<   2018年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

12回目の「ひょうたん池まつり

 12回目を迎えたわが町の「ひょうたん池まつり」は4月28日(土)、風薫る青空の下、大勢の町内はじめ近隣の人達で賑わった。

 この「ひょうたん池まつり」は、地域住民の憩いの場「ひょうたん池」で楽しいふれあいのひと時を過ごしてもらおうと、町内でボランティア活動をしている「ひょうたん池花クラブ」と「ベスタ」が共同して主催し、町内会はじめボランティア活動に関係がある諸団体の後援の下で行う、ボランティアクラブが自発的に行う手作りのまつり。

b0008825_21005177.jpg
まつり会場入り口の様子

 昨秋から月1回クラブ会員が集まり、地域の皆さんに「笑顔あふれる楽しい触れ合いの一時を過ごしてもらう」を目標に、これまでの経験や反省をもとに、更に日ごろボランティアでいろんなイベントに参加して得た知識も持ち込むなど、みんなで創意工夫をしながら5回の準備会で入念に計画を練り上げてきた。
 野外イベントだから天候が一番気になっていたが、予報通り朝から綺麗に晴れ上がった絶好のコンディションの下、日ごろ手入れしている花壇の花やつつじ・ナンジャモンジャ(ヒトツバタゴ)などが咲きそろうひょうたん池で、予定通り10時30分にまつりを開始することが出来、3時間にわたる大勢の老若男女の笑顔があふれる賑わいの後、無事終了することが出来た。

 

 まつりの主な内容は、バザー、花卉苗展示販売、ワークショップ、子供たちのお遊びコーナー、茶屋、お祭りステージ、夫々のコーナー毎に創意工夫を凝らした楽しいイベントになったと思っている。

b0008825_10064101.jpg
バザーコーナの一賑わい
出品されたのは、地域の皆さんから提供していただいた。

b0008825_21210001.jpg
花苗販売コーナー
 花や野菜の苗は、会員が自ら育てたものが大半


 当日は町内会の役員の方々が、夫々のコーナーでお手伝いに駆けつけてくださったので大助かり。また福岡市西部3Rステーションやエフコープの方々も好意的に支援してくださり、農事組合のご協力でジャブジャブ池の放水もでき、更に近くのボランティアグループも応援参加してくださるなど、年々支援の輪も広がり、お陰様で、地域の皆さんに喜んでもらえるまつりになったのは、この上ない喜びであり遣り甲斐を実感するひと時であった。

b0008825_10193345.jpg
青空茶屋の賑わい
緑したたる若葉の下、飲食コーナーでは、飲み物の外焼き鳥・綿菓子などを美味しそうに・・・。


 ワークショップコーナーでは、押し花、フラワーアレンジメント、整理箱、サイエンス、多肉植物寄せ植え、クラフトアクセサリーと盛沢山で、短い時間ながら心行くまで楽しんでいただけたと思っている。

b0008825_10300996.jpg
フラワーアレンジメント、どの花を組み合わせよかな~

 お祭り広場では、恒例になったキッズダンス・手話ダンス・健康体操も好評で、今年初めての試みとして地元中学生による吹奏楽の演奏も加わり、来場者の足を釘付けにしていた。

b0008825_10321768.jpg
キッズダンス かわいいね・・・

b0008825_10325723.jpg
なじみの音楽に合わせて優雅に、手話ダンス

b0008825_10333999.jpg
体操のお兄さんと一緒に、キッズダンスの子供たちも「ひょっこりひょうたん島」を踊る
b0008825_13504583.jpg
地元中学校吹奏楽部の皆さんが応援に駆け付け、得意の演奏で花を添えてくれた

b0008825_10341466.jpg
じゃぶじゃぶ池で、ずぶぬれになって水遊びに夢中の子供を母親が心配そうに見守る
 昨年まで魚を泳がせたが、今年は魚に代わり笹舟を作って遊んでもらった。

 出演していただいたグループの方々は、ボランティア精神で快く参加してくださり、まつりを盛上げていただくので、本当にありがたい。感謝! 感謝!

 また池の近くにお住まいの方が、出演者のために家の部屋を開放して頂く外、駐車場を提供して頂くなど、まつりを陰で支えていただくので本当にありがたいことである。

 ボランティア団体による手作りのまつりを成功させるには、まず、会員全員がその目的を共有し、創意工夫を重ねながら全員で協力し合うことが前提となる。そのうえで地元の皆さんの協力と支援そして関係する諸団体のご支援があればこそであり、12回と回を重ねた経験と積み重ねたノウハウが活かされた結果、地元の方々に喜んでもらえるまつりに成長してきたのだろうと思っている。
   
 前日の準備から当日の後片付けまで息をつく間もないほどの忙しさで、正直疲れたが、無事終えることが出来て ホッとする気持と来場された皆さんの笑顔に接することが出来た喜びで、私は心地よい疲れに変わり、来年もまた、楽しいまつりを続けるにはどんな工夫が必要か・・・と、もうそんな思いを馳せている。
 まつりを支えてくれた会員の皆さんもきっと同じ心境ではなかろうか、と勝手に想像している。
 

=======================



[PR]
by matutaka31 | 2018-04-29 21:29 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)

須恵町立皿山公園のつつじを満喫

 今まさにどこへ行っても、戸建ての庭や公園ではつつじの花が満開。例年より10日以上も早い開花とか。我家でも数本のつつじが満開。

 日頃見るとはなしに目に入るつつじの花ではなく、新緑に包まれた全山燃えるようなつつじを観たいと思って、インターネットで県内のつつじの名所を検索したところ、なんと近くの須恵町に3万本のつつじが咲きみだれる県内有数の皿山公園つつじ園があることが分かった。 「灯台下暗し」の一言に尽きる。早速仲間を誘って出かけた。 

b0008825_06355148.jpg
皿山公園入口にある町立歴史民俗資料館

 須恵町は、福岡市の東約10kmに位置し、北は篠栗町、東は飯塚市、南は宇美町、西は志免町および粕屋町に接している人口約28千人余の閑静な町で、JR博多駅からから30分足らずで行ける至近距離のところで、街並みも閑静な住宅地の印象の街。

 須恵中央駅から公園までは徒歩40分程度の距離であったが、ウォーキングはつつじ園の中ですることにして、公園までは車を利用することにした。
 町営コミュニティーバスが運行されているが、運行回数が少なく時間が合わなかったので、行はタクシーを利用し、帰りはコミュニティーバスを利用した。
 コミュニティーバスの運賃は100円(65歳以上の介護保険被保険者証保持者は無料)で、町の福祉対策の充実ぶりを垣間見るようだった。

 皿山公園に着いて一歩公園内に足を入れると、山の斜面一面は鮮やかな新緑に包まれていて、その緑と調和するように色とりどりのつつじの花が咲きみだれる光景が展開する。
 当日は曇りのち晴れの天気予報だったが、山沿いの気象変動のためか、時折小雨が降るあいにくの天候で、すっきりした写真を撮ることが出来なかったが、その素晴らしい雰囲気を味わっていただければ幸い。

b0008825_06384015.jpg

 つつじは所によっては満開を過ぎたものもあったが、概ね満開で、新緑のもみじの葉とつつじのコントラストが織りなす素晴らしい眺めを楽しませてくれる。

b0008825_06395395.jpg

 辺り一面燃えるようなつつじの花に覆われた斜面に設えられた細い遊歩道を、つつじの木の間を縫うように、時にはつつじのトンネルをくぐるように歩くと、突然視界が広がり、周り一面つつじの絶景が広がる。広い大通りを歩いただけでは見ることが出来ない絶景が待っていた。

b0008825_06403894.jpg

 天気が良ければ眼下には、福岡市街、博多湾を望む一大パノラマが広がる眺望が期待されたが、生憎の霧雨で、残念ながらこの日は眺望がきかなかった。

b0008825_06412702.jpg

 でも森林浴をしながらおよそ3時間ほどつつじに包まれた散策を楽しむことが出来、心が洗われるような最高の気分に浸ることが出来た。

b0008825_06421723.jpg

 目と鼻の先に、こんな素晴らしいつつじの名所がある、須恵町という環境に恵まれた町があることを改めて認識させられた日でもあった。

=======================


[PR]
by matutaka31 | 2018-04-27 06:42 | 思いのまま | Trackback | Comments(9)

せんだんふれあい会

 「せんだん ふれあい会」は、私たちひょうたん池花クラブが町内の民生委員の協力を得ながら、町内の一人住まいの高齢者をひょうたん池広場にお誘いして、ひょうたん池のせんだんの木の下で、お茶を飲みながら、和気藹々と楽しいひと時を過してもらう目的で、月一度行う例会。


 ひょうたん池では今、藤、つつじ、ナンジャモンジャの花など、この時期ならではの花が満開、そして花壇では色とりどりの花が咲き乱れ、まさに百花繚乱。

b0008825_21265999.jpg
花壇の花

b0008825_21282450.jpg
池の畔に咲くつつじ

 今日の参加者は、独り住まいの高齢者10人、全面的に協力していただく民生委員2人、私たち「ひょうたん池花クラブ」のメンバー、合わせて約18人。  
 若葉が伸び始めた栴檀の木の下で、青空の下、木漏れ日を浴びながら、笑い声が絶えないピクニック気分で楽しい一時を過すことが出来た!

 みんなで話を盛り上げる今日の話題は、当時東京市からワシントンに贈られたソメイヨシノとそのお礼にアメリカから贈られたハナミズキの話、そして山藤と野田藤の蔓の巻き方による見分け方法など季節にちなんだ話題に始まり、一転して、もし花に心があったら、自分の呼び名を聞いたらさぞ嘆くだろうな~と思われる花の名前を話題にした。

b0008825_21274864.jpg
ひょうたん池に咲く、なんじゃもんじゃの花

 なんでこんな名前を付けたんだ・・・と名付け親を恨みたくなるだろう・・・その名とは、オオイヌノフグリ、ママコのしりぬぐい、ハキダメギク、ヘクソカズラ、ションベンの木、そしてナンジャモンジャ
 特にオオイヌノフグリは、その名前の由来を聞いてみんなびっくり!別名「星の瞳」のイメージとの落差の大きさにみんな爆笑。

b0008825_21290513.jpg
ふれあい会の一コマ 座ったままできる体操

 定番になった「座ったままできる太極拳」やテニスボールを使った脳トレで、無理のないように体を動かして気分もスッキリ。その後、これも定番の紙芝居2話で皆さん心が和むよう。

 最後はみんなで懐かしの歌を5曲歌った。歌った曲は、青い山脈、リンゴの唄、赤とんぼ、長崎の鐘、鐘の鳴る丘。 この懐かしの歌を歌うときは、皆さん童心に返ったように明るい表情になる。

 今月も参加者の皆さんで盛り上げていただき、楽しいふれあい会になって良かったと思う。これからも楽しんで元気を出してもらえるよう、工夫をしながら、このふれあい会を続けたいものだ。

=======================


[PR]
by matutaka31 | 2018-04-20 21:24 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)

町内会活動に思う

 昨日、私が住む町の町内会総会に出席した。
b0008825_14553159.jpg

 私が住む町内会は、所帯数5百余戸、私が移り住んだ20年前は周りに田んぼがあちこち見られる新興住宅地であったが、最近、近くに大学が進出したこともあり急速に宅地化が進んでいる。

 人口の構成は、福岡市全体に比べると若年層が比較的多い一方、宅地化が始まって30年以上になり高齢者の割合も高く、いわゆる釣鐘型ピラミッドに近い人口の構成の町と言えよう。
 公表されている資料によると、15歳未満の占める割合は福岡市全体で13.3%に対し当地では20%、65歳以上の占める割合は福岡市全体で20.7%に対し当地では21.4%となっている。

 ご多分に漏れず当地でもいわゆる核家族化が進み3世代家族は少なく、共働き世帯が増える環境の中で、近隣所帯同士が触れ合う機会が少なくなり、新旧住民の交流の図りにくさもあってか隣近所にどういう方が住んでいるのかさえ分からないという声も聞かれるなど、住民間のつながりが希薄になってきている。
 このような住環境の変化により、高齢者対策、町全体の融和と相互扶助対策等の問題が解決されないばかりか、ひいては役員の担い手不足という深刻な問題へと繋がり、このまま手をこまねていると、住民相互の連絡・防災・防犯・環境美化・地元に根付く行事等大切な自治会活動は停滞してしまいそうな予感さえしてくる。

 総会ではこうした町内の状況を正面から捉え、これまでに町内会が取り組んできたことや今年度以降取り組む具体策が提案されたが、なんとかして現状を改善しようとする新たな試みが注目され、役員さんたちの熱い思いが伝わると同時に、真剣に取り組む姿勢に心強さを感じた。
 いろんな意見も出された。文章だけでは分かりにくい点も、役員の具体的な提案理由を聞くうち、文章には現れていない真意を聞くことが出来たので、総会に出席してよかったと思っている。
b0008825_14585421.gif


 新たな試みには抵抗がつきものだ。批判するのは簡単。
 でも今回の提案された視点は正しいと思うし、やらなくてはならない課題だと思うので、抵抗を予測しながらも避けて通れない課題に立ち向かう役員さんたちの姿勢に敬意を表したい。
 いろんな意見を聞きながら、着実に一歩一歩実現に努力してほしいものと願う次第である。
 かと言って役員任せだけでもいけない。 住民一人一人がもっと協力しなくていけないと思いながら、私にできることは何だろうかと考えている。

b0008825_15024882.gif


 まず心掛けなければならないことは、健康な生活を続ける努力をすること。つまり健康年齢を延ばす努力をすることが本人や家族にとって最も幸せなことであり、ひいては若い人たちに迷惑をかけないことにつながるのだ。


 そのうえで若い人たちが取り組む町内の活性化活動に、出来るだけ参加して協力すること。間違っても足を引っ張るような言動はしてはいけない。
 そしてその活動が上手くいくように、これまでの経験を活かしたアドバイスをしてあげること。

 私にできることはこれくらいだろうか。
 このブログを読んでくださる皆様の町内の事情は、如何でしょうか。

=============================



[PR]
by matutaka31 | 2018-04-16 14:48 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)

花を愛でるには

 今朝、のんびり庭で四角豆(しかく豆)やスイートコーンの種をポットに播く傍ら、久しぶりにのんびり庭の花を眺めて、花の美しさを改めて感じさせられた。

 今になって花の美しさを感じるなんてなんのこと?と思われそうだが、何時も自分の庭でありながら、身近過ぎて庭に咲いている花の美しさに気がつかず、何気なく見過ごしてしまっている自分に気がついたというわけ。

 身近なものにはその良さが分からないことがよくあることだが、花も同じようにその良さに気がつかないことがあるように思う。また、気持にゆとりがある時は花の美しさを実感出来るが、そうでないときはどんなに綺麗な花であってもその美しさを心から美しいと感じることはないのではなかろうか。

 どんな小さな花であっても、例え雑草の花であっても、心の持ちようでは美しく見えるが、逆に心にゆとりがない時は、どんなに豪華な花であっても、何も感じないのかもし知れない。

 
 しみじみと花の美しさを感じながら身近に見る花が美しいと感じるような、もっと心にゆとりのある生活をしたいものだ。そんな思いを巡らしながら、庭に咲く花のいくつかを写真にしてみた。

b0008825_21244964.jpg
セッコク

b0008825_21195548.jpg
イベリス

b0008825_21220343.jpg
石楠花

b0008825_21223724.jpg
つつじ

b0008825_21453733.jpg
コデマリ

b0008825_21240037.jpg
フリージア

b0008825_21204743.jpg
リナリア(ヒメキンギョソウ)


=================================

[PR]
by matutaka31 | 2018-04-11 21:30 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)

庭の果物に心が和む

 猫の額ほどの庭だけど、四季を通じて緑と花が絶えない自然の趣が、私の心を和ませてくれる。
 これと言った庭作りを意識しているわけでもないが、自然の有難さを肌で感じ取れる暮らしをしたいという家族の願望がそうさせているのだろう。
 緑を保つ生垣は何時しか花の咲く椿やオガタマやモクレンに代わり、今ではミカン5本にサクランボ、梅、そしてグミまで実の生る果物が所狭しと元気に育っている。その合間を縫うように四季の花が咲き乱れる。

b0008825_11025293.jpg
モクレンの花


b0008825_11320676.jpg
 身近なところに果物が生るのは、四季の移り変わりを日毎に感じることができるだけでなく、自然の恵みを旬のまま味わえる楽しみがある。
 花が咲き、小さな実が日に日に大きくなるのを見るだけで楽しくなるが、日を追って実の色が緑から赤や黄色に変わり、今か今かと待ちわびる食べ頃を迎えるのが、言いようもない満足感と充たされたような気分に浸ることができる。

 自分が思うように好きな方法で育てた果物だから、誰はばかることなく、食べたいと思うとき食べたいだけ食べられる、自分の意のままに旬の味覚を味わえるこの上ない贅沢とでも言おうか。

 西洋実ザクラの花が終わったのはつい先月のこと、今では小さなサクランボが鈴なりに生っている。
このところ豊作続きだが今年も、小鳥の被害がなければ、きっと豊作になるだろう。
 本場のサクランボには及ばないが、もうすぐ甘酸っぱいサクランボの味が楽しめる。

b0008825_11054478.jpg
西洋実ザクラのサクランボ

 枝垂れ梅の花も沢山の花が咲き十分楽しませてくれたが、今では、沢山の小梅が生っている。
枝の剪定で多くの梅も切り落とされたが、まだ多くの梅が残り、想像以上に梅がたくさん収穫出来そう。
植えてから20年近くなるこの枝垂れ梅、年々実がつく数が増えてきた。一石二鳥101.png

b0008825_11060963.jpg
枝垂れ梅に生った梅の実

 そして新顔のグミの花が今、満開。
 グミにはグミ科グミ属でちゃんとした和名(茱萸、胡頽子)の果物である。グミの実は食用になるのを私たちの世代はみんな知っているが、外の果物に比べてそれほど美味しい果物ではないので商品化のために栽培する人はいないのか店頭で見かけることはない果物だからか、今の子供たちは知らない人が多いのではなかろうか。

b0008825_11070243.jpg
グミの花がいっぱい咲いたが、どれだけ実が生るか楽しみ

ミカンの枝にはもう、小さな花芽が膨らみ始めた



===========================


[PR]
by matutaka31 | 2018-04-07 10:47 | 思いのまま | Trackback | Comments(7)

ただ今埼玉県

 インターネットバーチャル「日本一周歩こうかい」、地図上ではただ今、埼玉県熊谷市から「さいたま市」に向かって歩いている。 日本一周2周目のスタートからの距離は3,662kmで、全長8,955㎞の41%に相当。

 3月は寒暖の変化が激しい時期だったが、この1ヵ月に歩いた距離は131kmで、目標の4㎞/日をわずかに上回る4.2㎞とまずまずの成果だと自己満足。

b0008825_13271155.jpg

 埼玉県と言えば、東京都に隣接しているせいか、意外と知られていないことが多い県でもある。ちなみに埼玉県の人口は730万人で、都道府県別の人口では東京、神奈川、大阪、愛知に次ぐ全国第5位。
県庁所在地は「さいたま市」で、約129万人の人口を有する政令指定都市の一つ。


 私たち昭和生まれの世代では浦和市と大宮市が馴染み深く、私が高校生だった頃入試問題に「埼玉県庁所在地はどこ?」があったのを思い出す。正解は浦和市だったが、大宮市と間違える人が多かったからだろう。
 そんな話題が残る現在の県庁所在地は、平成13年、浦和市、大宮市、与野市が合併して「さいたま市」となった。
 また当時、今は死語になっていると思われる、流行語「ダサい」の語源だとも言われた時期があったのを記憶している。

 
 私にとって埼玉県は、東京と隣り合わせのせいか、仕事上の印象よりプライベートな印象が強い県である。埼玉はゴルフ場も多く、とりわけ某河川敷ゴルフ場の会員でもあったことから、そのプレー回数が多かったのも事実。

 ゴルフブームの頃は、予約を取るのも大変で、予約受付開始日は電話もあまり通じないほどの殺到ぶりだった。とりわけ土・日のプレー予約は至難のことで、こっそり仕事の合間に予約の電話をした記憶がある。

b0008825_13375709.jpg
幾度となくプレーした埼玉県下の某ゴルフ場(写真はインターネットから借用)

 私が河川敷ゴルフ場の会員権を取得したのもこの頃で、当時の会員権相場は百万円だったが、その後その相場はバブルの勢いに乗り、一時は900万円台にうなぎ登りしたことを覚えている。

 その頃売り払っていれば大分儲かったのに、欲の皮が突っ張り、成り行きを見ている間に、あれよあれよと言う間に下落し、気がついたときには紙切れ同然になった苦い経験をした。

 でも、当時プレイ代はメンバーとビジターとの差が大きかったので、格安料金でプレーできたことや車で1時間以内で行けるなど恵まれた条件が揃っていた外、多くの方々との出会いで楽しい思い出がたくさん残ったことは、会員権相場の下落による損失には代えがたいものだったと思っている。

 来月は千葉県を経由して、いよいよ住みなれた東京に入る。

===========================


[PR]
by matutaka31 | 2018-04-04 13:52 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)

花見あれこれ

 今年は珍しく好天に恵まれ、ただ今絶好の花見シーズン真っ最中。

 ここ数年間の花見を思い出しても、こんな恵まれた年はなかったように思う。思いだすだけでも、期待した花はまだちらほらだった年、寒くて花見気分になれなかった年、また雨の中傘をさしながらの花見・・・と、年ごとに変化の多い花見だったように思う。

 でも今年は、雨もなく、寒くもなくおまけに風もない穏やかな日が続いて、申し分のない条件に恵まれた花見を楽しんでいる。

 今年の花見(今その最中だけど)で、私の印象に残っている光景をいくつか、下手な写真でご紹介してみよう。

博多駅から新幹線に乗って花見に・・・
b0008825_11324690.jpg


 博多駅発、博多南駅行き新幹線に乗車
 乗車時間8分で博多南駅到着
 料金300円(乗車賃200円。特定特急券100円)
 80余年間で初めての経験101.png

 この路線(博多南線)は、博多駅から南に9.2kmの所にある車両基地までの回送線を、地元住民の要望に沿って旅客線化した路線。

 博多南駅から徒歩約20分で、目当ての春日市「白水池公園」に到着

   


池の水面と緑に映える桜  
b0008825_11353117.jpg
春日市 白水池公園の桜
 

東屋のある光景 

b0008825_11522035.jpg
久留米市 発心公園の桜

里を見下ろせる丘に 

b0008825_11532546.jpg
久留米市 発心公園の桜


川を覆うように・・・
  

b0008825_11502578.jpg
福岡市中央区の天神中央公園 那珂川の支流薬院新川の桜
 
  
b0008825_11411350.jpg
糸島市瑞梅寺川の桜

 
=====================================



[PR]
by matutaka31 | 2018-04-01 12:02 | 思いのまま | Trackback | Comments(4)