度に埋めるのがコツ。

=====================================

[PR]
by matutaka31 | 2018-05-23 11:05 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)

グリーンカーテンで暑さを凌ごう

 このところの気象の変化の激しさから、今年の夏は異常な暑さになりそうな予感がする。

 二階の私の部屋は、西日がまともに当たりよしずで光を遮ったくらいでは効果が少ないので、少しでも涼しくしようと思い、グリーンカーテンを育てている。


 部屋の西側の窓全体を覆うように、プランターに宿根蔓性植物「サンシェードブルー」を4本植えた。
 昨年もこの蔓を植えたが、花は小さくて少ないが緑の期間が長い特徴があったので、今年も同じ品種を植えた。

b0008825_10205067.jpg
勢いよく伸び始めたサンシェードブルー

 昨年の株をプランターにそのまま保存していたものを4月に植え替え、一月あまり経った今、蔓が大分伸びてきたので梅雨明け以降は、その役割を果たしてくれるだろうと期待している。

 一階の居間の窓際には、野菜用に育てた「四角豆」の苗が余ったので、プランターに植えてグリーンカーテンに育てているが、果たして涼みと野菜豆の収穫両方が期待できるか楽しみ。

b0008825_10233755.jpg
植えたばかりの「四角豆」の苗


===========================


[PR]
by matutaka31 | 2018-05-19 10:25 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)

高齢者住宅での生活を見つめて

 87歳になる独り住まいの姉が病に倒れ、介護なしでは生活できない身になり(要介護3)、施設に移って1年経過した。

b0008825_22432152.jpg

 この間私は、老人ホームや介護施設には、運営主体、目的や入居条件などにによりさまざまな種類があることを改めて知ることとなった。

 高齢者施設は大きく分けると、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設(老健)、介護療養型医療施設等社会福祉法人や自治体が運営する公共型の施設や、介護付有料老人ホーム、 住宅型有料老人ホーム 、グループホームと呼ばれる民間事業者が運営している施設などがあり、更にその中で役割に応じて夫々細かく種類が分かれ、入居費用も大きく異なる。

 もう20年近くも前の話、亡き父が生前、老人ホームに入るのを嫌がって、入所を頑固に拒んだことを想い出すが、その時代と今では高齢者住宅の環境は 施設の種類も機能も大きく変化して、高齢者にとって老後の生活環境の選択範囲は大きく広がっている。
 しかしながら姉の介護を通じて施設の内情をみてきた私は、いずれ自分にも降りかかるこの介護問題と住居問題に、どれほどの知識と認識を持っているのだろうか、と言うより介護保険制度の適用を受けながらいかに自分の希望する生活パターンを選ぶかの難しさを思い知らされている。

 介護保険の適用範囲を超えたサービスを受けながら老人ホームで生活できる裕福な人は希で、多くの人は支出可能な経費の範囲内で、介護保険の適用を受けながら生活するパターを選ばざるを得ないので、自分の思いどおりにならないことが多い毎日になることがあり得る。
 いざその問題が我が身に降りかかった時、果たして自分の意志で施設を選ぶことが出来るだろうか、否、その前にどれほど施設の実態を知る努力をしているだろうか、また施設の運営方針と入居者の心情・希望の間に横たわる思いのずれを克服する方策を見出すことが出来るだろうか、・・・どうやらその答えは今のところ私にはNOと言わざるを得ない。

 でもケアーマネージャー任せでは解決しないこともあることを思い知らされた。入居者本人の本当の希望をくみ取り、家族共々知恵と工夫で、問題を解決する手段を見出せることもあり得ることを学んだ。

 不慮の災難や思いもよらぬ病によって、介護保険制度の適用を受ける時がいつ来るか分からない年齢になった今、我が身や家族に降りかかってくるであろうこの種の問題のむずかしさを色々考えさせられてきた1年であり、人生最大かつ最終の宿題を抱えているこに気付かされている。

===========================


[PR]
by matutaka31 | 2018-05-16 21:32 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)